宅建合格らくらくナビ~みやざきの宅建ブログ~

宅建みやざき塾の宅建絶対合格ブログです♪ 合格するためのノウハウを無料公開! 一緒にがんばって、絶対に合格しましょう!

平成25年度宅建試験受付状況と試験委員名簿

2013-08-30 12:44:34 | みやざきの宅建活動日記♪

平成25年度宅建試験受付状況が公表されました(^^)/

 

平成25年度宅建試験受験申し込み

234,588名様の受験申し込みがあったようです。

前年対比 ▲ 1,762名(減)  ▲ 0.7%(減)

http://www.retio.or.jp/exam/pdf/uketuke_jokyo.pdf

詳しくは、一般財団法人不動産適正取引推進機構のHP(ホームページ)をご覧ください(^^)/

 

◇平成 25 年度宅地建物取引主任者資格試験委員名簿 (平成 25 年 6月 10 日現在)◇

http://www.retio.or.jp/exam/pdf/exam_com.pdf

ココから見えてくること多い試験委員名簿です(^^)/

ココから見える、今年のヤマはみやざき塾の講義・教材、そのほか宮嵜担当の講義などに活用させていただいております♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013 宅建受験対策 直前期におススメの過去問題集 1

2013-08-28 09:57:42 | みやざきの宅建活動日記♪

 

2013 宅建受験対策 みやざきの直前期におススメの過去問題集 1


平成25年版パーフェクト宅建 過去問10年間 (パーフェクト宅建シリーズ)

 
住宅新報社

 

 

コチラの過去問題集は、『直前期に最高の戦力!』となります。

これからの時期の学習に最適です(^_^)/

 

宅建みやざき塾や宮嵜が請け負った企業研修で推奨しています。

 

学習のメリハリ付けと合格のGOALのイメージづけに、

1年分(50問)を時間を計って、利用するといいですね(^^)/

 

一通り学習が進んでいる方は、

1年分(50問)を90分くらいで解いてみてください( ..)φメモメモ

 

※注意!

学習時間に時間に余裕がある時期に使うのは、

テーマ別の過去問題集や網羅性の高い一問一答のほうが優れています。

 

平成25年版パーフェクト宅建 過去問10年間 (パーフェクト宅建シリーズ)

 
住宅新報社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感謝♪

2013-08-13 00:18:34 | みやざきの宅建活動日記♪

感謝♪ ~宅建みやざき塾 真夏の模試特訓 満員御礼!~

8月13日火曜日、宅建みやざき塾では、朝から3回、模試を実施いたします(^_^)/

午前の回、午後の回、夜の回ともすべて満員御礼! 

ご参加いただく皆様に心より感謝申し上げます。

みなさまの合格のため、精いっぱい応援させていただきます。

一緒にがんばって絶対に合格しましょう!

宮嵜 晋矢

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの5問免除攻略ポイント♪ 土地 Part 2

2013-08-12 15:16:05 | みやざきの5免攻略ポイント♪

 ~みやざきの5問免除攻略ポイント♪~

2009-02-12 ~ 2013-08-12

必ず覚えるべきPoint♪

5問免除攻略ポイント♪ 

~ 土地 Part2

※現在作業中ですm(__)m

5問免除科目の攻略をしましょう♪
  登録講習を修了している方は、学習しないようご注意ください。

土地の問題については、しっかりとした準備をすれば1点確保できるテーマです。
 しっかりと具体的なイメージをつかんで、Pointをおさえていきましょう♪

土地のテーマは出来のよいテキストがほとんどないので、
 学習のしやすさを考えて実況中継風にして提供させていただきます♪

 

 土地の重要Point♪ Part 2

 崖錐(がいすい)

 崖錐(がいすい)とは,崖や急斜面が崩れて,その崩れ落ちたものが堆積した地形で,傾斜の緩い扁平(へんぺい)な円錐形状の地形を形成している地形をいいます。
 ちょっと難しい用語ですね,こちらを参考にしてイメージをもっておきましょう♪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%86%E7%A9%8D%E7%89%A9
http://www4.ocn.ne.jp/~onagai/newpage8.html
http://www.hi-ho.ne.jp/knaga/miyazakitisitu/MiyazakiG_Ss_Ms_nitinan.pdf

・ 崖錐堆積物におおわれた地域は,一般的に,切土をすると,崩壊や地すべりを起こしやすい。

・ 崖錐堆積物は,一般的に透水性が高く,基盤との境付近が水の通り道となって,そこをすべり面とした地すべりが生じやすい。

扇状地(せんじょうち)

得点する鍵になるテーマです。しっかりとイメージを作っておきましょう♪

 国土地理院HPより
 http://watchizu.gsi.go.jp/riyou/katuyou/h01-03senjouti.htm

 Wikiより
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E7%8A%B6%E5%9C%B0

 http://www1.gsi.go.jp/geowww/Photo_reading/senzyouti.html

 扇状地は山地から平野部の出口で,勾配が急に緩やかになる所に見られ,谷出口を頂点とする同心円状の等高線になる扇状の地形である。

扇状地とは,山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し,平坦地になった地盤である。

 扇状地の扇端では,水はけもよく,湧水の利便もよいので宅地に適しているが,谷の出口に広がる扇状地は,土砂・礫が堆積してできたものであるため,地盤は堅固ではなく,土石流災害の危険が高く宅地には適していない。

 注意しましょう!

