miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夕凪の街 桜の国 [Movie]

2007-08-15 | (review:all)
 映画 「夕凪の街 桜の国」(佐々部 清:監督)
 を観てきました。

 夕凪の街 桜の国

 W主演の麻生久美子さんが好きなので、
 観たいとは思っていたのですが、
 終戦記念日の今日、ようやく観てきました。
 やっぱりせめて1年にこの時期くらい、
 戦争とか平和とかについて
 ちゃんと意識して考えたいと思っていまして。

 昭和33年、被爆から13年経過してなお、
 死んでいった妹に対する負い目から、
 苦しみ続けている皆実(麻生久美子)。

 「自分だけ幸せになっていいんかね」
 「私は生きていてもいいんかね」

 その苦しみは、見ていてほんとに痛々しくて、
 胸が痛くてたまりませんでした。
 打越が「生きとってくれてありがとう」と
 抱きしめてくれたのは、
 どんなに救われただろうとも思いました。
 それなのに、今度は体にしみこんだ放射能によって、
 肉体的に蝕まれていく無念さ。
 「長生きしいね」という言葉が、
 とてもずっしりと残りました。

 その後、平成19年の現代とも交錯していくのですが、
 被爆者やその遺族の方々が、何十年にもわたって、
 肉体的にも精神的にも苦しみ続けていることを
 ものすごく考えさせてくれました。
 被爆者であること自体、それだけで負い目となって
 苦しんだ人たちが多くいたことも、
 あらためて思い知らされて、衝撃を受けました。

 ところどころつっこみどころがなくはないですが、
 (とくに現代!^^;;)
 そんなことはここではまぁどうでもよいというか、
 観てよかったって思いました。

 広島には小学校の修学旅行で1度行ってるんですが、
 もう1度ぜひ訪れてみたいとも思いました。

 それにしても、昭和33年のほうが現代と比べて、
 とても芯があるように見えたのは、
 単なる演出上の錯覚だけなのでしょうか。
 昭和33年、昭和48年くらいまでは、
 街の風景ももちろんとても貧しいのですが、
 生きてる、って感じがすごく伝わってきたんですよね。
 平成2年、平成19年と、現代に近づくにつれ、
 街はきれいだし色とりどりで一見華やかなのだけど、
 なんだか空虚な感触を受けてしまったのは、
 私の気のせいなのかな。うーむ・・・。

 【追記:8/17】
  この後、原作読みました♪(→レビューはこちら


 TOP PAGE  ブログ検索☆BITZ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界最速のインディアン [Mo... | トップ | 夕凪の街 桜の国/こうの史代... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ ()
2007-08-16 02:17:55
トラックバック有難うございました。ボクも見ていて昭和の時代の映像の方が活気に溢れていてなんか好感が持てたんですよね。生きるということに対して力が漲っていた時代というんでしょうか?町並みも決して綺麗ではない。生活も豊かではない。でも今の時代にはない何かがあった。そんなことが感じとれる映像でしたよね。
こんばんは。 (asitahatennki)
2007-08-16 02:30:53
TBありがとうございました。

私も夕凪の街の方に感情移入してしまって
涙が溢れました。
ホントですね
あの街並み、貧乏のどん底なのに
暗さはなく心和む雰囲気がとても
演出出来ているとおもいました。

麻生さん、感動の演技をしてくれました。

終戦の日にこのような映画を観て
心を引き締めなければいけませんよね。
おはようございます (みっしゅ)
2007-08-16 08:03:16
TBどうもありがとうございました。
夕凪は本当に良かったですが、桜がちょっとですね…。(^_^;)
また遊びに来てください。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-08-16 11:58:45
日本人としてせめてこの時期くらいは戦争に思いを馳せたいものですよね。
原作マンガは未読ですが、この映画を見たら原作も読んでみたくなりました。
麻生さん、三日月クンと全く別のテイストの映画で頑張ってました。
さすが女優さん!(笑)
皆実の気持ちが痛いほど伝わってきましたね~。
彼女には妹の分まで長生きして欲しかったのに・・・。
何世代にも渡って遺伝子レベルの不安が続くとはあまりにも酷いです(泣)
TBありがとうございました (kira)
2007-08-16 20:40:42
>昭和33年のほうが現代と比べて、
 とても芯があるように見えた
「夕凪~」の原爆スラムに暮す人々、戦争と、戦争のない平和を取り戻した人々。
いかに生きるかというより、生きのびて、生き抜く人たち・・・私もそんな感じを受けました。

