miyukichin’mu*me*mo*

夢想・瞑想・妄想的気まぐれ雑感☆
本や映画のレビュー中心です。
ご訪問くださり、ありがとうございます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クローズド・ノート [Movie]

2007-10-14 | (review:all)
 映画 「クローズド・ノート」(行定 勲:監督/雫井脩介:原作)
 を観てきました♪

 クローズド・ノート

 映画そのものと別なところで
 話題になってしまってますが^^;;、
 観客の入りはわりとよいみたいでした^^

 原作を読んでいないので、
 「ノートを介して時空を超える」みたいな
 SFチックなミステリー仕立てなストーリーを
 勝手に想像していたんですが、
 そういうのとは全然違ってました。

 万年筆が登場したり、主人公の服装とかから、
 時代背景も一昔前だと思っていたら、
 なんと現代でした^^;;
 うーん、今どきあんな女子大生いるのかな??
 ・・・なんていうツッコミはおいといて、と。

 香恵(沢尻エリカ)の引っ越し先の部屋に
 残されていた、前の住人・真野伊吹(竹内結子)
 の日記である1冊のノート。
 香恵が思わず読み進めていくうちに、
 小学校の先生をしている伊吹の日々の様子が
 ノートから浮かび上がってきて、
 交錯するように描かれていきます。

 この伊吹先生が、すごく素敵でした。
 竹内さんって、正直最近あまり印象よくなくって、
 演技もあまり期待していなかったんですが(スイマセン^^;;)、
 そんな事前の思いこみは見事に払拭されました。
 この映画自体、主演こそ沢尻さんってなってるけど、
 竹内さんと伊勢谷友介さんの好演あってこそ
 成り立っているといえるんじゃないかな。
 沢尻エリカちゃんも、もちろんよかったんだけど、
 私の印象では何より竹内さんでした。

 絵に描いたような「素敵な先生」像って、
 「けっ、うそくさー」みたいに見えてしまうと
 そこですべて台無しだし、
 くせのある役よりも、かえって難しいとも
 思うんですよね。
 その点、竹内さん、すごくよかったです。
 もうあの笑顔を思い出しただけで、
 泣けてくるくらいですよ・・・(;_;)

 香恵が惹かれる石飛リョウ役の伊勢谷さんも
 飄々としつつも優しいって感じがぴったりで
 なかなかよかったです。
 「ハチクロ」のときみたいな、
 私の好きな感じの伊勢谷テイスト。
 ああいう人、実際いたらモテそうですよねー(笑)

 観る前は、
 「主題歌の力に頼ってるようだと、
  ちょっとがっかりだなー」
 なんて思ったりもしてたんですが、
 そんな心配は杞憂でした。
 主題歌もよいけど、映画もよかったですよ。
 ある意味ありきたりともいえるストーリーだけど、
 「心」の大事な部分を丹念に描いていて
 じわーっと沁みてくるところがありました。

 元気が足りなかったり、何かにくじけそうなとき、
 「胸をトントン」で
 力が湧いてきそうな気がします^^


 TOP PAGE  ブログ検索☆BITZ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無銭優雅/山田詠美 [Book] | トップ | 初恋 [Movie] »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伊勢谷 (kossy)
2007-10-14 20:30:31
最近は出ずっぱりというか、かなり多くの映画に出演してますね~
もしかすると彼は恋愛モノ、青春モノが一番似合ってるのかもしれません。そんな気がします。

俺はタバコを吸いすぎて胸が痛くなってきたときにトントンとやっちゃいます・・・肺がん?
こんばんは♪ (ミチ)
2007-10-14 22:18:54
竹内さんってそれほど買ってる女優さんじゃないのですが(暴言!)、この作品の中の伊吹先生はすっごく良かったです。
なによりもあの笑顔ですよね~。
中村獅童とのゴタゴタなんてすっかり忘れさせるような爽やかさでした(爆)
伊勢谷クンは芸術家の役が似合いますね。
たしかに! (miyukichi)
2007-10-14 22:51:52
>kossyさん

 ほんと、伊勢谷さん、出ずっぱり状態ですよね。
 話題作にほとんど出ている印象です(笑)

 青春モノ、合ってますねー。
 ちょっと自由人、バンカラ系な感じの役が
 私は好きかも^^
 (まさに今回の役とか、ハチクロとかです)

