前を向いてゆっくりと

佐藤みゆきblog ~ピアノ弾き 日々のあれこれ~

「骨」展

2009年07月08日 | 紹介
昨日はお友達のデザインプロジェクトチーム「参」の下山氏に頼まれて、
作品の撮影の為に東京ミッドタウンまで行って来ました。

というのも「参」の出展作品が‘ピアノ’の骨組みを使った物だからなのです。


あるのは鉄の足台に乗せられた鍵盤とハンマーだけ。

本来はフエルトで包まれたハンマーが弦を叩いてピアノは音が出ますが、
このピアノのハンマーの先はクリスタルみたいな七色の光を放つガラスで出来ていて、
鍵盤を弾くと音と共に光が壁から天井へと跳ねて行くのです。

弦は見当たらないかわりに、
音はハンマーの動きをセンサーでひろってオルゴールのような音源を出しています。


なんでも、
(未来の人が、地中から‘発掘’した‘ピアノ’というものを復元している)というようなコンセプトらしいです。

まだ ‘弦’や‘ペダル’は『発掘』されてないんだそうです(笑)


一般のお客さんも触って遊んでも良い作品だそうなので、
機会があったらぜひ展覧会へ足をお運び下さい♪


他には、
山中俊治さんの頭蓋骨のコピーが入口でお出迎えしてくれたり、
現在もご健在の‘からくり人形’作家の方の作品など、
動く作品も沢山あって面白そうです。

昨日は休館日だったから動いていなかったので、
期間中に見に行こうと思います。


数年ぶりにお会いしたカメラマンの太田氏は、
自信に漲っていて怖い位に貫禄たっぷりで、
めちゃめちゃカッコ良くなられてました♪

■「骨」展

東京ミッドタウンガーデン内
21_21 design sight

8月30日まで
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | モロッコに行って来ます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。