みゆきダイアリー「BLUE TREE」

アーティストみゆきの感じたことを気ままに綴ります!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全ての人を好きになる

2008年10月20日 | Weblog
老若男女問わず、全ての人を好きになるというのはなかなか難しい。


私はコンビニの商品の配送センターで働いている。
週代わりで誰がどの仕事をするかが決まっていて、私は先週、あるパートさんと同じ仕事の当番になった。そのパートさんはうちの職場に来て1年以上経ってるけど、1日3時間しか働いていない為、まだ不慣れな仕事も多い。だから私が教えながらやっていたんだけど、少し面倒臭い仕事があって、祝日でお休みだった月曜日を除いて、火、水、木と私がその仕事をやっていた。そのパートさんにもそろそろその仕事をやってもらおうと思い、最後の金曜日に「今日はこれを覚えましょうか」って言ったら「いいわ。私それ嫌い。」と言われてしまった。好き嫌いで仕事をするの?と思い、私は正直カチンときて、冗談っぽくだけど、「そんな…私毎日やってるのに(苦笑)」ってとっさに言っちゃった。私のその言葉を聞いてまずいと思ったのか、一応その日はその仕事をやってくれたけど、その場の空気の気まずい事f(^_^;)私ももう少し言い方があったかなぁ、まずったかなぁと思ったけど、でもやっぱり彼女の言葉を受け入れる事は出来なかった。
その日その仕事をやらなかったら彼女はこの先もずぅっと誰かに任せたままやり過ごして行くだろう。
嫌いだと言い出したら誰だってそうだし、だからこそ当番制になっている。
自分さえ良ければ良いという考え方をする人は悲しいかな正直沢山いる。でもやっぱりそれを黙って見過ごしたくはない。


最初にも書いた「全ての人を好きになる」は前にも日記に書いた、今私がハマっている、連ドラの「夢をかなえるゾウ」でゾウの神様、ガネーシャが主人公に与えた課題だ。
気まずい雰囲気の中、この言葉を思い出し、怒りと悲しみでいっぱいだった気持ちを必死に押さえた。
人に対してだって仕事に対してだって同じ。「嫌い」だと思ってしまったら、その人のいい所も見えなくなるし、仕事も楽しめなくなる。どんな人にもどんな仕事にも魅力的な部分は絶対あると思うから、それを見ようとする姿勢だけは忘れないようにしようと思った。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

コブクロ

2008年10月19日 | Weblog
先日、妹の誕生日プレゼントに買ったコブクロのライブDVDを母と妹と3人で見ました☆
このDVDに収録されてるツアーの名古屋公演に実際に参加していたので、その時の感動が甦ってきました(>_<)
コブクロの曲はメロディーもしかりだけど、歌詞が本当に良くて、その中でも特に素敵だなぁと思うのは、小渕さんの亡くなられたお母様を思って書かれた「蕾」。ドラマ主題歌にもなり、昨年、レコード大賞も受賞されたこの曲を耳にした事のある方も沢山いらっしゃると思いますが、これは何度聴いても泣いてしまいます。これまた小渕さんも涙もろくて(そこがまた素敵♪)毎回、目をウルウルさせながら歌われるので、余計に(/∀\〃)ステージの上の小渕さんと黒田さんの間にいつもお母様も一緒にいてくれるような気がするとおっしゃってました☆ギターの音色もふっと変わる瞬間があるんだそうです。「蕾」を歌う時にしか使わないそのギターの中にはそっとお母様の写真を入れてらっしゃるそうです。本当に素敵です。
さらにコブクロのライブの醍醐味は新曲を何曲かいち早く聴ける事でもあります。前々回と前回のツアーでそれぞれ初披露された「風見鶏」「水面の蝶」は本当に鳥肌が立ち、そして今回のツアーで初披露された「ペテルギウス」。ペテルギウスとはオリオン座の中で一番明るい星の名前だそうで、光の速さで地球から500年かかるぐらいの距離にあるこの星が近年、爆発して無くなってしまったんじゃないかと言われていて、この話を小渕さんが耳にされた時、「今もそこにちゃんと輝いている星がもうないかも知れない。僕達は500年前の光を見てるんだと思ったら、人間も形はなくなってしまっても、思いとかそういうものはずっと残っていくんだ」と思ったそうです。(言葉は正確ではなく、ニュアンスです。)
過去に私自身も亡くなった祖々母の事を思って「夜空の地図」という曲を書いていて、その時の思いとダブって聴こえて、少し切なくなり、また小渕さんも似たような感覚?の持ち主だと分かり、嬉しかったです☆
それからコブクロライブのさらなる見所と言えばMC!!大阪出身の黒田さんのしゃべりは本当に面白くて、2人の掛け合いはまるで漫才を見ているようです(*^o^)/\(^-^*)
黒田さんは照れ屋さんなようで、黒田さん作の新曲の紹介をするように言われても恥ずかしくてもじもじしてしまったり、おちゃらけてしまうようで、小渕さんに怒られてました(笑)(もちろん冗談ですよ♪)
毎回、感動的なお話を聞かせてくれる小渕さん、会場が少ししんみりしちゃったなって時は、すかさず和ませてくれる黒田さん、はたまた力強く導いてくれるような歌声の黒田さん、それに綺麗なハーモニーとギターを重ねる小渕さん、本当に本当にいいコンビです☆これからも付いていきます!!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アスナル

