谷津・津田沼 地元で48年!不動産会社の社員日記

お客様に必要とされる会社を目指し、毎日、仕事に励む個性豊かな面々による社員日記です。

となりの紫陽花とシダっ

2017年06月17日 | ちずこ

 今日は、太陽が結構出て暑かったですね

谷津の本店のとなりの公園のあじさいが、

雨が恋しいかんじ

        

 

本店入り口の大きな庭石の下から

あの   《つりしのぶ》   

 みたいなシダーーーーー

岩や樹幹に着生するシダ植物

はるか昔、中学生の理科でやりましたよ。

シダ植物とコケ植物とか・・・・・

「光合成できること」

「胞子でふえること」とか

 

シダ植物は葉、茎、根の区別がかなり独特で、

普通の植物でいう「茎」が「葉」

増え方が独特

種子を作らない。種でふえるのと違う

 

*シダ(造胞体)の葉の裏面に多数の胞子のうからな胞子嚢群ができ、

 胞子のうのには沢山の胞子。

 この胞子が発芽して前葉体となる

 

要は、胞子は種子でなく、新しい個体を生む卵みたいなもの

 

葉の裏にあるある。

びっしり

昔、シダの葉っぱを、理科のノートに貼り付けた記憶が

あるある 

 

 

www.miyokawa.jp   

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 習志野情報へ

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習志野市谷津1丁目 貸主物... | トップ | 外来生物の上陸 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL