雪降る街 カムイラピットの楽園 こな雪 ぼた雪 あられ雪

けっぱれラピット、どろ亀さんに負けるな。ウサギとカメとの競走です。随想、旅行記、日記など、雪の降る街からのお便りです。

北海道の春 百花繚乱

2017-05-13 11:49:55 | 草花

「春はたまらなく楽しい」

春一番最初に咲く花は?・・・ それはフクジュソウでしょう。

庭に一番に咲く花は?・・・・ それはレンギョウかな。いや、エゾツツジかかかもしれません。

ヤマの麓で咲く木は?・・・・ 際立っているのはキタコブシの白い花です。エゾヤマザクラと競って咲きだすので、郊外にでるのがたのしくなります。

郊外の野原の花は?・・・・ それはエゾエンゴサクかな、カタクリかな。やはりエゾエンゴサクの花の方が先ですね。

などと考えていたら、何と周りを見渡すといろいろの花で野山を彩っています。

5月に入るとどの花が先で、どの花が後かもわからなくなります。

日当たりの違いでも違いますし、土地によっても違いますからよけいです。

5月中旬になると、エゾエンゴサク、カタクリも消えて野の花は交代時期に入ります。

この頃は、マイヅルソウやクルマバソウの白い花も咲き始めました。

春の花たちは咲き誇って花を咲かせ、昆虫たちを誘い、子孫を残すことに専念します。

☆「春黄(紅)葉」

 

神居古潭近くの5月10日の山の様子。キタコプシと他の木々の新芽は美しい。

10日に旭川まで知人の偲ぶ会で、そして12日は赤平まで町内会の旅行で行きました。野山は一気に芽吹いて最高の風景でした。特に目立ったのは野山が紅葉しているのです。

「春紅葉」とはまさにこの季節の野山の様子を指すのでしょう。木の種類によっても違いますが、部分によっては一面が紅葉した小山になっているのです。カツラ、柏、桜の木が多いからでしょうか。

5月中ごろが「春紅葉」の季節です。やなぎやシラカバなどは芽吹きから緑で紅葉がかりません。

春紅葉の季節が過ぎると全山新緑に変わります。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戸田記念公園(石狩市・厚田... | トップ | 季節は移ろい エゾエンゴサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。