  扇端   ⇒ 宅地 ○

 谷の出口 ⇒ 宅地 ×

・ 扇状地については,大縮尺の地形図や空中写真によって,土石流や洪水流の危険度をある程度判別できることが多い。

 土石流(どせきりゅう)

砂防広報センター http://www.sabopc.or.jp/hukudoku/dosekiryu.htm
国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/sabo/panf/j_sabo/japanese/14-15.pdf

・ 土石流は,急勾配の渓流に多量の不安定な砂礫の堆積がある所や,流域内で豪雨に伴う斜面崩壊の危険性の大きい場合に起こりやすい。

谷底平野

こちらでざっくりとしたイメージをつかみましょう♪
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E8%B0%B7%E5%BA%95%E5%B9%B3%E9%87%8E#mode%3Ddetail%26index%3D2%26st%3D0

・ 谷底平野は,周辺が山に囲まれ,傾斜がかなり急な地形であるため,長期の雨や豪雨により洪水災害を受ける可能性が高い。

軟弱地盤

ジオテック http://www.jiban.co.jp/tips/kihon/kiso/tisiki02_1.htm

・ 地表がほとんど平坦で,近くの河,湖,海などの水面との高低差がきわめて小さく,古い集落や街道がないような地形は,軟弱地盤であることが多い。

自然堤防(しぜんていぼう) 後背低地(後背湿地)(こうはいしっち・こうはいていち)

国土地理院 http://www1.gsi.go.jp/geowww/Photo_reading/kyuukadou.html

 とっても重要なところです。しっかりとイメージをもっておきましょう♪

 河川が繰り返し氾濫(はんらん)することにより,河岸に土砂・砂礫が堆積して自然堤防が形成されます。
 この自然堤防ができたことによって妨げられ,河川から溢れ出した水が河川に流れず,できあがった湿地を後背低地(後背湿地)といいます。

 自然堤防は,上流から運搬されてきた土砂などが河川の岸に堆積してできた微高地で,主に砂や小礫からなり,排水性がよく地盤の支持力もあるため,宅地として良好な土地であることが多い。

 後背湿地は,自然堤防や砂丘の背後に形成される軟弱な地盤であり,水田に利用されることが多く,洪水などの水害や地盤沈下などの危険も高いため,宅地としての利用は少ない。

洪水

・ 河川近傍の低平地で盛土を施した古い家屋が周辺に多いのは,洪水常習地帯である可能性が高い。

・ 近年,洪水氾濫危険区域図,土砂災害危険区域図等災害時に危険性があると予想される区域を表示した図書が一般に公表されており,これらは安全な宅地を選定するための資料として有益である。

・ 都市内の中小河川の氾濫被害が多発している原因としては,急速な都市化・宅地化に伴う流出形態の変化とその整備対応の遅れによって,降雨時に雨水が地面に浸透せずに,短時間で一挙に河川に流れ込むことがあげられる。

旧河道

・ 旧河道は,それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるとき,軟弱地盤となり,低湿で,排水も悪いため,地震や洪水による被害を受けることが多い。川の流路が変わり水が流れなくなってできる旧河道は,以前は河川であったため,泥土が堆積し,周囲の土地よりも低い湿地になっていることが多い。

山地、丘陵、段丘、台地

・ 山地とは,傾斜が急で,表土の下に岩盤又はその風化土が現れる地盤である。

大阪の地学ガイド?
http://www2.mus-nh.city.osaka.jp/learning/geoguid/dankyu.html
鳥取県教育センター http://www.torikyo.ed.jp/tottorisizenn/kagan.htm

・ 段丘は,水はけが良く,地盤が安定していることが多い。

・ 台地は,一般に水はけがよく地盤が安定しているので宅地に適する。

・ 台地の縁辺部は,集中豪雨の際,がけ崩れによる被害を受けることが多い。

・ 丘陵・段丘とは,地表面は比較的平坦であり,よく締まった砂礫・硬粘土からなり,地下水位は比較的深い地盤である。

干拓地

・ 干拓地は,海や湖沼などを干拓して造成した土地で,地盤が軟弱で排水も悪いため,地盤沈下や液状化を起こしやすい。 

Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B2%E6%8B%93

・市街化による水害

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/bousai/saigai/kiroku/suigai/suigai_3-3-3.html

