ハゲ・クラークの日記

ビーグル、チワワとレーシングカートの日記、グルメも有りかな。
F-1大好きな親父のブログ。

命の連携プレーは素晴らしい

2017-04-04 18:35:03 | レーシングカート
事故に遭遇しました




今日、大府市に仕事に向かいました・・が、

大府に向かう時は農免道路を使います、一本道で信号も少なく、早く行けます


今日も順調に走ってましたが、後ろから救急車が来ました

左に寄って車を止めると・・・救急車も僕の前に止まりました


周りは畑で、なんにも無い場所なんだけど・・・

すると、前(大府方面)からも救急車が来ました、どちらもドクターカーです

大府方向から来た救急車に半田方向から来た救急車から医者らしき方が乗り換えました

で、半田方面に向かって行きました(たぶん?半田病院)

たぶん?大府側に専門医が居なく、半田から専門医を乗せて合流したと思います


半田に着くまで待つ時間が危険と考え、早く専門医に見せる為に大府方面に向かい合流

こんな光景を初めて見ましたが・・命を救うために・・良い判断だと思います


そのまま大府に向かいましたが・・渋滞しています

いつも渋滞する交差点があるので、しかたないかって思っていたんですけど

山を越え、見えたのは事故現場

あ~・・この患者なんだな


事故は見通しの良い畑の中の交差点で、僕が走っている側が優先です

事故の感じからして、脇道から一旦停止しないで出た軽自動車に4トントラックがぶつかった

で・・やっぱり軽自動車には、枯葉マークが(正式名称を忘れたんですみません)

見通しが良く、自分が止まれって判っているとは思います・・が


僕も、何度も目撃していますが、老人は周りを見ていません、自分が進む事しか頭に無いようです

信号が赤だろうと、他の車が来ていようが・・まったく見ていません


かく言う、僕の父親もそうでした

本人いわく「信号なんて見えないから周りが動いたら動く」って


老人の方も、車が無ければ何も出来ないし困るのは判ります

ですが、周りを危険な思いっていうか、危険にさらしている事は現実です


70歳を過ぎたら、免許の更新は毎年にして(実走テストの成績で年数を決める)実技を必ず実施

危ないと思う老人からは免許を取り上げる事をしないと・・・・


最近の老人の事故の多さは、かなりの問題だと思います

一番の問題は・・それで殺された方の家族の気持ちなんじゃないでしょうか
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衰退していく物と成功していく物 | トップ | エアコンを2台貰ってきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