miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

河童のクゥと夏休み [Movie]

2007-09-02 | (review:all)
 映画 「河童のクゥと夏休み」(原 恵一:監督)
 を観てきました。

 河童のクゥと夏休み

 いいという評判は耳にしてましたが、
 期待以上でした。
 ものすごく、ものすごくよかったです!!
 子ども向けだとバカにせず、
 ぜひ皆さんに観ていただきたいです。

 クゥがたまらなくかわいいです。
 声もGOOD!

 冒頭から泣かされてしまい、
 途中もところどころで泣き、
 最後はエンドロールの主題歌を聴きながら
 まだ涙が出てきてました。
 映画館出るときには、目が腫れてたくらいです^^;;

 泣かせる映画=良作、ってわけではないのは
 もちろんわかっています。
 でもね、ほんとに泣かされるんですよ。
 自分の心のなかの、純真な部分とか、きれいな部分とか、
 そういうところを何度も思い出させてくれるというか。
 一方で、自分も含めた人間の邪悪な部分も
 確認させられたり。
 でも、けっして教訓くさいわけではなくて、
 素直に心が洗われます。

 クゥもかわいいけど、
 犬の「おっさん」がまたカッコイイんですよ!
 男らしくて、優しくて。。。
 
 クゥが康一との旅行で、川で泳ぐ場面、
 川の水の冷たい感じも伝わってきて、
 ほんとに気持ちよさそうでした。
 あそこ、とりわけ好きな場面でした。
 ていうか、好きな場面はいっぱいありすぎますが^^

 ただ1つ不満があるとすれば、
 私が観に行った劇場では
 子ども向け映画ってくくりなのか、
 上映が早い時間に限定されてたことでしょうか。
 平日に仕事終わりには間に合いづらい時間帯です。
 でも、たしかに子どもにも観てもらいたいけど、
 大人にだって観てほしい映画です。
 いや、むしろ大人が観るほうが
 心に響いてくるんじゃないでしょうか。
 心が疲れていたり、クサクサしたりしてるなら、
 なおさらに。

 ほんとにオススメですよ!


 TOP PAGE  ブログ検索☆BITZ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時効警察 [TV Drama] | トップ | 六番目の小夜子/恩田 陸 [B... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大人向け (たいむ)
2007-09-02 09:51:41
TBどーもです。
どちらかといえば、大人向けの作品ですよね。
タイトルが子供っぽいことと、ジブリほどの影響力がないので大人の食指を動かさない。勿体無いです。

クゥも可愛かったけれど、おっさんがカッコよかったし、泣けましたっ。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-09-02 14:35:35
普通ならクゥみたいな得体の知れない生き物(両生類系?)には拒絶反応を起こしそうなのですが、この映画のクゥはすごく表情が可愛かったの!
言葉遣いも丁寧だし、行儀も良いし。
いまどきの子供たちに見習って欲しいくらいです。
お子様向けにしてはちょっと長いかなと思いましたが、大人向けと思えばそんなものかな。
(途中トイレに立つ子が多くて閉口しました)
はじめまして。 (まさみ)
2007-09-02 16:38:08
こんにちは!
TBありがとうございます☆

この映画はどちらかというとやっぱり大人向けですよね。
でも私が行った映画館では立ち見の子供も多かったのですが
誰一人席を立つ様子もなく、比較的おとなしく観ていました♪

人間の様々な面にありのままに向き合う姿勢がよかったです。
心に響いてきました(^.^*
諭し~ (cyaz)
2007-09-02 16:42:30
miyukichiさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m
クゥとオッサンの心の会話、こういちも最後に聞くことが出来て良かったですね~♪
民話の世界の中には不在のものを例えに、子供たちに教え諭す力を持たせているものが多いですよね^^
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-02 18:59:07
>たいむさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 ほんと、大人こそ観るべき映画ですね。
 宣伝力や知名度はジブリに及ばないのでしょうが、
 もっとたくさんの人に観てほしいなぁと
 思いました。

 おっさん、かっこよかったですよね。 
 クゥを背負って疾走するところなんて、
 泣きながら観てましたよ。。
 元の飼い主への優しさにも泣けました。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-02 19:08:43
>ミチさん

 ほんと、クゥがすごくかわいかったですよね。
 言葉づかいも丁寧で、礼儀正しくて、
 声がまたすごく合っていて。
 あのひょこひょこした歩き方も、
 たまらなくかわいかった!

