雪降る街 カムイラピットの楽園 こな雪 ぼた雪 あられ雪

けっぱれラピット、どろ亀さんに負けるな。ウサギとカメとの競走です。随想、旅行記、日記など、雪の降る街からのお便りです。

魅惑の コウライテンナンショウ マムシグサ

2017-07-14 21:13:06 | 山野草

「マムシグサ」

秋には真っ赤(橙色の)な実を付けて、これも魅惑的です。

もともと「コウライテンナンショウ」と名前を覚えていたのですが、いつの間にか「マムシグサ」の名に置き換えられていました。

コンニャクの茎の肌と同じで、何かマムシの肌と色合いがそっくりです。その為にマムシグサと言われるようになったらしいのです。

山菜の本には「食べられない植物」にあげられていますが、アイヌは、「毒の部分を取り除いて食べた」といいます。

 上の写真は2016.05.08のマムシグサです。北海道医療大学の里山で撮影。本当にマムシの肌にそっくりです。

なんと気持ちの悪い感じの芽出しです。

更に花をもたげてきますが、これがまたマムシの頭をもたげたようにヌウーット出ているのですから、何とも言えない雰囲気の植物なのです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百合が原公園 赤・白・橙・... | トップ | ヒルガオ咲いた 並んで咲いた  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。