ハゲ・クラークの日記

ビーグル、チワワとレーシングカートの日記、グルメも有りかな。
F-1大好きな親父のブログ。

車に興味の無い人には、つまらない話し

2017-06-22 16:53:06 | レーシングカート
先週に行った旅行の続き



自動車博物館、僕は2回目で、今回も僕と兄貴(車好き)は盛り上がったけど・・他はそうでも無い場所


そこに展示されていた車で、僕との思いでが有る車を載せてみます

古い順番で書いていきます、最初はホンダの軽トラック、T360(タイヤは勿論普通の)




これは長男、次男用に2台買いました、販売はされませんでしたが、ホンダスポーツS360のエンジンを利用したトラックです

360㏄で4気筒DOHCエンジン、4本たこ足エキゾースト、4キャブレターと完全にスポーツカーのスペックです

2台目に買った車は、すでに改良され、シングルキャブレター、一体エキゾーストとなっていました

1台目の4キャブレター車は、毎日の朝にキャブレター調整をしなければエンジンが愚図って大変でした

シフトチェンジはハンドルの右側に有って・・これは左ハンドルを意識したんだろうか?

当時の軽は18馬力くらいでしたが30馬力を発生、しかし高回転過ぎて街中では力不足でダメなエンジンでした



三菱の軽トラック、ミニカ(写真は後期型)




ホンダT360が2台有った時期に親父が買った車です

初めて車を作ったホンダと違って、経験の多い三菱の車は調子が良かったです


兄達がホンダ、三菱を競争させましたが、結果はスタートからミニカがダッシュして勝ち

ホンダは長い距離を走れば勝てますが、街中では無理

このミニカは長い間、親父が仕事で使っていました



トヨタ・カローラ初期型




家族での乗用車として買った車で、先に書いたホンダ、ミニカと同じ時期に有った車です

先にニッサン・サニーが発売され、少し遅れて、隣の車が小さく見えます(サニーに比べ)って言うコマーシャルで出たきたカローラ

人気は、圧倒的にカローラが勝っていました、現実に車自身もカローラが勝っていました



ニッサン・サニークーペ




これは長男が買った車で、当時はかなり高額な車でした

デザインは素晴らしかったんですけど・・・車そのものは酷い作りで

カローラが勝っていましたって言えるのは、両方とも乗っていたからです


この車は、一番思い出が深い車なんです

長男が広島に出張に行っている間に、次男が車を勝手に改造して暴走していました、サーキット族って時代

長男が帰って、怒るより一緒に暴走となりまして・・名古屋、緑地公園で転倒


それを機会に改造をエスカレートさせて当時流行っていたジムカーナに参戦

そのサニーを改造したのが、当時16~7歳の僕なんです


シャーシーの改造、エンジンのチューニング、たこ足エキゾーストの自作などなど

ハッキリ言って・・僕は天才って自分では言えます

だって、中学を卒業したばかりの子供が、ほとんど一人で改造していたんだよ


エンジンが組み上がって、ならし運転に、当時工事中だった国道23号に向かったんだけど・・・

家から出て、アクセルを少ししか踏んでいないのに、永遠とタイヤが空転してしまうほどのパワーが有りました


そのサニーは、ジムカーナに参戦して最初から優勝を争いました

当時は150台くらい出ていましたから、大変な成績でした


ジムカーナでは物足りなくなってくれば・・・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年寄りは限界が早い | トップ | ガラケーは何処に行ったんだい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