2008年10月12日 | Weblog
今日は親友AKANEちゃんのライブを聴きにアスナル金山に行ってきました☆
1年以上音楽から離れていたのに、本当ついこないだ勇気を出して一歩踏み出した事で、毎日また前のように沢山の音楽に囲まれる日々。本当に幸せだと思いました♪
AKANEちゃんがMCで、「ペットボトルにいれた水に愛してるよって言葉をかけると水滴が綺麗な六角形を作るんだけど、逆にバカヤロウって言葉をかけると水滴はぐちゃっとなってしまうらしいです。言葉って大事だなと思いました。」って言ってました。私も綺麗で優しい言葉で人に接したいなと思ったし、歌詞も今以上に大事に大事に歌おうと思いました☆
今日も音楽の力に感謝の日でした(*^-^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津まつり

2008年10月12日 | Weblog
今日は1年3ヶ月ぶりの復帰ライブでした☆案の定すごく緊張してキーは間違えるわ、ギターも歌も震えるわ、MCも言おうと思ってた事、全然言えなくてただただ反省でした。。。
復帰ライブが決まってから1からではなくゼロから始めるつもりでやろうと思ってたけど、本当にそれを痛感しました。でももちろん楽しかったし、私が歌ってた時間帯はちょうど日没の頃で夕焼けが本当に綺麗でした☆その夕焼けを見ながらswimmerを歌ったら、歌詞とリンクして本当に泣きそうになりました。(歌詞はDISCOGRAPHYをポチッとして頂ければ見れます♪)
今日はすごく嬉しかった事もあって、ライブが終わってから父の知人に聞いた事なんですが、うちの父が「娘が自分に出来ない事をやってる事をすごく尊敬してる。娘のファンなんだ。」って言ってくれてたって。私には面と向かってそんな事を言った事なんてなくて、いつも皮肉を言うか(笑)ダメ出ししかしないのに、そんな風に思ってくれてたんだと思ったらめちゃくちゃ嬉しかった。私が音楽を休んでいた時期はすごく寂しそうだったって。
私が歌をやる事に反対する人も今までいて、すごく悩んでた時期もあったけど、その話を聞いたら、身内に限らず、本当の私をちゃんと理解してくれて応援してくれる人にちゃんと応えたい、もっともっと歌って伝えたい事をちゃんと伝えられる歌唄いになりたいと思いました。

長文で申し訳ないですが、今日はもうちょっと書きたい事があるので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。さっきの話の続きですが、私が尊敬しているあるアーティストさんが言ってた事なんですが、雑誌の記事なので、全文載せられないので、私なりの解釈で書かせて頂きます。一応彼の言葉をそのまま使って抜粋します。
「“この人はウソついてるな”とか“愛情があるフリをしているな”というのは肌でわかる。そんなときはボクも本心で向き合わない。相手からウソでこられたら、ボクは何かを守る為にウソで返さなくちゃならない。ボクも生身の人間だし、本当にやさしくしたい人のためのエネルギーがなくなっちゃうから。こっちがウソで向き合わなくちゃならない相手の生き方はかわいそうだなと思うけど、現実的にウソをつかないで生きていくのはなかなかむずかしい。」
今日はまさしく私はそんな人に出会ってしまい、少ししんどかったんだけれど、この言葉を思い出して、私が本当にやさしくしたい人にやさしく出来るエネルギーを残しておこうと思いました。私にとってそのエネルギーを得るものが音楽なんだと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

