miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海の底/有川浩 [Book]

2007-04-01 | (review:all)
 有川 浩:著 『海の底
 
海の底

メディアワークス

このアイテムの詳細を見る


 初めて読む有川さん。
 まったく予備知識なしに読み始めたら、
 予想もしていなかった“あり得ない”展開で、
 なんだか冒険小説風。
 このところ疲れていて、
 本を読んでもなかなか進まなかった私なのに、
 ぐいぐいひきつけられて、夢中で読んじゃいました。
 この感じ、なんかひさしぶり。

 横須賀に巨大甲殻類「レガリス」が来襲。
 潜水艦に逃げ込み、立てこもる羽目になる、
 少年少女たちと自衛官の6日間。
 少年らの間の確執やそれぞれの葛藤なんかが、
 閉ざされた空間ゆえに、目をそらすことなく
 見つめられ、語られる。
 たった6日間の、子どもたちの成長ぶりがすごい。
 その間も、外からの救出活動は続き、
 緊迫感も終始漂っていて。
 最後まで飽きることがなかったです。

 ラストの甘いシーンも、“つけ足し”な感がなくもないですが、
 ほのぼのとさせてくれて、悪くなかったです。
 うん、すごくほほえましかったですよ。
 ていうか、ちょっとウルッとなって泣いちゃったんですけどね。

 またまた要チェックな作家さんが増えちゃいました。
 うれしい悲鳴ー!(笑)


 TOP PAGE  ブログ検索☆BITZ
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男子のための人生のルール/... | トップ | シュガー&スパイス 風味絶佳... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (chiekoa)
2007-04-02 13:06:49
最近どっぷり有川さんにはまっているわたしです♪もう大好き大好き大好き!です!いっしょに追いかけましょう(笑)。
Unknown (藍色)
2007-04-03 01:12:01
こんばんは。
私も有川さんの初読みはこの本でした。
ひきつけられて、しっかり読めました。
miyukichiさん、有川さんに、はまりましたね。
これから読まれるとしたら…
「空の中」→「クジラの彼」
あるいは
「図書館戦争」(続巻あり)→「レインツリーの国」
という2つのコースがあります。
私は「レインツリーの国」→「クジラの彼」という
変なコースになっちゃいました(笑)。
トラバさせていただきました。
Unknown (水無月・R)
2007-04-03 21:40:40
みゆきちさん、こんにちは。
TBさせていただきました。

有川浩作品、いいですよ~~。
水無月・R、「有川浩ムーヴメント」を求めて、地味に活動中です。

登場人物たちの「じれったい愛」がいいですねぇ。それとライトノベル系ででスピード感のあるなのに、中身がシッカリしてること。やや「ベタ」な部分もありますが、それもまたよし、って感じで。

是非、「図書館シリーズ」も読んでみてくださいね!
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-04-03 22:55:18
>chiekoaさん

 どっぷりなんですねー。
 うん、でもなんかわかります。
 私も浸かっていて心地よかったですもん。

 よし! 追いかけましょうとも!
 ぜひご一緒しましょう!(笑)
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-04-03 23:00:27
>藍色さん

 藍色さんも、これが有川さんデビューだったんですねー。
 ええ、私もしっかりハマリましたよ♪

 2つのコースですね、なるほど。
 私の場合も、図書館で借りて読んでるもので、
 もっと変なコースになっちゃうかもしれません(笑)
 それでもなんでも、楽しみですよ、すごく。

 TBありがとうございます。
 こちらからもTBさせていただきますね。
 
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-04-03 23:12:17
>水無月・Rさん

 あれれ?
 TBが反映されてないみたいです。
 お手数でなければ、再度お願いできますでしょうか?
 こちらからTBさせていただこうとしたのですが、
 「海の底」が見当たらなかったもので・・・。
 すみません。

 有川さん、よかったですー。
 水無月・Rさんは、同盟にも入っておられるんですね!
 私ももう何作か読んだら、入れていただこうかな^^

 そうそう、スピード感と中身のしっかりしたところが
 両立してるのがいいですね。
 あと、じれったさも?(笑)

 「図書館シリーズ」も、読んでみようと思います。
 図書館で予約なので、いつになるやら、ですが^^;;
すみません!! (水無月・R)
2007-04-04 22:54:55
みゆきちさん、こんにちは。
すみません~~!!TB失敗してたみたいです・・・。
ブログ初心者なものですから、こういう失敗が多々あり、あちこちで失礼なことになってるカモ、と言う水無月・Rです・・・。
今度はちゃんと、反映されてること確認いたしました・・・。

よろしくお願いします。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-04-05 01:54:45
>水無月・Rさん

 いえいえ、すみませんなんてとんでもない。
 再度TBしてくださって、
 どうもありがとうございます◎
 こちらからもTBさせていただきますね。

 水無月・Rさんのせいというよりか、
 プロバイダーとかサーバーとかの問題かも?
 反映しないこと、たまにありますよね。
 お手数おかけしました。

 こちらこそよろしくお願いします^^
Unknown (すずな)
2007-08-03 16:55:15
こんにちは。
巨大ザリガニに襲われるなんてスゴイ設定ですが、あまり違和感を感じること無く、最初から最後までぐいぐいと引き込まれて読めましたね~。
実は有川作品で一番好きなお話なのです!
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-03 22:15:10
>すずなさん

 巨大ザリガニって時点で「うわ、SFか・・・」
 って実は若干引き気味だったんですが^^;;、
 読んでいくうちにどんどん引きこまれていきました^^

 これが一番お好きなんですねー。
 私もこれが初有川さんだったので、
 思い入れはやっぱりあるかも^^
 一番好きなのは「レインツリーの国」かなぁー。
Unknown (アメコ)
2007-10-02 22:34:15
予備知識なしに読んだら最初はびっくりしそうですね(笑)。
でも、本当におもしろいですよね。私も夢中で読みましたよ。最後のシーンも素敵だったし!