 たしかに、私は途中飽きることもなく
 見入ってましたけど、
 実は140分くらいあるんですよね?
 うーむ、子どもには90分くらいが限度かも!?
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-02 19:44:14
>まさみさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 ですよね、いわゆる“子ども向け”って映画では
 なかったと思いました。
 立ち見の子どももおとなしく観ていたのは
 なかなかお行儀いいですね。
 私が行った劇場も、立ち見ではなかったけど
 比較的皆お行儀よかったです。

 さまざまな面にありのまま、
 きれいごとに終わらせず向き合っていたのが
 よかったですね。
 自分のなかのいろんな部分を意識させられました。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-02 20:00:44
>cyazさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 こういちに最後にかけた心の声、
 よかったですね。
 クゥの素直さとか優しさとかが
 すごく表れてたと思いました。

 民話の力ですか、なるほど。
 この映画はいかにも教訓ですみたいな
 押しつけがましさがなかったのが
 よかったです。
Unknown (アメコ)
2007-09-03 00:44:48
私もこの映画はかなり泣きましたー。エンドロール見ながら涙を止めようとしたのに余計に涙が出てきましたよ(笑)

それからおっさんはかっこいいですよね!もうおっさんのシーンは涙なしには見られませんでしたよ。
こんにちは (hito)
2007-09-03 09:22:10
コメントありがとうございました。
最近TBが不調のようで、せっかくTBして下さったのに、入っていないようです。すいません。

最初クゥが可愛いアニメの絵じゃなくてリアルすぎて「ええっ」って感じだったのですが、観ているうちに可愛くなってきました~礼儀正しくて人の気持ちに敏感で、とってもいい子なんですよね!
おっさんとの友情もいいんですよね~

とても爽やかで素敵な映画でした!
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-03 19:22:52
>アメコさん

 ですよねー。
 私もそうでした。
 エンドロールで主題歌聴きながら、
 またじわじわじわじわ泣けてきて・・・^^;;

 おっさん、カッコイイですよねー。
 ほんとに男前すぎました。
 あそこは涙止まりませんよねぇ。。。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-03 19:32:18
>hitoさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。
 TB、失敗してたんですね。
 ご指摘ありがとうございます。
 再度TBさせていただきました^^

 クゥ、私は冒頭からかわいくてかわいくて
 たまらなかったんですよ^^;;
 父ちゃんを助けようと出てきちゃうところなんて、
 けなげさに泣けてきちゃいました。

 ほんと、すごくいい子でしたね。
 かたつむりを食べたときはギョッとしましたけど(笑)

 おっさんとの友情も、よかったですねー。
 おっさんから見ても、クゥがかわいくて
 仕方なかったんでしょうね。
もし子供が××を拾って来たら (0120 Blog)
2007-09-03 23:13:24
初めまして。
私のBlogへのご訪問・TB・コメント、有難うございました。

もし我が家の子供があのような形で河童とおぼしき何かを拾って来たら・・・。
我が嫁さんは、映画の中と同じような言葉を発し、同じような行動をとりそうです。
下の子も、ひぃーちゃんと同じような行動をとりそうです・・・。

その後の展開も、映画で描かれているものにかなり近いものになる事でしょう。

そんな中に練り込まれた様々な思いが、人それぞれの体験や経験、年代によってそれぞれに押し寄せてくる・・・そんな作品だったような気がします。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-06 19:44:37
>0120 Blogさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。
 お返事遅くなっちゃってごめんなさい!

 上原家って、ごく普通~の家庭でしたもんね。
 0120 Blogさんのように、
 「我が家だったら・・・」って置き換えて
 観ておられた方、
 けっこうおられたかもしれませんね^^

 この映画の展開はかなりリアルで、
 メッセージも普遍的だったような気がします。
 それでもそれぞれの経験、年代によって
 受け止め方はさまざまかもしれませんね。
コメントありがとうございました☆ (rikocchin)
2007-09-11 11:30:53
miyukichiさん、こんにちは~

劇場では笑って泣いて、家に帰って来てまで家族や友達に話したくて話したくて、あらすじを話ながらまた泣いてしまいました(笑)
オッサンかっこよかったですよね!☆
自然と身の回りにある環境問題とかイジメの問題とか考えさせられる秀作でしたね。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-11 20:37:23
>rikocchinさん

 そうそう、いい映画を観ると、
 いろんな人に勧めまくりますよねー♪
 rikocchinさんはあらすじ話しながら
 また泣いてしまわれたんですね(笑)