2008年10月09日 | Weblog
今日は妹の23回目の誕生日☆まだ23歳かぁ…若いなぁ( ̄▽ ̄;)

プレゼント、何にしようか迷ってたんだけど、たまたま携帯のi.ch見たら、コブクロのDVDが8日発売ってニュースがあって、妹もコブクロファンだからこれにしようと思って、妹の誕生日プレゼントにしては値段がちょっと高かったけど、まあ私も見るし♪(笑)買っちゃいました(*^_^*)しばらく忙しいので、まだ見れてないけど、落ち着いたら妹とこれまたコブクロファンの母と一緒に見ようと思いますo(^-^o)(o^-^)o

そういえば来月、私も一つ歳を取ってしまいます\(゜ロ\)(/ロ゜)/嫌だなぁ(>_<)でも…プレゼントはもう受け付けてます☆(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結果

2008年10月04日 | Weblog
たった今、友達からメールがあり、先日日記で話した先輩バンドが来週ミュージックフェアに出るらしい!!本当にすごい!!嬉しくて即行日記書いてます☆(笑)
直接関係ないのに、職場の人とかに宣伝しようと思ってるミーハーな私♪(笑)
来週は私ライブなので、録画して絶対見よっと☆皆さんも私のライブを見に来て(笑)バッチリ録画して見てみて下さい(*^o^)/\(^-^*)
本当にいい歌なんだよ~(>_<)
やっぱり真摯に音楽に向き合ってる人にはちゃんと結果が出るんだなぁ(*^_^*)私も今いる場所で自分なりに精一杯頑張ろう!!
先輩達に追い付け追い越せだ~o(^-^o)(o^-^)o
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前回の日記

2008年10月04日 | Weblog
前回の日記の中に『人が欲しがっているものを先取りする』というドラマの中でのガネーシャからの課題ですが、文字にするとちょっと誤解を招くかもと思い、ちょっくら捕捉です☆
この課題は人が欲しがっているものを先に横取りするという意味ではなく、また流行に敏感になれという意味でもない。
例えば咳をしている人がいる。その人が今必要としているもの、薬だったり、マスクだったり、そういうものをさっと差し出せる人になれという意味です。周りに常に目を配り、些細な事も見逃すなという課題。

忙しい日々に追われ、自分で一杯一杯になり、周りが見えなくなる事私もよくあるけど、そういう時こそ周りに目を配る事で相手の喜びが自分に伝染して、気持ちにも余裕が出来、また頑張ろうと思えるのだと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢をかなえるゾウ

2008年10月03日 | Weblog
ベストセラー本がドラマ化。面白そうだったので、見てみる事にしました☆

インドのゾウの神様ガネーシャが変わりたいと願う人間に次々と課題を与え、人間がそれを実行し、少しずつ夢を叶えていくというストーリー。以下、ネタバレあり↓↓

まず、最初の課題『靴を磨く』
一見、夢への第一歩とはかけ離れているようだが、メジャーリーガーのイチロー選手は小学生の頃から自分の大事なグローブを皆が帰った後も1人で磨いていた。自分の商売道具を大事にする事が夢への第一歩なのだ。営業マンである主人公にとって靴はまさにその商売道具。

そして次の課題『食事は腹八分におさめる』
“一切の疾病は宿食を本とす”宿食=食べ過ぎ
自分で自分をコントロールする事が楽しくなってきたら生活が変わる。


またまた次の課題『人を笑わせる』
笑いは空気を変える。笑いがあればいいアイデアも生まれるし、やる気も出る。楽しい気持ちでいれば自然と笑いは生まれる。


『まっすぐ家に帰る』
キュリー夫人は家事や子育て中、主婦の仕事を終わらせた後に実験や研究をして、その結果、ノーベル物理学賞とノーベル科学賞をWで受賞した。
仕事が終わった後の時間は自分が成功していく為に自由に使える1番大事な時間。


