miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

図書館戦争/有川 浩 [Book]

2007-04-08 | (review:all)
 有川 浩:著 『図書館戦争
 
図書館戦争

メディアワークス

このアイテムの詳細を見る


 先日読んだ 『海の底』 がなかなかにおもしろかった
 有川さんの、2冊目の読書です。

 極端な公序良俗擁護の『メディア良化法』による検閲で、
 読みたい本がどんどん“狩られて”いく。
 それに立ち向かい、図書館の本を守るのが「図書隊」。
 本をめぐって、文字どおり「戦闘」が繰り広げられます。

 有川さんはあとがきで「初めての普通の話」なんて
 書いておられるけど、いやいや、けっこう突飛な設定です。
 そりゃ、人を喰うザリガニとかは出てこないけど(笑)
 で、その突飛な設定に、物語が負けてない。
 その世界に入り込んで、楽しく読めてしまうんですよね。
 
 これまたあとがきによると、今回のコンセプトは
 「月9連ドラ風で一発GO!」
 だったそうです(笑)
 うん、なるほどなるほど。
 私は読んでいて、「なんか少女マンガみたいだなぁ」
 なんて感じていたんですが、
 (↑これ、いい意味で言ってます)
 アツイ主人公、クールだけど頼りになる友人、
 そしてけっしてドロドロしない“色恋”の予感、などなど、
 読んでて心地よいというか、懐かしい感じというか。

 純文学系の作品とはまったく違うけど、
 エンターテイメントに徹したこんな作品も、
 なかなかよいもんですよね。

 とりあえず、“本好き”“図書館好き”の人には
 読んでもらいたいなー、って思いますよ。


 TOP PAGE  ブログ検索☆BITZ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七子と七生 ~姉と弟になれる... | トップ | g@me [Movie] »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB&コメントありがとうございます!! (水無月・R)
2007-04-09 00:37:41
みゆきちさん、こんにちは!
TBとコメント、ありがとうございます。

「図書館シリーズ」突入ですね?
もう、すごいですよ、このシリーズ。水無月・R、子供達に気味悪がられながらも、キャーキャー言いながら読んでました。あちこちのブロガーさんからも大絶賛な作品ですから。

かる~く読めて、なのに扱ってる問題は深く考えさせられます。素晴らしいですね、有川浩作品!!

『空の中』のほうも、是非ヨロシク・・・ッて、私は関係者か?!いや、違いますが、有川さんのルーツである「高知県」のお話で、出てくる女の子が非常に「はちきん」なのです。いいですよ~♪
Unknown (chiekoa)
2007-04-09 11:41:17
本屋大賞とってほんとにそのまま月9になったりしないかなぁ(見るかどうかはおいといて)とか思ってたんですが、ちょっと残念でした。でもこの本の面白さに変わりはないですから!!!続編、どんどん読んじゃってください!ふふふふふ。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-04-09 20:28:23
>水無月・Rさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます◎

 ええ、突入しちゃいました(笑)
 第2作以降も、すごく楽しみです♪
 キャーキャー言いながら読もうっと^^

 ええ、ほんと、軽く読めるけど、
 実はテーマは深かったりしますね。
 さすが有川さん!

 『空の中』 もすでに図書館に予約ずみです♪
 オススメありがとうございます。
 高知のお話なんですね?
 はちきんな女の子、楽しみです☆
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-04-09 20:32:52
>chiekoaさん

 月9、ほんとになったらうれしいですねー♪
 (見るかどうかはおいといて 笑)
 
 第2作以降もすごい楽しみですよ。
 またもやじれったい、もどかしい、なのでしょうか(笑)
 わくわく☆
Unknown (すずな)
2007-08-04 05:54:00
これのどこが「普通の話」なんだっ!?と言いたくなります(笑)
どのキャラも魅力的で、それもこの作品の良いところですね。
私も本好きには是非、読んでもらいたい本だと思っていて、地道に啓蒙活動中です☆
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-08-04 15:15:57
>すずなさん

 全然「普通」じゃないですよね(笑)
 でも、いわゆる「SF」とは違って、
 なんかありそうに思えてくるから
 不思議ですよねー。

 どのキャラも魅力的でしたね!
 この巻ではまだよくわからないところもあるけど、
 巻が進むにつれて、
 人間くさい部分をどんどん知ることができて
 ますます愛着湧きますよね。

 本好きな方はぜひ読むべきですよね!(笑)
 根底にある深ーく重ーいテーマも
 見過ごせませんもんね。
Unknown (エビノート)
2007-08-24 00:11:41
こんばんは!
評判どおり、とても面白い作品でした。
突飛な設定なんだけど、この先にもしかしたらありうるかも…とも思うので、何か他人事じゃないですよね。
自由に本が読めない世界なんてイヤですもん。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-24 21:55:13
>エビノートさん

 そっか、エビノートさん、
 このシリーズが初だったんですね。
 でしょー、おもしろいですよね^^
 突飛だけど将来あり得るかも!?って
 たしかに思ってしまいますよね。
 
 2巻以降、ますますおもしろくなりますよ。
 ぜひ楽しまれてくださいね♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『図書館戦争』/有川浩 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
読書の自由を守り、戦う図書館員! 有川浩の『図書館戦争』は、「図書館シリーズ」の記念すべき第1作目である。
図書館戦争 [有川浩] (+ ChiekoaLibrary +)
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02 舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された現代。法を楯に「良くない本」を傍若無人に検閲、取り締まる「良化特務機構」に対抗できるのは、「図書館法」に則り図...
「有川浩」の感想 (読書感想トラックバックセンター)
「有川浩(ありかわひろ)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:塩の街 wish on my precious、空の中、海の底、図書館戦争シリーズ、レインツリーの国、他 書評・評価・批評・レビュー等、感想を含む記事・ブログからのトラックバック...
図書館戦争(有川浩) (Bookworm)
久々に理性を吹き飛ばされたって感じ。 「半島を出よ」(村上龍)でも、「寝なきゃ!明日も仕事じゃ!」で(渋々であったけど)本を手放したのに・・・。仕事がどうした!そんなん言ってられるかぁっっ!ここでやめるなんて拷問じゃぁ!読み終わらないと寝れんわっ!ふん...
図書館戦争 〔有川 浩〕 (まったり読書日記)
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02売り上げランキング : 5252おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するため...
図書館戦争 (気楽に♪気ままに♪のんびりと♪)
********************************************************************** 公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として 『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ! 敵は合法国家...
有川浩 「図書館戦争 図書館戦争シリーズ?」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今話題の映画「阪急電車」の原作者・有川浩と言ったら、まずこの作品の名が出てきます。 オッサン的にはライトノベルかな?思って読むのを躊躇っていましたが… ようやく角川文庫でシリーズ全巻を毎月刊行してゆくと知り、読み始めてみることにしました。 図書館戦争シ...