miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

下妻物語 [Movie]

2006-08-11 | (review:all)
 映画(DVD)「下妻物語」(中島哲也:監督)
 
下妻物語 スタンダード・エディション

東宝

このアイテムの詳細を見る


 ロリータ・ファッションにすべてをかける
 ジコチュー少女・桃子(深田恭子)と
 特攻服に原チャリで爆走するヤンキー娘・イチゴ(土屋アンナ)。
 田んぼだらけの茨城県下妻を舞台に
 自分のことが大好きな面々が繰り広げるハッピー・ムービー
                        (予告篇コピーより)

 オープニングからハチャメチャの連続で、
 あほみたいー、と思いながらもゲラゲラ笑ってました。
 ほんと、関西を何だと思ってるのか(笑)

 まったく畑違いに見える2人が出会ってからは、
 今度は2人のキャラのぶつかり合いに
 引き込まれて、目が離せません。
 まったく畑違いに見える2人が、
 だんだんと「友情」を築いていく様子には、
 気づいたら涙がジョワーーン、てところが
 何度もありました。

 土屋アンナちゃんが、かなりイイです。
 見た目はワルだけど、実は一途でまっすぐなヤンキーっていう、
 ある意味パターンのようなキャラだけど、
 表面的でなく「イチゴ」としてちゃんと呼吸していて、
 すごく魅力的でした。

 で、深キョンちゃんのほうは、役に当て書きしたのかと思うほど、
 ロリータ・ファッションがお似合いです。
 演技自体は、まぁいつもの深キョンかなー、
 なんて、(だからといってそれが悪いという意味ではなく)
 思って観てたんですが
 ラストの威勢のよさが、すげーカッコイイ
 なんかちょっと、見直しました。

 そんなわけで、主演2人がすごくイイのですが、
 脇もなかなか役者揃い。
 桃子の父が雨上がり・宮迫、母が篠原涼子、
 ほかにも阿部サダヲ、荒川良々、岡田義徳、生瀬勝久などなど、
 こちらも観てて飽きません。

 中島監督は、先日観てきた「嫌われ松子の一生」の監督さんです。
 「~松子」のレビューを書いた際に、
 何人かの方からこの「下妻物語」を勧めてもらったのでした。
 (おかげで楽しめました。ありがとうございました


 いっぱい笑いながらも、時々ジョワッと泣ける。
 自然と心もあったかくなっている映画でした。
 私もぜひ、したいです


 TOP PAGE  ブログ検索☆BITZ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬のしっぽを撫でながら/小... | トップ | イン・ザ・プール [Movie] »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ふたりがカワイイ (yukki)
2006-08-12 02:31:08
miyukichiさんも泣けました??

よかったです(^-^)

どちらかというと私は性格的に桃子のほうなので

彼女のほうに共感を覚えましたが、

後半はイチゴのほうに泣かされました。。



※なぜかTBをしようとエラーになるので

URLに下妻の感想のリンクをいれました。。



しかしこの頃、いまよりさらに文章がヘタすぎて

お恥ずかしいです。。



ええ、ほんと♪ (miyukichi)
2006-08-12 03:54:05
 主演の2人が、ほんとに魅力的でしたね。

 yukkiさんのオススメどおり、

 全体に笑いどころがたくさんありつつ、

 泣けるところもあって、っていう感じで

 すごくツボでしたよ

 よい映画でした。



 TBしようとしてくださったのに、なんかごめんなさい。

 念のため設定確認したんですが、何も変えてないんですよね。。。

 実は私も先ほど別のgooブログにTBしたものが反映されてないので、

 gooブログに何か問題があるのかもしれないです。



 yukkiさんの記事、よかったと思うけどな~。

 素直だし、いつも細かいところに突っ込んでたりするのが好きです。

 でも、自分で以前の記事を読んで「うぎゃー、恥ずかしー

 ってのは、私もよくわかります(笑)

 そのときはそのときなりに、

 いつも一生懸命書いてるんですけどね。
オススメ (yukki)
2006-08-12 09:27:12
miyukichiさんにも観てもらえてよかったです(^-^)

みんなオススメしてましたよね。

桃子が友情というものに目覚めるシーンが

私は好きです。



私の感想わかってもらえました?