この作品に出会ってほんとに良かった
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-16 21:12:47
>豪さん

 こちらこそ、どうもありがとうございます◎

 昭和の時代の映像、活気ありましたよね。
 おっしゃるとおり、
 生きることに対して力がみなぎっている感じが
 すごくしました。
 「生きる」ってことを意識しているっていうか。
 今って何かを失っているのかも、なんて
 ちょっと感じたりしちゃいました。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-16 21:20:41
>asitahatennkiさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます◎

 「夕凪の街」、感情移入しちゃいますよね。
 私も何度も涙があふれてきました。
 あの時代の懸命な感じが、よく描かれていましたね。

 麻生さん、すごくよかったですよね。
 彼女あってのこの映画、だったと思いました。

 終戦記念日に、よい映画を観ることができて
 いろいろ考えることができて、
 よかったと思います。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-16 21:34:07
>みっしゅさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます◎

 やっぱり「夕凪の街」のほうが、
 断然よかったですよね。
 どうしても「桜の国」は見劣りしちゃったというか。
 「夕凪~」のほうが、映像に力がありましたよね・・・。

 お誘いどうもありがとうございます。
 また伺わせていただきますね☆
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-16 21:48:04
>ミチさん

 ほんとはこの時期にかぎらず
 考えるべきことなんでしょうが、
 日頃はやっぱり忘れがちなので、
 せめてこの時期くらいは、と思いますよね。

 原作、私も未読なんですよ。
 どんなテイストなのか、ちょっと興味深いですよね。

 麻生さん、熱演・好演でしたね。
 「デヘヘ」と照れるところなんかは、
 ちょっと三日月クン気味でしたけど(笑)

 皆実の気持ちが伝わってきて、
 ほんとにつらかったですね。
 さらに、彼女の苦しみを受け止めてくれる人が
 現われて、やっと幸せがきたと思ったら、
 今度は病魔に・・・(号泣)

 何世代にもわたっての苦しみ、
 つらすぎますよね。
 これっきりにしないと、ひどすぎます。
 
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-16 21:53:10
>kiraさん

 「夕凪の街」、悲しいんだけど
 「生きるんだ」っていう強い意志は
 すごく感じられて、どこか力強かったですよね。
 それだけに、何年、何十年にもわたって
 病魔が侵入してくることが、
 よけいに恐ろしく、つらいわけなのですが・・・。

 よい作品でしたよね。
 私も観てよかったと思いました。
映像的にもすばらしい映画でしたね (やく)
2007-08-17 11:24:09
コメント有難うございました。
戦争を前面に出すと、しり込みしてしまう人が多いですよね。だけどこの映画、とにかく観ればわかるって感じがしました。是非、たくさんの学校で上映して欲しいと思います。

それに。昭和33年のあの景色、川べりに行き場のなくなって人々が13年たっても、つましく暮らしていた現実が見事に描かれていて胸が熱くなりました。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-17 20:34:05
>やくさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます◎

 「戦争映画」っていう大きなくくりで
 敬遠されちゃう方とか、けっこうおられますよね。
 でも、そういう方にこそ観てほしいなぁって
 思いました。
 学校で上映も、いいですね。
 子どもとか学生の頃に観るのって、
 とてもいいと思います。

 昭和33年という時代も、
 しっかり描かれていましたね。
 あの川べりの風景、私もとても印象深いです。
こんばんは (ノラネコ)
2007-08-17 23:36:44
原作が良すぎて、正直映画版は原作が描いていたものを表現仕切れていなかったという思いが強いのですが、力作ではあったと思います。
原爆という問題に対して、現代性のあるアプローチになっていましたね。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-18 00:03:48
>ノラネコさん

 ノラネコさんはじめ、
 原作を読まれた方の感想を読んでいたら
 どうしても原作を読みたくなってしまい、
 今日買って読みました。
 原作記事もTBさせていただきますね。