 おっさん、カッコよすぎましたよね。
 もうしびれましたよ!
 それなのに・・・。。。

 いろんな問題がてんこ盛りでしたが、
 押しつけがましくなかったのがよかったです。
 いろいろ考えさせられますよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
河童のクゥと夏休み (そーれりぽーと)
子供の頃に読んだ絵本に出てきた化石状態のクゥの姿が印象的で、予告編に出てきたその場面を観た瞬間に懐かしさが込み上げてきた『河童のクゥと夏休み』 せっかくなので、甥っ子と二人で観てきました。 ★★★★ 実はあの少年は俺だったのか? 幼い頃に別れたクゥ、忘れ...
河童のクゥと夏休み (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★☆) 木暮正夫原作の児童文学「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」を映像化したアニメ作品。 不思議な力を秘めた河童のクゥと出会った少年のひと夏の冒険を、家族の絆や友情の大切さをさわやかに描いたジュブナイル・ストーリ...
河童のクゥと夏休み (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
「河童のクゥと夏休み」は江戸時代の村の暗闇から始まる。暗闇にも色々あって、混じりけのない暗闇というものがある。この暗闇こそ河童とともに失われたものだ、と言いたげに。アニメ映像なのにある意味、この暗闇は実映像以上に物凄くリアルだ。現代に移って一瞬暗闇が蘇...
「河童のクゥと夏休み」:池袋駅東口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}池袋って西武線の始発駅なんだよな。 {/hiyo_en2/}じゃあ、ここから電車に乗れば東久留米まで行ける? {/kaeru_en4/}ああ、行けるけど、それが何か? {/hiyo_en2/}東久留米って、「河童のクゥと夏休み」の舞台になった町なのよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、黒目...
「河童のクゥと夏休み」みた。 (たいむのひとりごと)
これといって不満はないけれど、とびっきりご機嫌でもない毎日。なんとなく同じペースで生き、同じものからはみ出さないように暮らす。そんな日常に舞い込んだ非日常。同じものから違うものへ、立場が変って初めて
河童のクゥと夏休み・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この夏、数少ない非シリーズ物のファミリー映画。 今は初めからシリーズ化を前提とした作品が多くて、途中から観ると訳が判らずに苦痛しか感じられない作品が多いが、これは文字通りのファミリー映画として、老若男女全
泣きました「河童のクゥと夏休み」 (再出発日記)
「父ちゃん、おれ人間の友達が出来てしまったダヨ」「河童のクゥと夏休み」監督・脚本:原恵一原作:木暮正夫声の出演:田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ(ガレッジセール)、冨澤風斗「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の原恵一監督の作品だと聞....
河童のクゥと夏休み/田中直樹、西田尚美 (カノンな日々)
子供向け映画なのに子供がほとんどいない客席ってどうよ?(笑)まぁお客さん自体が20人ちょいなんだけど夏休み中のファミリー映画でこういう環境だと落ち着いて観賞出来て助かりますぅ。今回は貯まりに貯まったTOHOシネマズのポイントで勝手に無料鑑賞キャンペーン中♪ ...
河童のクゥと夏休み (Akira's VOICE)
笑顔と涙いっぱい。
感想/河童のクゥと夏休み(試写) (APRIL FOOLS)
夏休み東西アニメ決戦の大穴!? 『河童のクゥと夏休み』7月28日公開。上原康一は夏休み前のある日、河原で化石のような石を拾う。なんとそこには河童の子が! 康一はクゥと名付け、上原家での河童同居生活がはじまった。共に理解を深める中の、河童の仲間を探す旅、マス...
映画 【河童のクゥと夏休み】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「河童のクゥと夏休み」 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』などで高い評価を受ける原恵一監督が、5年の制作期間を経て完成させたアニメ超大作。 おはなし:夏休み前のある日、康一が学校帰りに拾った石を洗っていると、中から河童の子供が...
『河童のクゥと夏休み』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「河童のクゥと夏休み」□監督・脚本 原恵一 □原作 木暮正夫(「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」)□キャスト(声) 田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ、冨沢風斗、横川貴大、植松夏希■鑑賞日 8月19日(日)■劇場 TOH...
河童のクゥと夏休み (創作といろいろ)
我が町、東久留米市が舞台のアニメ映画です。 もうほんとに東久留米が盛り沢山~! 川沿いも神社も線路下も駅も… み~んなそっくりそのままで、テンション上がりました☆ 江戸時代に地割れにのまれた河童が現代に蘇る話ですが その化石状態が発見さ...
「河童のクゥと夏休み」 (NOHOHONブログ)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 普通の家庭に突然 河童が入り込んで生活する様が丁寧にリアルに描かれる。 それがとても楽しい。特に妹のリアクションなんかホント微笑ましい。 この映画にはアニメーション的な飛躍もエモーショナルな動きも無いんだけど 全然いいですよ。...
河童のクゥと夏休み 87点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