『その日頑張った自分をホメる』
ホメていれば頑張る事が楽しくなる。楽しくなればそれが普通になる。
1日の終わりは頑張れなかった自分を責めるんじゃなく、自分をホメて終わる。
以下省略
『人の長所を盗む』
『人が欲しがっているものを先取りする』
『毎朝全身鏡を見て身なりを整える』
『コンビニでお釣りを募金する』
『トイレ掃除をする』
『1日何かをやめてみる』『夢を楽しく想像する』
『ただでもらう』
『サービスとして夢を語る』


『運がいいと声に出して言ってみる』
エジソンが何度実験に失敗してもその失敗をした事でまた一歩成功に近付いたと言っていたんだそう。どんなに辛い事があってもそれを続ける事で脳が本当にそう感じるようになり、新たな何かに気付ける。


まだまだ沢山ありますが、紹介しきれないので、最後にこの2つ

『やらずに後悔している事を今日から始める』
『毎日感謝する』

些細な事をちょっとずつ意識するだけで、大きく未来が変わる。そんな気がしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先輩

2008年09月28日 | Weblog
つい先日たまたま買った雑誌に、私の専門学校時代の先輩バンドが載っていました。もうメジャーデビューもされていて、頑張ってらっしゃる事は度々耳にしていたけれど、セカンドシングルが映画の主題歌に決まったそうです。それからここ数日間、TVで何度も彼らの歌やMVが流れているのを目にしました。本当にすごい。

専門時代何度かライブに伺った事があり、大好きなバンドです。曲が本当にいい。心の底から溢れ出しているような歌詞が特に好きです。挨拶を交わす程度しか交流はありませんでしたが、自分の身近な人達が夢を叶えているのを見れて本当に嬉しかったです。私も追いつきたい。

今日もまた音楽に救われた日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EXILE

2008年09月27日 | Weblog
今日は金スマでEXILE特集をやってた。EXILEの音楽を今までちゃんと聴いた事がなくて、彼らの事も全然知らなかった。

今でこそトップア-ティストに君臨し、すごく華やかに見える彼らにも不遇の時代というのがあって、EXILEになる前のグル-プの解散、リ-ダ-が25、6歳の頃。EXILEになってからも30歳にして月給6万の日々、でも何としてもEXILEを世に出したいという彼らの強い意思、努力、そして彼らを支えている人達への感謝の気持ちの大きさに心の底から感動した。

その後もボ-カルの脱退、メンバ-の病、そしてお父様の死など沢山の試練を乗り越えてずっとトップに君臨しながらも現状に満足しない彼ら。本当にすごいと思った。
今もなお、病と闘ってるメンバ-MATSUさんがこんな事を言っていた。
「病を抱えながらEXILEをやっている事は僕に与えられた使命。同じように苦しむ人達が自分も頑張ろうと思ってくれたり、勇気をあげられたらと思う。病は僕の個性だと思っている。」

今年25歳になる私。今まで公にしてこなかったけど、10年間心の病を抱えています。だけど、こんな私にも歌で何か伝える事が出来たらと改めて思いました。

沢山の試練は全て必然。
彼らのおかげでまた頑張ろうと思えました。ありがとう。ファンになってしまいました☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

価値観

2008年09月26日 | Weblog
少しずつ少しずつカサブタになりかけてたのに。

人によって傷が癒えるスピ-ドって違うと思うんだ。

彼にとって私はもうどうでもいい存在なのかも知れないけど、私にとってはそうじゃない。もう一度あの頃のようにとはいかなくてももう少し配慮が欲しかった。見たくなかった。正直、私へのあてつけかと思った。それならそれで仕方ないけど。

いつか、価値観の似た人と無理なく幸せに過ごせる日が来るのだろうか。
その為には自分磨き。
相手は自分を映す鏡だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お墓参り

2008年09月22日 | Weblog
お彼岸という事で、今日はお墓参りに行ってきました。
私が人生のタ-ニングポイントに立たされた時、毎回見えない力にふっと背中を押してもらっているような気がします。
科学的な根拠はないけど、それによって驚く程頑張れている事は事実。その事に日々感謝です。
数々のご先祖様のおかげで今、私はこうやって生きていられます。