次も自衛隊シリーズを読もうか図書館戦争に行こうか今からものすごい迷ってます。読むのが楽しみです!
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-04 20:33:36
>アメコさん

 設定が、やっぱりちょっと突飛ですよね(笑)
 でも、SFが苦手な人(私もどちらかといえばそうかも)でも、
 アレルギーを感じることなく楽しめますよね。
 アメコさんも夢中で読まれたんですね!^^

 自衛隊シリーズか図書館シリーズか。
 うーん、悩ましい!(笑)
 オススメ順序は迷って決められませんが、
 でも、どちらもオススメなことはまちがいないです!^^
Unknown (じゃじゃまま)
2008-01-06 16:32:22
面白かったですね~。
何度圭介を心の中でザリガニの餌食にしたことでしょう。
図書館シリーズはまだまだ人気でなかなか回ってきそうにないので後回しになってます。
早く読みたいです。クジラの彼も非常に待ち遠しいです。
こんばんは♪ (miyukichi)
2008-01-06 23:47:10
>じゃじゃままさん

 おもしろかったですよね。

>何度圭介を心の中でザリガニの餌食に
 したことでしょう。

 ↑これには笑ってしまいました。
 ほんと、かなりむかつきましたね(笑)

 図書館シリーズ、巻を追うごとに
 どんどんおもしろくなっていきますよ。
 早く回ってくるといいですねー。
 「クジラの彼」も、早く回ってくるといいですね♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
海の底 [有川浩] (+ ChiekoaLibrary +)
海の底有川 浩 メディアワークス 2005-06 先日の『空の中』に引き続き、『クジラの彼』を先に読んでしまった私がいまさら読んでいる本家本元シリーズ、『海の底』です。 …もう、読みながら途中で何度泣いたか、数知れません。最後に泣くとか、そういうのはたくさん...
海の底 有川浩(ひろ) (粋な提案)
装丁・デザインは鎌部善彦。第10回電撃ゲーム小説大賞の大賞を「塩の街」で受賞デビュー。続いていきなりハードカバー単行本第一作として出た「空の中」に次ぐ、ハードカバー単行本第二作目(その後の「図書館戦争」もハードカバー
『海の底』/有川浩 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
横須賀基地祭にわく、春もうららな休日。突然、『海の底』から巨大エビ(レガリス)が来襲!人を襲い、捕食を始める。 避難からはぐれて、自衛隊潜水艦に逃げ込んでしまった子供たちと、子供たちを救うためにレガリスに襲われ殉職した艦長、艦内でたった2人の大人になっ...
海の底 (本を読もう)
物語の舞台となるのは、横須賀、海自の潜水艦内である。 だが、敵との戦闘を強いられるのは、自衛隊ではない。機動隊である。 実際的な戦闘からは切り離された潜水艦の内側では、そこに避難した自衛官二人と子ども達の物語がある。女性ならではの視線で描かれる課題や...
海の底(有川浩) (Bookworm)
面白かった! 図書館シリーズとは違った面白さだった。 爆笑することはなかったけど、かわりに号泣;;; もうねー! 「あんた、あたしのツボ押しまくりっ!!」>著者様
「海の底」有川浩 (scribble)
海の底 有川 浩 横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!?海の底から来た『奴ら』から、横須賀を守れるか―。初の有川作品です。有川さんの本はブック・オフで塩の街...
海の底 有川浩著。 (じゃじゃままブックレビュー)
私はこういうの大好き、だと思ってたんですよね~。いや、好きですよ、【アナコンダ】とか【グエムル】とかゾンビに追いかけられたり・・・そういう話大好きなので、ものすご~~~~く楽しみにしてました!。。。でも読んでて分かったのは、私が好きなのは映像で見るのが好き...
『海の底』 有川浩 (【徒然なるままに・・・】)
『塩の街』、『空の中』と共に<自衛隊三部作>と呼ばれているらしい最終作。 といってもお話は繋がってないし、世界観も別物。 今のところ『空の中』しか読んでないけれど、これがジュブナイルSF、ファースト・コンタクト物、それにラブ・コメディ(?)としてかなり...
本 「海の底」 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さんの作品で通称「自衛隊三部作」と呼ばれている作品の一つです。 「塩の街」
有川浩 「海の底」 (ゼロから)
「空の中」は、あまり面白くなかったですが「海の底」は巨大化した海老が暴\れまわり機動隊と衝突するのは、迫力がありました。