遠い海から来たCoo 公式サイト 木暮正夫の児童文学『かっぱ大さわぎ』を着想に、藤子アニメおよび『クレヨンしんちゃん』の監督で知られる原恵一によって作られた、家族向けアニメ映画。 原恵一と言えば、クレしん映画『オトナ帝国の逆襲』『戦国大合戦』にて、子...
『河童のクゥと夏休み』を観ました。 (0120 Blog)
“クレヨンしんちゃん”シリーズ、『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』・『嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』で数々の賞に輝いた原恵一監督の作品です。 悲しい事に、今年公開された『嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』は嫁さんと子供たちだけで “観に行かれてしまい...
「河童のクゥと夏休み」を観る (紫@試写会マニア)
世のお母様方が、「絶ぇ対ぃぃに見せたくありません!」とお怒りになる筆頭与力(ぁ、ついオヤジギャグ。)・TVアニメは=「クレヨンしんちゃん」。ですが、映画のしんちゃんは映画になると、文化庁の大賞を受賞するほど感動作になるらしい。 その監督さんだった原恵一...
【2007-108】河童のクゥと夏休み (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 何百年もの時を超え 康一の家にてやってきた ちいさな訪問者 名前はクゥ 人間の世界に迷い込んだ、河童のクゥと 少年・康一が贈る感動の物語 人間の友達ができちまった。
映画「河童のクゥと夏休み」 (scribble)
あの原恵一さんの映画だし、そりゃもうすごくいい作品なんだろうとめちゃくちゃ期待して観に行きました。そして期待通りの作品でした。すごいよかった。 映画の序盤は江戸時代、なかなかにショッキングなシーンから始まります。ちょっとびっくりしました。しかしこのエ...
「河童のクゥと夏休み」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
日本の原風景と夏はやはり相性がいい。「寅さんは、夏の話の方がおもしろいね」全盛期は年に2度、盆と正月に公開されていた「男はつらいよ」について家族から出たコメントですが、妙に納得したものです。無理やり分析すれば、夏の方が開放的な分、人と人との距離感が縮ま...
河童のクゥと夏休み (5125年映画の旅)
小学生の康一は、夏休み直前の雨の日に川原で河童の化石のようなものが入った不思議な石を見つける。康一はそれを持って帰り水で洗ってやると、化石は息を吹き返してしまった。クゥと名付けられたその河童は康一の家で一緒に暮らす事になるが、周囲にはだんだんクゥの...
映画「河童のクゥと夏休み」 (日々のつぶやき)
予告では、このちょっと不気味な感じの河童ってどうよ?とちょっと引き気味だったのですが・・ でもストーリーは感動っぽいし、評判も良さそうなので徐々に観る気満々になり。 行ってきました。 入場の際に「きゅうりのキューちゃん」を手渡されました。 特典?変な
「河童のクゥと夏休み」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「河童のクゥと夏休み」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):クゥ(冨澤風斗)、上原康一(横川貴大)、上原瞳(松元環季)、菊池紗代子(植松夏希)、上原保雄(田中直樹)、上原友佳里(西田尚美)、クゥの父親(なぎら健壱)...
河童のクゥと夏休み (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「河童のクゥと夏休み」の感想です
「河童のクゥと夏休み」 幼児あるある (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』『アッパレ!戦国大合戦』から5年。 その間、衰えゆく『クレヨンしんちゃん』映画版を延々見せつけられてるんだから、相当なものを見せてくれないと許さんよ! と思ってたけど、そんな予想軽く超えてました。 常田富士男似の声(なぎら健...
「 河童のクゥと夏休み (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【河童のクゥと夏休み】 7月28日(土)公開 監督 : 原恵一 出演 : 冨沢風斗/横川貴大/ 
河童のクゥと夏休み (Good job M)
公開日 2007/7/28監督:原恵一声の出演:冨沢風斗/横川貴大/植松夏希/田中直樹/西田尚美/なぎら健壱/ゴリ 他【あらすじ】夏休み前のある日、小学校の帰り道に上原康一は大きな石を拾う。持ち帰って水で洗うと、中から何と河童の子供が!!第一声から「クゥ」と名付けれ、....
河童のクゥと夏休み (八ちゃんの日常空間)
きっちり作ってきましたね~。日本のアニメは世界に誇れるといいますが、この作品、技術的なことだけではなく内容もいいです。数年に一度の作品ではないでしょうか。
河童のクゥと夏休み (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
都会に姿を見せた河童のクゥ、少年との触れ合いが、大切なことを思い出させてくれる。 夏休み前のある日、康一は学校の帰り道で大きな石を見つける。石を持ち帰り水で洗うと、中からなんと河童の子供が!人間の言葉を話し、何百年も地中に閉じこめられていた河童を、...
「河童のクゥと夏休み」 (やまたくの音吐朗々Diary)
公開中のアニメ映画「河童のクゥと夏休み」を観賞。 監督・脚本・製作:原恵一 原作:木暮正夫 音楽:若草恵 主題歌:大山百合香 美術:中村隆 声優:冨澤風斗、横川貴大、植松夏希、田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリほか 上映時間:138分 配給:2007日本...
覆面!(映画/ネット試写会:河童のクゥと夏休み) (美味!な日々)
8月に公開予定の映画『河童のクゥと夏休み』をYahoo!の「おうちで上映会」で試写しました。『アルゼンチンババア』に引き続き