雪降る街 カムイラピットの楽園 こな雪 ぼた雪 あられ雪

けっぱれラピット、どろ亀さんに負けるな。ウサギとカメとの競走です。随想、旅行記、日記など、雪の降る街からのお便りです。

山菜美味しい春の季節。「行者ニンニク」に「こごみ」、そして「小豆菜」

2017-05-16 09:58:55 | 草花

「山菜三昧」

北海道医療大学の人気講座、漢方・薬学講座の参加者が話していました。

耳を傾けると、ヨモギ餅作りの話の様です。「道端近くのヨモギは汚く感じて、なかなか良い場所がありませんね」という話です。

春一番の山菜は「ヨモギ」の若芽ですものね。

ところでヨモギ餅のヨモギはどうやって繊維をこまかくするのでしょう。

話に加わらせてもらって聞いてみると、「すり鉢に入れてすりおろす」のだそうで、「それに餅粉などを混ぜて蒸す」のださうです。

それなら、ミキサーに入れて繊維を切りはなしてはと思うのですが、まだ私も実験していません。

講座の帰りに、当別駅前の「ふれあい倉庫」にいつものように立ち寄りました。

こごみ

独活、根の所が美味しい。

小豆菜 ユキザサ

まだ、春早いために、野菜などの品にはめぐりあえませんでしたが、この時期の山菜が置かれてありました。

「こごみ」に「小豆菜」(あずきな)に「うど」に「行者ニンニク」でした。

「へぇー、こんなに高い値段で販売している」のと、驚きました。

午後2時はを回っていた時間帯なのに、山菜だけが残っているのです。買いに来る人も他店からみて高いと感じるからなのだと思います。

野山によく出向くカムイラビットにすれば、当然買うはずもありません。

当別とは言いながら、札幌の人もよく買いに来る店の様ですが、やはり高く感じる値段のようでした。そうは言っても、新鮮さは抜群です。

山菜が並ぶ店なんて、ほほえましいではありませんか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節は移ろい エゾエンゴサ... | トップ | 札幌ラーメンショウ2017に ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。