 ノラネコさんのおっしゃっている
 「映画として様々な欠点を承知した上で、
  これは作る価値・観る価値のある
  作品だったと思う。」
 というご意見、私も同感です。
 丁寧につくられていたし、
 作り手のメッセージも伝わってきました。
 これまでにない形のアプローチでもありましたね。
麻生さんだし。 (yukki)
2007-08-18 01:19:38
映画館で予告編を観て
ちょっと気になっていた作品です。
麻生さんだし!
テレビでもちょっと変わった視点というふうな
紹介をされていたように思います。
みなさんのコメントを見ていると
ちょっと観ようかなという気になってきました。
まだやってるのでしょうか。
麻生さん。 (miyukichi)
2007-08-18 08:22:54
>yukkiさん

 私も予告篇で「麻生さんだー」って思って
 気になってました^^
 やっぱり三日月クン効果は大きいなぁ(笑)
 麻生さん、すごくよかったですよ。
 クレジットは田中麗奈ちゃんが先だったんですが、
 私の印象では麻生さんが主演でした。
 
 うん、視点はちょっと新しいかも。
 凄惨な場面は避けてくれてるので、
 そういうのが苦手な人でも観やすいと思いますよ。
 
 私はパークスに観に行ったんですけど、
 今日から20:35の1回のみになったみたい。
 昼間のほうがよければ、
 シネリーブル(スカイビル)でやってるみたいです。

 よい映画だと思うので、
 スケジュールが合えば、ぜひ観てみてくださいな♪
伝わる映画 (未来)
2007-08-19 01:22:07
あえて悲惨な映像は出さず、その後の人々を描く・・・
その分、心に残された傷跡や後世に渡る影響というものを、
観る側に一層感じさせる作品だったと思います。
麻生久美子は、儚く切なくいい演技でしたね。
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-08-19 15:14:56
>未来さん

 悲惨な映像を出さないことには
 よい面と物足りなかった面と
 両方あると思いましたが、
 その後の人々を描くことで伝わってくるものは
 たくさんありましたね。
 知らなかったこともいろいろありましたし…。

 麻生さん、よかったですね。
Unknown (Hitomi)
2007-08-21 20:09:18
こんばんは、先日は私のブログに遊びに来ていただきましてありがとうございました。

広島に生まれ育ったわたしですが、この映画を見て原爆にあうということはその先子供や孫までも苦しみや悲しみは続くんだなぁと初めて知りました。

こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-22 00:28:36
>Hitomiさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます◎

 広島で生まれ育ったHitomiさんにとっては、
 思い入れもひとしおだったと思います。
 でも、そんな広島の方でも
 知らないことはまだまだあり、
 まして他県の私たちは、
 知らないことも多すぎるし、
 関心もまだまだ低いですよね。
 この映画を観てよかったですし、
 たくさんの方に観てもらえるといいなぁと思います。
今日観てきました。 (yukki)
2007-08-30 00:29:21
今日ようやく朝から観に行ってきました。
もうもう最初から泣きまくりでしたよ。
やっぱり麻生さんがメチャよかったです。。
観ましたかー。 (miyukichi)
2007-08-31 21:36:35
>yukkiさん

 観てこられたんですねー。
 あれはやっぱり、泣きますよねー。
 麻生さん、よかったですよね。
 打越さん相手に照れるところとかは
 ちょっと三日月クン入ってましたけど(笑)、
 それもまたかわいかったです☆
コメントありがとうございました (syunpo)
2007-09-04 08:40:47
miyukichiさん、拙文へのコメントありがとうございました。
私たち日本人も核兵器について知らないことは多いですが、これは是非、海外の人にも見てもらうべき作品ですね。
パークスでご覧になられたのですね。私も、あそこをたまにブラブラしますが、映画館には未だ入ったことがありません。一度、足を運んでみたいと思います。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-06 20:00:22
>syunpoさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 おっしゃるとおり、
 私たち日本人にも、海外の方にも、
 多くの方に観ていただけるといいですよね。