 タバコの吸いすぎでトントンって・・・^^;;
 おいおい!!(笑)
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-14 22:58:17
>ミチさん

 私も暴言にけっこう同意だったりします^^;;
 でも、今回の伊吹先生はよかったですよねー。
 自分で「(下の名前の)伊吹先生って呼んでね」とか、
 「伊吹賞」とか、自分に酔っちゃってる熱血タイプなのかと
 最初は少々警戒しながら観てたんですが、
 途中からは「あー、ほんとにいい先生なんだなぁ」って
 観ていてあたたかい気持ちになっていってました。
 ほんと、あの笑顔には、
 一連のゴタゴタなんて別にどうでもいいや、って
 思わされました(笑)

 伊勢谷さん、芸術家の役は、
 本人もやりやすいのかもですね。
 デッサンしてるときとか、
 サマになっててカッコよかったです。
うーん (yukki)
2007-10-14 23:44:52
騒動はさておき、
予告編と主題歌だけで
おなかがいっぱいになってしまい
だいたいのストーリーを
予想してしまうのもあって、
これは見ないなぁと思っていました。
私も竹内さんのイメージがあまり
よくなく(その原因はあるのですが
話が長くなるのでおいておいて^^)
それも見ないと決めてしまった一つ
の要因でしたが、
彼女、意外とよかったんですねー。

めざましで沢尻さんがゲストにきたときに
ちょうどその日が大塚さんの誕生日で
彼女が映画で使ったという万年筆を
大塚さんにプレゼントしていましたよ。
めざまし (miyukichi)
2007-10-15 00:19:27
>yukkiさん

 めざましは、見てましたよー。
 正確には、朝の支度しながら「聞いてた」ですが^^;;
 大塚さんが「沢尻会」とか言い出すので
 ちょっとひやひやでした(笑)
 万年筆、プレゼントしてたのは
 見逃して(聞き逃して)たみたいです。

 主題歌、たしかにジャンジャン流れてますね。
 一時期、頭でずっと回ってました(笑)
 YUIちゃんは、「タイヨウのうた」以来好きなので、
 よけいにかもしれませんが。
 でも、映画ではエンディングでしか
 流れてなかったですよ。

 予告のイメージと、映画とは、私は違ってたので
 観てよかったと思いました。
 たまたま今日、TOHOシネマズが1,000円均一だったので
 観ようと思ったんですけどね(笑)
 
 竹内さん、かなりよかったです。
 イメージというか、評価が変わりました。

 映画自体も、くさいっちゃくさいけど、
 やさしい気持ちになれる映画だと思うので、
 気が向かれたら、観てみてくださいね☆
Unknown (たーくん)
2007-10-15 00:32:54
竹内結子さんだからあのトントンも笑顔もよかったのでしょうね^^
ただ作品としては。。彼女が主演だったらよかったのに。
こんばんは。 (さとりん)
2007-10-15 00:33:47
コメント&TBありがとうございました。
この映画で竹内結子のイメージが変わりました。
数年前のドラマでは鼻にかかった演技というか
どうも好きになれない時期があったんで。
それが変わってました。
これから歳を重ねるにつれ良い女優さんに
なるのかなと思いました。
沢尻エリカは普段のイメージ邪魔したのか
少しエリカ様っぽく感じた箇所もありました。
映画自体は騒動が無ければ酷評までは
されなかったのだろうなと。
胸トントン (Prism)
2007-10-15 01:33:30
制作者側の狙いだとしても、チョットした時に、
胸トントンをやってしまいますw

エリカ様を始め、色々な言われようをしていますが、
映画を鑑賞後、気分が良かったという事は、
竹内さんと胸トントンのおかげかもしれませんw

わざわざコメントまでくださって、ありがとうございました。
こんにちは~ (hito)
2007-10-15 12:59:58
TBありがとうございます!!

