雪降る街 カムイラピットの楽園 こな雪 ぼた雪 あられ雪

けっぱれラピット、どろ亀さんに負けるな。ウサギとカメとの競走です。随想、旅行記、日記など、雪の降る街からのお便りです。

蠅取りガラス器 ようやく見つけた

2016-09-15 11:56:46 | 草花

「蠅取りガラス器」

この頃は長い事使った覚えはないのですが、戦後でしょうか、昭和20年代にガラスで作られた「蠅取り器」がありました。私の小学校4年生の頃でした。

蠅取り器は、魚を取る仕掛けの「ドウ」を蠅取りに応用したようなものでした。

匂いに誘われた蠅が器の下に入り、飛び上がったところ外に出れず、もがいている内にまわりの水に入りおぼれ死ぬという具合です。

蠅取りガラスの器(蠅取り仕掛け)

私は当時毎朝小さな滝の下に魚取りの仕掛けをかけていて、かかった小ブナを蠅取り器の周りの水に放し飼っていましたので、おぼれ死んだ蠅は小フナの餌になっておりました。

この「蠅取りガラス器」はその後長い事見ることはありませんでした。ガラスで出来ていたので壊れやすかったことが姿を消したことにつながったのでしょう。

この蠅取りガラス器がこの度アイヌ語地名研究会「アイヌ語地名探訪」の下調べに出向いたおり、「浜益郷土資料館」(石狩市)にて、この器を見つけたのです。

懐かしく昔を思い出しました。同年代の人も使用したと見えて話が合いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたは「ガガイモ」なの ... | トップ | 千本ナラ 石狩市浜益 送毛  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

草花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。