今は何やらネットでお墓参りが出来るそうな(~_~;)
忙しくてなかなかお墓参りに行けない人とか実際にお墓を建てられない事情がある人とかの為なんだろうけど、私は正直う~ん…って感じだなf(^_^;)
某有名な歌にあるように、お墓の中に魂が留まってはいないのかなって私も思ったりするし、風になって大きな空を吹き渡っているっていう考え方もすごく素敵だと思う。でもやっぱりお墓がこの世とあの世を繋ぐ目印というかそこに実際に時間や労力やお金を使って足を運ぶ事に意味があると私は思うな。
まあでも最終的にはどんな方法であれ、ご先祖様への供養や感謝の気持ちが一番大事だよね。

ご先祖の皆さん、これからも力を貸して下さい。
いつもありがとう。

今日は何だか哲学的?な日記になっちったな(-_-;)
すいませんm(__)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野外イベント& お知らせ

2008年09月21日 | Weblog
今日は10月のライブの打ち合わせも兼ね、地元で定期的に行われている野外イベントをチラッと聴きにいってきました〓

もう夜はずいぶんと涼しくなって、夜の野外にもってこいの季節になりました〓
懐かしいお顔にもチラホラとお目にかかれたし、いろんな方の歌を聴いていたら、遠回りしたけど、私また歌えるんだ、歌っていいんだって思って、涙が出ました〓
辛い事もあるけど、日々起こる事、感じる事にはちゃんと意味があるんだなと改めて思った1日でした〓

さてさて、10月のライブ、11日に出演が決定致しました〓時間などはまた追ってお知らせ致します〓〓
お楽しみに〓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復帰ライブ

2008年09月15日 | Weblog
すごくすごく久しぶりに更新。ちゃんと更新されるのか、どれだけの人が見てくれてるのか分からないけど、試みてみます。
今日は出産、育児の為、音楽活動を休止してた親友が1年半ぶりに野外ライブをするという事で見に行って来ました。
休止中もちょくちょく会ってはいたけれど、まさに母は強しで、どんどん素敵になっていく彼女もさすがに今日はすごく緊張していたみたい。そりゃそうだよね。1年半ぶりだもん。でも彼女の歌は相変わらず優しくて、彼女が好きだと言っていた会場から見える青い空と重なって泣きそうでした。

私も色々あって1年3ヶ月、音楽活動を休止してました。休止中、もうこのまま一生人前で歌う事はないのかもと思った事もありました。活動休止は自分にとって大事なものを守る為だったから。でも、やっぱり歌わない日々にずっと違和感を感じてました。ただ、一度離れた音楽にもう一度足を踏み入れる勇気がずっと出ませんでした。
何処に向かって、何の為に歌えばいいのか分からなくなってました。もやもやした気持ちを抱えながら数ヶ月が過ぎました。でもある時、本当に自然にまた歌おうという決心がつきました。休止前の私はいろんなものに気負いし、大事な事も見失いがちになり、大好きな歌も歌いたくないと思ったりしてました。でも離れてみて初めて、私にとって音楽は本当に本当にかけがえのないものなんだという事に気付きました。
目の前にたった1人でもいい、私の歌を聴きたいと思ってくれる人がいるなら、何処へだって行こう、何処でだって歌おうと思いました。
そんな私がずっと愛し愛され25年間育ってきた町で、10/11(土)、12(日)(片方、もしくは両日。津まつりにて。)復帰ライブをする事になりました。この一歩を踏み出すのに随分時間がかかってしまいましたが、今日までのどの瞬間も決して無駄ではないと思っています。そしてこれからの日々も無駄にしないように一生懸命歌っていきますので、ぜひとも応援してやって下さい。
まずは、ぜひぜひ復帰ライブ聴きにきて下さい。
長文になりましたが、最後まで読んで下さってありがとうございました。

2008.09.14 みゆき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンマン

2007年03月25日 | Weblog
夕べのワンマンライブ、見に来て下さった方々、遠くから応援して下さった方々、そして一緒にステージに立って下さった方々、本当に本当にありがとうございました!
準備の段階でやっぱり辛くてしんどい事もいっぱいあったけど、でも昨日歌いながら“あー私はこの瞬間の為に歌ってるんだなぁ”と心の底から思いました。それもこれも支えて下さっている皆さんのおかげです!本当に本当にありがとうございました!
しばらくこれからの自分の人生をゆっくり考える為にライブ活動はお休みします。
自分らしく精一杯毎日を生きようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加