歳を重ねると楽しいとか賢くなるとか・・・・みんな戯言なんだよ。

感じるままに、赴くままに、流れて雲のごとし

なんともはや、予測されることにほくそ笑む

2016-10-18 | 音楽
ノーベル賞の人たちも「困ったなぁ〜⁈」
なんて内心思ってるんだろ。
少しは予測された事態だったけれど
これほど完璧にスルーされるとは思ってはいなかっただろう。

ボブ・ディランは
どこで、いったい何を思って過ごしているんだ?

無視はど怖いものはない。
まるで透明人間のように扱われることほど寂しいことはない。
権威はいつだって高圧的。見下してるつもりなど毛頭ない。与えるものはいつだってそうだ。でも授けられるものにとってはそうはいかない。
自分がなりたいと思う者になろうとしているにも関わらずそれ以外の何者かであると断定されたりすると…「やっぱ、わかってくれないんだ。」

ギターつま弾きながらスコッチでも呑んでるんじゃなかろうか?

そして反論なんかする気分にもなれない。

ディランは正直ものなのかもしれない。
それもとびっきりのね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル文学賞はボブ・デイ... | トップ | 成功は手放しでは喜べない。... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。