ごめんなさい~こちらかのTB入らないようです・・

竹内結子さんのファッションや髪型がちょっとレトロでしたね、かなり前のことかと一瞬錯覚してしまいそう。

原作も近いうちに読んでみようと思っています!
アミーゴ (yukki)
2007-10-16 01:22:50
「沢尻会ってほんとにあるんですか?」
みたいな質問してたんですよね?
それはたぶん大塚さんではなくて
アミーゴだったと思います。
(↑外回りグルメレポーターの)
沢尻さんは「ご想像におまかせします」
って言ってましたが^^;
アミーゴも「それだったら答えたくない札を
あげてくれたほうがよかった!」
と、自分で聞いておきながら
ヒヤヒヤしてたぽかったです。

私も「タイヨウのうた」以来
YUIちゃんの声や歌が気になりますね。

そか。予告のイメージとはだいぶ違うんですねー。

竹内さんの評価まで変わるとは!
でも私は、実は「ランチの女王」は
好きだったのですよ。
なるほどー。 (miyukichi)
2007-10-17 21:18:54
>たーくん

 竹内さんだから、かー。
 私は観る前は配役に懐疑的だったんですけど、
 観て納得、って感じでした。
 観たうえでいえば、たしかにあれ、
 竹内さんだからよかったのかな、って
 思えますよね。

 実質主演じゃないかなー、と私は思ってますが・・・。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-17 21:30:45
>さとりんさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 竹内さんのイメージ、さとりんさんも変わりましたか。
 私はこれまでの演技どうこうだけじゃなく
 どうも例のゴタゴタがらみのイメージも
 けっこうあったみたいなんですけど^^;;、
 この映画で見直しました。
 今後も注目したいですよね。

 エリカ様、ところどころわざとらしくなるというか、
 なんか妙なくせがついてしまってるような
 気がするんですが・・・。
 でも、「1リットルの涙」以来注目してるので、
 このままで終わってほしくない人です。
 
 映画、酷評されてるんですか?
 けっこう「意外によかった」っていう評価が
 多かったように感じていましたが。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-17 21:34:00
>Prismさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 胸トントン、やっちゃいそうですよねー(笑)
 私も最初は「なんだよ、狙ってるなー」って
 ちょっと斜めに見てたとこがあったんですが、
 途中からは涙ぐんで観てました(笑)

 観終わってあたたかーい気持ちになれるのは、
 伊吹先生の笑顔と、胸トントンが、
 すごく大きいですよね!
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-17 21:53:08
>hitoさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。
 TB、入りませんでしたか。すいません。。

 伊吹先生も、香恵も、
 えらくレトロなファッションでしたよね(笑)
 なので、伊吹先生だけじゃなく、
 香恵のいる時代自体もすごい過去に見えました。

 原作、私も読んでみたくなりました。
 今度また図書館で予約しとかねば^^
アミーゴ?? (miyukichi)
2007-10-17 22:43:01
>yukkiさん

 沢尻会につっこんでたの、
 大塚さんではなかったでしたか。
 アミーゴ、知らないです^^;;
 鈴木亜美ちゃんなら知ってますが(笑)

 「タイヨウのうた」のYUIちゃん、
 かわいかったですよねー。
 あれ観て以来、
 歌を聴いていての印象も変わりました^^

 ストーリー展開はとりたてて奇抜でもなく
 わりと予告どおりなのかもしれませんが、
 竹内さんの好演にやられたー、
 って感じかなぁ。
 私も予想外でしたが(笑)

 「ランチの女王」、懐かしい!
 あの頃は竹内さん、フレッシュでしたよね^^
アミーゴ伊藤 (yukki)
2007-10-17 23:57:56
アミーゴとは、フジテレビの伊藤利尋アナウンサーの
ニックネームです。
私は、平日のめざまししか見ませんが、
めざまし土曜日のメインをつとめているようです。
http://z.la/g5105

映画は来週の水曜、「クワイエットルーム~」と
ハシゴしようかしら。。
ああーー!! (miyukichi)
2007-10-18 00:38:45
>yukkiさん

 伊藤アナかー、どの人かわかりました。
 なんでアミーゴなんでしょね??

 私も土曜はめざましの時間には
 とてもとてもめざめてません(笑)

 そっかー、「クワイエットルーム~」、
 いよいよ次の土曜からなんでしたね。
 忘れてました^^;;
 水曜は(というか平日は)難しそうなので、
 土日に行けたら行こうかな♪
 楽しみですね☆

 ハシゴ、もし気力と体力に余裕があれば、ぜひ♪
こんばんは! (サラ)
2007-10-20 22:37:43
TBありがとうございました。
ワタシもハチクロの伊勢谷さん大好きです
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-20 23:25:27
>サラさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 サラさんも、ハチクロの伊勢谷さん、
 お好きですかー。
 いいですよねー、あのアートな(?)雰囲気。
 あんまりイメージが固定しちゃうのは
 本人にはよくないのかもしれませんけど、
 ああいう役って、すごく合ってる気がします。
こんばんはー。 (Sur)
2007-10-21 00:05:36
TB&コメントありがとうございました!

いや、もうほんと竹内さんじゃなかったら…
って思ってしまうほど良かったですよね、竹内さん。
自分もあまり今まで好きでも嫌いでもなかったんですが、これを観てからは他の作品も観てみたくなりました!

それにしても、やっぱりあの騒動はちょっと残念でしたね(汗)映画の沢尻さんも決して悪くなかっただけに…。
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-10-21 13:13:36
>Surさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 けっこう同じような感想だったみたいですね^^

 伊吹先生の存在、大きかったですねー。
 竹内さん、すごくよかったです。
 ほんと見る目が変わりましたよ。

 例の騒動、あのせいで観ないって人もいるようで、
 それってすごく残念ですよね。
 そういう私も観る気が萎えかけてましたが(笑)、
 観てよかったです^^
Unknown (ケント)
2007-10-21 18:15:35
miyukichi さんありがとう
寒くなったり、暑くなったり、気温が定まらず、とうとう風邪で寝込んでしまいました。
この映画は、ネットの評価が良くないけれど、僕はかなり楽しめましたよ。同じく感動した人がいて嬉しいです。竹内さんはほんとに良い女優になりました。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-21 18:33:53
>ケントさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 風邪、だいじょうぶですかー?
 どうぞおだいじに。

 かくいう私も、実は先週あたまに
 やっぱり体調を崩して、
 ちょっと寝込んでました(笑)

 これ、あんまし評価がよくない印象でしたが、
 観終わってからいろんな方のブログを読んでると
 「意外によかった。感動した」って声も
 すごく多かったんですよ。
 例の舞台挨拶騒動のせいで、映画の評判までも
 必要以上に悪く報道されすぎてるのかも。

 竹内さん、よかったですよね。
はじめまして (かっぱ)
2007-10-21 20:43:42
はじめまして。

コメント、tbありがとうございました。

>伊吹先生が、すごく素敵でした
竹内結子ちゃんの演技が良かったですよね。
優しいくて、でも心が強くて。先生の中の先生。って感じで、でもmiyukichiさんが言うように。
>「素敵な先生」像って、「けっ、うそくさー」みたいに見えてしまう
でも、そう見せない結子ちゃんの演技は素晴しかったですね