 パークス、なかなかいいですよ。
 私の場合家から比較的近いというのもありますが、
 ネット予約できる利点がやっぱり大きいです。
 (直前まで予約OKですし)
 館内も座席とかゆったりしてて、落ち着けますよ。
 よかったらぜひ一度お試しください♪
マチャアキ (kimion20002000)
2008-10-15 00:53:10
TBありがとう。
映画も好きでした。
マチャアキのお父さん役は、個人的にはちょっとどうかなあ、と思ってしまいましたが。
たしかに・・・ (miyukichi)
2010-03-15 21:24:07
>kimion20002000さん
 こちらこそ、ありがとうございました。
 たしかにあのお父さん、ちょっと浮いてましたね^^;;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
夕凪の街 桜の国 (豪の気ままな日記)
静かで儚い物語→でも凛としたメッセージが込められている。 評価☆☆☆☆ 本日、公開初日見て来ました。 物語は前半、原爆投下から13年後の昭和33年の広島を舞台とした「夕凪の街」と後半、平成19年を舞台とした「桜の国」の2部構成になっている。原爆をテーマにした作...
★  夕凪の街 桜の国  ★ (私の気ままな部屋 - ♪asitahatennki♪)
こうの史代原作のコミックが、元となっている映画とのこと。 まったく知りませんでした。 原作に忠実に描かれているとありましたが 原作とは、コミック漫画のことなんですよね。 漫画をあまり読まないので、よく分かりませんが 映画は、とても良かったでした。{/hakushu/}...
麻生久美子 関連最新情報 (麻生久美子 画像・動画 最新情報ブログ)
車輪の下何で観たかというと、原作がみうらじゅんで、主人公の中島の彼女役が麻生久美...
夕凪の街 桜の国 [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★☆☆☆☆☆ http://www.yunagi-sakura.jp/
夕凪の街 桜の国 (Good job M)
公開日 2007/7/28、8/11(福岡県)監督・脚本:佐々部清 「半落ち」、「四日間の奇蹟」出演:田中麗奈/麻生久美子/吉沢悠/中越典子/伊崎充則/金井勇太/藤村志保/堺正章 他【あらすじ】昭和33年広島、皆実は同僚の打越から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と自分が生...
夕凪の街 桜の国 (Akira's VOICE)
希望は咲き誇る。
映画 【夕凪の街 桜の国】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「夕凪の街 桜の国」 第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名コミックを、佐々部清監督が実写映画化。 おはなし:昭和33年広島。皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、...
映画「夕凪の街 桜の国 」 (That's the Way Life Goes)
原作漫画を読んだ時、号泣したほど、感動した。 そして、これを実写化するとしたら、これ以上のものが果たして出来るのか、という心配が浮かんでいた。  レビューでも書いたが、この作品は漫画表現としての質もかなり高いと感じていたので、映像化に当たっては漫画に引...
夕凪の街 桜の国(映画館) (ひるめし。)
生きとってくれて ありがとう
『夕凪の街 桜の国』 (たーくん'sシネマカフェ)
明日は8/15終戦の日。(敗戦なのになんで記念日なんだろうと小さい頃から思ってました。)「トランスフォーマー」と「夕凪の街 桜の国」迷いましたが前者はどこの映画館でも、これからも鑑賞できますが後者は限られているのと、この時期だからこそと思い、2時間待ち鑑賞 ...
夕凪の街 桜の国 70点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
フスマをかけてっと 公式サイト 広島の被爆者とその子孫を主人公とした、こうの史代の短編連作漫画を実写映画化。タイトルは同じく原爆を扱った大田洋子の『夕凪の街と人と』『桜の国』から引用されたもの。 本作の監督を務めるのは『半落ち』『出口のない海』など...
夕凪の街 桜の国(映画)知っていなければならないこと (漢方薬剤師の日々&映画)
セリフが、まっすぐで、 本音がドスンと、 観るものの心に打ち込まれる感じでした。 原爆が落とされた『夕凪の街』広島。 あれから13年目にして白血病を発症し 命が消えようとしているうら若き皆実(みなみ)のセリフ・・・ {/hiyoko_thunder/}『原爆は落ちたんじゃな...
夕凪の街 桜の国 (to Heart)
製作年度 2007年 上映時間 118分 監督 佐々部清 出演 田中麗奈/麻生久美子/藤村志保/堺正章/吉沢悠/中越典子 昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。やがて、...
夕凪の街 桜の国 (Diarydiary!)
《夕凪の街 桜の国》 2007年 日本映画 原爆投下から13年後の広島に生きる
