歳を重ねると楽しいとか賢くなるとか・・・・みんな戯言なんだよ。

感じるままに、赴くままに、流れて雲のごとし

ノーベル文学賞はボブ・デイラン。なんてことだ。

2016-10-14 | 日記
それはそれなりに驚いて、ディランはどう思うんだろう?
そんなことを妄想して眠れなくなった。

ディランには会ったこともなければ話した事もないわけで、レコードを聴きかじったに過ぎず、どんな人間なのかも知らないのにとやかく書いたりするのはどうかと思うけれどね。
でも、書かずにはいられない気持ちなんだ。

不思議な人だよね。

ディランの歌を初めて聴いたとき、あの嗄れた声に魅せられた。
僕の声は高い声だったんだ。
ウィーン少年合唱団ほどではないけれど、澄んだ歌声だったし、あまり通らない薄っぺらな気がしてとても嫌だった。
だから、憧れたんだろうね。
それに、何を歌ってるのか全くわからないし、
でも歌手だし、こんな歌いっぷりでもいいんだ。
歌手としてみんな認めて、人気者になってる…。

そんな感想を抱いてディランを聴きはじめた。
歌詞は謎にみちていて、わざわざ聴き手を混乱させて喜んでるんじゃないか?と思えるほどだった。解き明かしたい気持ちは充分なのに途中でなげ出さずを得ない。

まるで性悪女のようだった。

難解さを売りにしてるロックシンガーやフォークシンガーは山ほどいたし、しかしどれもこれも長続きはせず大概は偽物。
長続きはしないってことだ。
しかし、ディランは少し違っていたんだ。

ディランが作った曲をカバーしはじめたことだ。

特に売り出そうとする歌手がディランの曲でヒットしたことが余りにも多過ぎる。
PPMがそうだしね…


歌手としてのディラン。
作家としてのディラン。

僕は、やっぱり歌手としてのディランが好きだ。
ウッディ・ガスリーに憧れ続けたディランが好きだ。放浪するディランが好きだ。

イギリスのゴールデンデスク賞を蹴飛ばしたように抗うディランに興味が湧くんだ。

そして何よりも、誰よりも
謎に満ちていてほしいんだ。

いつまでもだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たぶんこれでいいのだろう・... | トップ | なんともはや、予測されるこ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。