雪降る街 カムイラピットの楽園 こな雪 ぼた雪 あられ雪

けっぱれラピット、どろ亀さんに負けるな。ウサギとカメとの競走です。随想、旅行記、日記など、雪の降る街からのお便りです。

襟裳岬 荒波うさぎ跳び カモメが集う 

2016-10-29 10:23:26 | 自然

「襟裳岬風速22メートルの中で撮影」

27日(木)、28日(金)と襟裳岬に行ってきました。

ホテルの風呂で出会った人は、「襟裳の春は何もない春ですと言いますがね 秋の襟裳岬も何も無いですね」と感想を言います。

岩見沢から来ていた人ですが「前から襟裳に来てみたいと思っていて、ようやく身体が空いたので実現出来たのです」とのこと、ツブの料理が食べたいのでホテルに聞くと「ありますよ」とのことでやって来たのだと言います。

襟裳のツブは高価ながら大変おいしいですものね。

「何も無い秋」と言いますが、この日は強風が吹いて、白波が立ち「ウサギさん(白波)が綺麗」でした。

強風に体が持っていかれそうになりながら、岩に白波の立ち上がりしぶきの上がる様や、カモメの風除けで集まる風景を思う存分撮影して、ホテルの湯船につかったのですが、風呂で出会った人の「秋は何も無い襟裳です」とは大変違う良い思いをしたカムイラビットの一日だったのです。

この日風呂で出会った人の襟裳の感想を聞くだけにして、こちらの襟裳に寄せる思いを語ることなく別れました。

好い日旅立ちと言いますが、本当に素敵な襟裳行きの撮影の旅となりました。

「強風よ有難う」という思いの感謝の一日でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癒しの秋 からし色も最高 ... | トップ | 耶馬渓の名は 日高路にも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。