歳を重ねると楽しいとか賢くなるとか・・・・みんな戯言なんだよ。

感じるままに、赴くままに、流れて雲のごとし

音楽は人と人を引寄せ合うのだろうか…?

2017-06-28 | 音楽
ビルの谷間を流れる風の音。
クルマのクラクション。
幼児の泣き叫ぶ声。
公園の噴水。流れる水の音。

そう街には、音が溢れている。

僕にとっては騒音としか思えない。

でも、この騒音と呼ばれる音の洪水が

人の呼ぶ声に聞こえたり、
その呼び声がメロディとなって
僕の耳に届いたら…どうなんだ?

いつの間にか笑顔になってるかもしれない。懐かしい会いたい人の呼ぶ声だったら、そりゃ〜もうたまらない。その声のする方に駆け出して行くに決まってる。そして僕の耳に届くメロディをギターで弾く。思いのままに指が、感じるままに足がリズムを刻んだとしたら。きっと周りの人たちは感動してくれるかもしれない。
こころの耳でしか聴くことができない音は確かにある。
それを聴くには、きっと求めてないければいけないんだ。年がら年中、四六時中。求めてないと降ってこない。こころの中にね。

奇跡のシンフォニーって映画がウチのテレビに録画されていたんだ。
眠りがやって来るには少し早すぎる時間だったからつい見ちゃったんだ。

映画の結末は想像した通りとわかっていた。
しかし、引寄せられてしまった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 儚すぎるのは世のつねだと知... | トップ | 早すぎる台風に戸惑うことな... »

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事