石飛さんが伊吹先生の事を忘れられないの分かる気がします。

これからも宜しくお願いします。

こんばんは♪ (miyukichi)
2007-10-21 21:31:28
>かっぱさん

 こちらこそ、どうもありがとうございます。

 竹内さん、よかったですねー。
 理想の先生像を、いやみなく演じていて
 ほんとに素敵でした。

 ほんと、リュウが伊吹先生を忘れられないことが
 すごく自然に納得できましたもんね。

 こちらこそ、よろしくお願いします☆
先生 (kimion20002000)
2008-10-15 00:45:51
TBありがとう。
こんな竹内先生みたいな人がいたら、おじさんはもう一度小学生に戻ってもいいです(笑)
こちらこそ。 (miyukichi)
2010-03-15 21:22:18
>kimion20002000さん
 こちらこそ、ありがとうございました。
 その気持ち、わかります!(女だけど)
 ほんとに素敵な先生でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「クローズド・ノート」他人のストーリーを知った先にみるそれぞれの人生価値観 (オールマイティにコメンテート)
「クローズド・ノート」は雫井脩介原作の映画でとあるアパートに引っ越してきた女子大生が前の住人が残した日記を偶然読んだ事で筆者の歩んだ想いを共有し、その真実を知るストーリーである。今ではBlogなど日記を入力する習慣が当たり前になったが、その数多くの日記の中...
クローズド・ノート (ネタバレ映画館)
マンドリンしながらバイトしてまんねん。
クローズド・ノート(CLOSED NOTE) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
行定勲監督の「クローズド・ノート」(CLOSED NOTE)を訳せば、「秘密のノート」「打ち切られた日記」だろうか。この映画的には、どちらも正解で、竹内結子さんは、つまりそういうことなんだろう。彼女の悲しすぎる結末――。「春の雪」同様、竹内結子には悲恋が似合う。
「クローズド・ノート」ちょっと長すぎ (ももたろうサブライ)
監督 行定勲少しあらすじ 大学生の香恵は引越したアパートで前の住人が残したノートを見つける。そのノートを書いたのは小学校教師の伊吹で、学校での悩み、隆に対する恋心がつづられていた。 香恵はアルバイト先の客でイラストレーターの石飛にひかれる。石飛は窓際に...
映画「クローズド・ノート」を観て (RUN & GUTS)
【09月29日(土)曇り時々雨】 今日封切りの「クローズド・ノート」を観てきた。
クローズド・ノート/沢尻エリカ (カノンな日々)
エリカ様ってば、プロモーションとはいえテレビに出過ぎでしょ。行定監督で138分という長尺、そして過剰な宣伝。こういうのが揃うと経験則上かえって不安になるんですよねェ。そんな風にネガティブなイメージで臨むのも映画をより楽しむ私なりの術だったりもしますケド(照...
映画 【クローズド・ノート】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「クローズド・ノート」 雫井修介の同名小説の映画化。 おはなし:女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引越しした部屋で前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。挟まっていた写真を見ると、前の住人(竹内結子)はどうやら小学校教師らしい。教師志望の香...
若かりし日の気持ちを思い出す●クローズド・ノート (Prism Viewpoints)
ラストの唐突感は、『天国の本屋 ~恋火~』よりもマシだが、 三段跳びの、小さくても重要な「ステップ」を飛ばした感は否めない。 『Closed Note』 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮
【2007-137】クローズド・ノート Closed Note (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 前の住人が残した一冊のノート 覗いてしまった他人の心 彼女の恋 日記の恋 運命の恋が交差するとき── 彼女がたどり着く 隠された恋の真実とは? 私と彼女を結ぶ、 世界でたった一冊の絆。
クローズド・ノート (future world)
‘エリカ様騒動’で、この映画本来の持ち味・面白さを感じることが出来るのか・・・ まぁ、仕方ないか・・・‘不快感’のベールを纏ったままの観賞となりますな。。 一冊の他人の日記~その書き手の想いと自分の現実をシンクロさせて、 巧みな構成で切なく描かれて...
映画『クローズド・ノート』(2回目) (一期一会の彩りを求めて・・・)
今日は、私のホームグラウンド、新百合ヶ丘のワーナーマイカルが10周年ということで1,000円入場日でした。そこで行定監督の『映画がかわいそう』発言を受けて、他の映画ではなく、また『クローズド・ノート』を観て来ましたっ!   (1回目のレビューの時に...
『クローズド・ノート』 (たーくん'sシネマカフェ)
沢尻エリカが不安でしたが楽しみにしていた「クローズド・ノート」。しかも豊洲のシネコンが1周年ということで9/29から1週間、千円で鑑賞できます♪【ユナイテッド・シネマ豊洲】(C)2007「クローズド・ノート」製作委員会監督/脚本:行定勲 原作:雫井脩介 歌:YU...
沢尻エリカさんの似顔絵。「クローズド・ノート」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
●「クローズド・ノート」 例の「初日舞台挨拶の記事」の追記という形で、「クローズド・ノート」の 感想を記事にさせていただきます。 さすがに、あの舞台挨拶の騒動で、映画館に行くのをためらってましたが、 観てきました。観てよかったと思います。面白い作りの映画...
クローズド・ノート [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★★☆ http://closed-note.com/index
「クローズド・ノート」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「クローズド・ノート」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、板谷由夏、田中哲司、サエコ、黄川田将也、永作博美、石橋蓮司、篠井英介、中村嘉葎雄、他 *監督:行定勲 *原作:雫井脩介 感想・評価・批評 等、...
クローズド・ノート (Akira's VOICE)
人も万年筆も出会いを求めている。
クローズド・ノート(映画館) (ひるめし。)
私と彼女を結ぶ、世界でたった一冊の絆。
クローズド・ノート (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  なんだなんだ、凄くいい映画じゃないか! ヤフー掲示板での評価が酷いのは、主演の沢尻エリカに対するイヤガラセに過ぎなかった。しかし沢尻エリカは主役とはいえないね。真の主役は、竹内結子以外の何者でもない。       清楚で心の美しい伊吹先生の役...
クローズド・ノート (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
覗いてしまった他人の心__一冊の日記に隠された、真実。 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。そんなある日、彼女はバイト先の万年筆屋にやってきたイラストレーター・石飛リュウに恋をする。彼は引っ越しの日に、香...
『クローズド・ノート』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『クローズド・ノート』鑑賞レビュー! 私と彼女を結ぶ、世界でたった1冊の絆… ある1冊のノートから始まる 見えない「彼女」と運命のめぐりあわせ… 2007年/日本 公開日::::2007年9月29日(土) 上映時間::::138min(2時間18分) ...
クローズド・ノート  称号:佳作+ (映画細胞~CinemaCell)
教師を目指す大学生の香恵は、引っ越し先で前の住人のノートを見つける。持ち主の伊
あんぱんち最新出演作&エリカ様ご乱心!『クローズド・ノート』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回はあんぱんち最新出演作『クローズド・ノート』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、沢尻エリカ、竹内結子、黄川田将也、山口愛、行定勲監督と主題歌「LOVE&TRUTH」を歌うYUI。以前お伝えした通り、この作品の時修館教育大学マンドリンクラブ 第38定期演奏会のシー...
クローズド・ノート (八ちゃんの日常空間)
でも泣いちゃいました。
『クローズド・ノート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「クローズド・ノート」 □監督 行定 勲□脚本 吉田智子 伊藤ちひろ 行定勲  □原作 雫井脩介(「クローズド・ノート」刊) □キャスト 沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、黄川田将也、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、中村...
「クローズド・ノート」試写会レビュー 太陽の子  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕がこ映画を観てたったひとだけ確かに言えることは、竹内結子は僕の中でこうあってほしい、ということだけだ。
映画では味わえない余韻●クローズド・ノート (原作小説) (Prism Viewpoints)
映画を絶賛した人も、映画に落胆した人も、映画を鑑賞しようか迷っている人も、 一度、原作小説を読んでみる事をオススメします。 『Closed Note』 著者:雫井修介
クローズド・ノート (Thanksgiving Day)
夜時間が空いたので、話題の映画「クローズド・ノート」をすすきのの札幌東宝公楽に観にいきました。 この映画、沢尻エリカの舞台挨拶の件もあって何かと話題になってますよね!ぼくはその前から「観たいなぁ」と思ってたので、前売り券もGETしてたんですよ。ようやく観...
映画『クローズド・ノート』 (頑張る!独身女!!)
他人の「秘密」を覗いてしまったことがありますか。読んでしまった「日記」覗いてしまった他人の心。「日記」の恋に導かれるように彼女の恋がはじまる。恋するときめきも、片思いの痛みも、いつもわかり合えた。でも、読んではいけなかった。決して他人に語られなかった、...
クローズド・ノート (愛猫レオンとシネマな毎日)
実は、公開日に見たのですが、例の「エリカ様騒動」を知って、映画の純粋な感想が 頭から飛んでしまいました。 う~ん主演なんだから、あれはダメですね~ どんなに、いい映画で、いい演技をしたとしても、お客さんが見たいと思ってくれなきゃ 意味ないです。 たとえ...
クローズド・ノート (Schicksal)
初日舞台挨拶に行く予定で急遽行けなくなり、ただニュースを見ると行かなくてよかったのかも...と思いつつも、やっぱり映画としては観てみたいのでクローズド・ノートを観てきた。
mini review 07285「クローズド・ノート」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだことによって、ヒロインが真実の愛に出会うまでを描く感動作。携帯サイトで連載され100万アクセスを突破した雫井脩介の同名小説を基に、1冊のノートによって結ばれていくかけがえのないきずなをつづる。『世界の中心で、愛をさ...
映画『クローズド・ノート』を観て (KINTYRE’SDIARY)
78.クローズド・ノート■配給:東宝■製作年・国:2007年、日本■上映時間:138分■鑑賞日:10月13日、新宿コマ東宝(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:行定勲□脚本:吉田智子、伊藤ちひろ□照明:中村裕樹□撮影:中山光一□録....