雪降る街 カムイラピットの楽園 こな雪 ぼた雪 あられ雪

けっぱれラピット、どろ亀さんに負けるな。ウサギとカメとの競走です。随想、旅行記、日記など、雪の降る街からのお便りです。

日本一の蕎麦畑 幌加内町

2017-06-08 21:28:52 | 

「蕎麦は幌加内」

あるミステリーの旅の一コマです。京都から天ノ橋立に向かう旅の途中、兵庫県の「出石」(いずし)に立ち寄りました。

出石は古い街並みで見どころがありました。

添乗員さんが「出石はソバの美味しい所です」といい、街歩きの時間を割いて「ソバを食べる」といいます。ソバでは全国に名が知られているようです。

私達も大のソバ好きなので、ソバ屋に入りソバを注文しました。まもなくソバが運ばれてきたので、この「そば粉は何処で採れたものですか」と聞くと「北海道のものです」といいます。

「北海道の何処産ですか」と聞きかえしましたが、産地の町の名は出てきませんでした。

有名な出石町のソバ屋なら「北海道の〇〇産のそば粉を使っています」と答えるであろうと思っていたので、ソバの味が半減した思いでした。

ソバの味をソバ粉の産地で味を決めている自分があるのです。

ソバの作付け面積全国一を誇るのは、北海道上川管内幌加内(ほろかない)町なのです。ソバの花の咲く季節に幌加内町の国道275号を通ると見事なまでに白色の畑が展開します。

ソバの花は清楚で魅力的です。今年幌加内の温泉で土地の農家の人と話す機会があって、ソバ作りは手間があまりかからないとのことで200ヘクタールの大半はソバ畑だそうでした。

幌加内を通る時は、必ず町の中心部で「幌加内ソバ」を食べることにしています。それがまた楽しみなのです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビワの葉、実が癌には効くら... | トップ | これは見事、満開のツツジの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。