「夕凪の街 桜の国」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「夕凪の街 桜の国」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、伊崎充則、金井勇太、藤村志保、堺正章、他 *監督:佐々部清 *原作:こうの史代 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからの...
『夕凪の街桜の国』 (分太郎の映画日記)
 田中麗奈、麻生久美子のダブル主演による、広島原爆をテーマにした名作。原作は、こうの史代の同名のマンガ。 イマジカ東京映像センター第二試写室で開催されたブロガー試写会(2007/6/7)にて鑑賞。 『夕凪の街桜の国』 評価:☆☆☆☆☆ とても良い映画だ。生きる...
夕凪の街 桜の国 (八ちゃんの日常空間)
原爆は落ちたんじゃなく、落とされたんだ
夕凪の街 桜の国・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年ももうすぐ、8月6日がやってくる。 人類の記憶に、「ヒロシマ」という日本の地方都市の名前が、永遠に刻まれる事になった日。 「夕凪の街 桜の国」は、あの日あの街に居たために、原爆症というあまりにも悲しい重荷
「夕凪の街 桜の国」試写会 (Thanksgiving Day)
ヤクルトホールで行われた「夕凪の街 桜の国」の試写会に行ってきました。 こんな内容の映画です。 『原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実(麻生久美子)は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心...
夕凪の街 桜の国 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <シネマスクエアとうきゅう> 監督:佐々部清 原作:こうの史代 『夕凪の街 桜の国』(双葉社刊) 脚本:国井桂 佐々部清 「夕凪の街」 昭和33年。原爆投下から13年が経った広島で、母親と二人慎ましく生きる平野皆実。彼女は被爆時の経験によっ...
夕凪の街 桜の国 (future world)
広島・長崎の原爆、戦争のこと・・・ これらのことを体験し語れる人は、今どれくらいいるんだろう。 もう私の世代の親の年齢ぐらいまでか。。。 日本人として、地球人として‘忘れてはいけないこと’‘語り継がれるべきこと’をあらためて感じさせられた。 とりわ...
映画『夕凪の街 桜の国』 (健康への長い道)
シネリーブル梅田で『夕凪の街 桜の国』を観てまいりました。まだ公開2日目ということもあってか、大盛況。14:25の回を観ようと13:50に劇場に到着しましたが、整理券は90番。122席のシネマ1は立ち見も出る満席でしたが、その前の回も後の回も同様のようでした。 原作...
【2007-109】夕凪の街 桜の国 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 広島のある 日本のある この世界を愛する すべての人へ 広島 あの日から十三年 消し去れぬ想い そして、現代 ふたつの違う時代に生きる二人の女性が、 今ひとつの物語を紡ぎはじめる。 生きとってくれて ...
映画「夕凪の街 桜の国」を観ました!!(2007-19) (馬球1964)
映画「夕凪の街 桜の国」を観ました!!2007年の第19作目です。
戦争の先にあるモノ。『夕凪の街 桜の国』 (水曜日のシネマ日記)
広島原爆投下から13年後の広島で生活する女性の姿と、現代を生きる女性を通して原爆の悲劇を描いた物語です。
『夕凪の街 桜の国』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『夕凪の街 桜の国』 (本館) 【監督】佐々部清 【脚本】国井桂/佐々部清 【原作】こうの史代 『夕凪の街 桜...
夕凪の街 桜の国 (ネタバレ映画館)
閣僚による「原爆投下しょうがない」発言が世間を賑わせた今夏。さらに原爆症認定問題もクローズアップされているなか、素晴らしい映画が登場したように思う。
映画「夕凪の街 桜の国」 幸せの桜並木 (欧米文化に浸かってます)
夕凪の街桜の国 こうの 史代 「夕凪の街 桜の国」を見に行って来ました。見たのはもう少し前ですが、レビューを書くのが原爆記念日(長崎の方とはいえ)ということに気づいてちょっと愕然としたり。 私の父は北九州の出身です。今から六十二年前の今日という日...
映画『夕凪の街 桜の国』 (コラムニスト宣言)
 「夕凪」……海岸地方で夕方、海風から陸風にかわるときの無風状態。(新辞林)  時は流れ、人の心は移ろい、街は過去の歴史を塗りこめるようにして発展を遂げていく。    一方で、夕凪のように、風がやみ、空気が滞り、人の心の傷が胸の奥底にとどまることもある。...
mini review 08286「夕凪の街 桜の国」★★★★★★★★★☆ (サーカスな日々)
第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る原爆の...
『夕凪の街 桜の国』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。半世紀後、皆実の弟の旭(堺正章)は家族に黙って広島へ向い父を心配した七波(田中麗奈)は、後を追う内に家族のル...