なんか自分で読み返すと何かいてるのか

わからなくてほんと書き直したいくらいでしたが

miyukichiさんがそういってくれてるので

そのままにしておくことにします。



まあ記事を書いてからだいぶ経ってるので

もうおそいんですけどね。。

主役から脇役まで。 (こっちゃん)
2006-08-12 10:07:09
こんにちわ。miyukichiさん。



ほ~んと、ドコを切っても味の濃い映画でしたよね~。

それでいて最後にはキッチリまとめてくれちゃって。



ありとあらゆる意味で究極の映画かもしれません。

コレを超えるのは中島監督自身でもなかなか難しいでしょう。

実際この映画のお陰で「松子」は大人しく見えてしまったくらいですから。



あ。TBして頂いたのになんだか反映されてませんでしたね。

もしかしたら記事の中にNGワードが含まれてるかもしれませんよ。

(goo同士のTBの場合、よくあります)

問題はそのNGワードがなんなのか?

それが一切ワカラナイ点なのですが・・・。



とにかく、コメントくれてドーモありがとうワーイ
オススメ配り☆ (miyukichi)
2006-08-12 14:12:31
>yukkiさん



 私もそこのところ、すごい好きです。

 イチゴがそれに応えるところも、泣ける・・・。



 感想って、観てて感じた漠然としたものを

 形(文章)にするわけだから、

 何から伝えようか、けっこうもどかしくなることありますよね(笑)

 ええ、そのまま置いといてください、ぜひ
こんにちは♪ (miyukichi)
2006-08-12 14:21:52
>こっちゃんさん



 こちらこそ、どうもありがとうございます。



 たしかに「濃い」ですね。

 でも、嫌味な濃さじゃなくて、

 むしろそこに入り込んで観てるのが

 なんか心地よい感じ。



 「~松子」はまた違った良さがありましたね。

 あちらのほうは、音楽がより効果的に使われていて、

 華やかな映像との融合具合が秀逸だったと思います。



 TB、やっぱり反映されていませんか。。。

 てかNGワードって

 考えられるとしたら、「ロリータ」でしょうか。

 だとしたら、なんちゅー画一的な
ダメだ~ (ミチ)
2006-08-13 16:50:09
やっぱりTBが反映されませんー

どーなってるんでしょうかねぇ?

主演二人が余りにハマっていてビックリでしたね。

深キョンはあまりの個性に(演技ベタ??)なかなか合う役ってないですが、これはまさに彼女のための役ですね。

地にも見えちゃうもの(笑)

原作も面白かったですよ~。

何気にツボだったのは岡田君のキャラ。

そしてジャスコ!
やはり・・・。 (miyukichi)
2006-08-13 17:46:11
 ミチさん、こんにちは。



 TB、上のこっちゃんさんのコメントにある「NGワード」とやらが

 gooブログにあるとすれば、

 ここではたぶん「ロリータ」ですね、、、

 

 原作も読まれたんですね。

 おもしろそうですよね。



 うっちー岡田クンのキャラも、よかったですね。

 そうそう、ジャスコもツボでした。

 げらげら笑いました(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「下妻物語」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「下妻物語」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:深田恭子、宮迫博之、阿部サダヲ、小池栄子、荒川良々、本田博太郎、土屋アンナ、篠原涼子、岡田義徳、矢沢心、生瀬勝久、樹木希林、他 *脚本・監督:中島哲也 *原作:嶽本野ばら 感想 ...
『下妻物語』の可能性。 (TATSUYAのレンタル映画レビュー)
下妻は、ジャスコよりゴージャスだせ! 下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉深田恭子 (2004/11/26)東宝 この商品の詳細を見る オッス! あたいは『イチコ』。『イチゴ』じゃねえよー!バカ! 達也、オメェ