雪降る街 カムイラピットの楽園 こな雪 ぼた雪 あられ雪

けっぱれラピット、どろ亀さんに負けるな。ウサギとカメとの競走です。随想、旅行記、日記など、雪の降る街からのお便りです。

ミモザの花 蕾のふくらみが楽しみ

2017-01-30 22:40:29 | 樹木

「ミモザの花の季節が真近に」

「百合が原公園(札幌市北区)に連れて行ってほしい」と何日も前からラビ妻に言われています。

そう言えば、ミモザの花が咲く季節が近いからなのです。

ボランティア先で、手がけているミモザの植木が蕾が膨らみだし、百合が原公園の温室のミモザの花の咲きごろを参考に見たいらしいのです。

明日、31日(火)には見に出かけることにしたのです。

百合が原のミモザの木は温室一杯に伸びて、花が咲きだすのを楽しみにしている市民も多く居ます。見に来ている人たちの感心を一手に受け止めて咲き誇るのです。

黄色の花は市民に幸福を与えてくれることでしょう。

★ ミモザの花は3月に花が咲きます。花は長持ちします。

★ 今日、30日は日程に都合をつけて札幌の奥座敷と言われる「定山渓」に行っておりました。木々は雪を着ていて白く色づけられて、冬の景色もきれいなものです。外の空気は冷たいものの、いつもは味わえない雰囲気がつくられていました。

昨年暮れから、この何か月か定山渓温泉に行っているが、季節の移ろいを感じてドライブするのも良い物です。

心配する雪道も、今年は幸いに雪も解けていて、運転もしやすく、一日が楽しめました。

前に定山渓に来ていた旅行客と話した時、スキーツアーでの宿泊は驚くほどの安さとして聞いたことかあります。

冬は泊り客確保に工面しているからでしょう。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大相撲より 学ぶ 人生「七... | トップ | 日本は火山国 美しくもあり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。