液状化現象

液状化現象はどのように発生するか、しっかりと理解しておきましょう♪

新潟地区地震対策連絡会 http://www.hrr.mlit.go.jp/bosai/niigatajishin/paneru/ekijoka/introduction.html
http://www.tobi-tech.com/tech/ekijoka.htm

液状化現象は,比較的粒径のそろった砂地盤で,『地下水位の高い』,『地表から浅い』地域で発生しやすい。

・丘陵地帯で地下水位が浅く,固結した砂質土で形成された地盤の場合,地震時は液状化する可能性が強い。

いろいろなばしょについて液状化のしやすさについて、こちらのイラストがおススメです♪
ぜひ一度ご覧ください(*^^)v
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%B0%B7%E5%BA%95%E5%B9%B3%E9%87%8E#mode%3Ddetail%26index%3D14%26st%3D0

三角州

・ 三角州は,河川の河口付近に見られる軟弱な地盤であり,地震時の液状化現象の発生に注意が必要である。

http://www.kawaasobi.jp/kawa_mame/hataraki/h_nakasu.htm

Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%B7%9E

その他

・ まさ,しらす,山砂,段丘砂礫などの主として砂質土からなるのり面は,地表水による浸食には比較的弱いため,土砂の流出などの危険が高く,のり面の勾配や排水に十分注意する必要がある。

・ 産業廃棄物の処分場跡地を宅地に利用する場合は,あらかじめ,長時間をかけて,ガス抜き,浸出水の浄化,地盤沈下等の観測等を行わなければならない。

・ 建物の基礎の支持力は,粘土地盤よりも砂礫地盤の方が発揮されやすい。

いろいろと参考になるページの紹介♪ 

国土交通省 日本の砂防 http://www.mlit.go.jp/river/sabo/panf/j_sabo/japanese/  

 

土地のテーマは、Part1とPart2を両方取り組んでいただければ、

 平成の過去問をほぼすべて攻略できます。

 万全の準備といっていいでしょう。

 ぜひ活用して、1点GETしてください♪

 

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの5問免除攻略ポイント♪ 土地 Part 1

2013-08-12 15:15:14 | みやざきの5免攻略ポイント♪

 ~みやざきの5問免除攻略ポイント♪~

2009-02-11 ~ 2013-08-12

必ず覚えるべきPoint♪

5問免除攻略ポイント♪ 

~ 土地 Part1

※現在、参考リンクのチェック中ですm(__)m
 学習の便宜を図り、作業中ではありますが、公開させていただいております。

 

5問免除科目は、登録講習を修了している場合、学習する必要はありません。
  ご注意ください。

土地の問題については、しっかりとした準備をすれば1点確保できるテーマです。
 しっかりと具体的なイメージをつかんで、Pointをおさえていきましょう♪

土地のテーマは出来のよいテキストがほとんどないので、
 学習のしやすさを考えて実況中継風にして提供いたします♪

 土地の重要Point♪ Part 1

 等高線(とうこうせん)

まず、等高線とはどのようなものなのでしょうか。
 んっ…なんだっけ…というかたは、
 帝国書院 等高線入門♪  をご覧ください。
http://www.teikokushoin.co.jp/kids/menu3/
とってもわかりやすいですよね(^o^)丿

 地形図で見ると,地表面の傾斜が急な土地では,等高線の間隔は密になっている(等高線の間隔が狭い)のに対し,傾斜が緩やかな土地では,等高線の間隔は疎となっています(等高線の間隔が広い)。

重要Point♪

 傾斜が急    ⇒ 等高線の間隔は『密』 (等高線の間隔が狭い)
 傾斜が緩やか ⇒ 等高線の間隔は『疎』 (等高線の間隔が広い)

・ 等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は谷で,
 山頂から見て低い方に等高線が張り出している部分は尾根である。
たわたわのページ http://www.tawatawa.com/chizu2/page004.html

 たわたわさんのページが理解できれば、宅建試験の等高線はもう怖くありません(*^^)v

・ 地形図の上で,斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では,過去に崩壊が発生した可能性がある。

・ 扇状地は山地から平野部の出口で,勾配が急に緩やかになる所に見られ,谷出口を頂点とする同心円状の等高線になるのが特徴的である。
国土地理院 http://www1.gsi.go.jp/geowww/Photo_reading/senzyouti.html
国土地理院 http://watchizu.gsi.go.jp/riyou/katuyou/h01-03senjouti.htm
Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E7%8A%B6%E5%9C%B0

・ 等高線の間隔の大きい河口付近では,河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。

 断層(だんそう)

断層とはどういうものか、イメージをもってしまえばもう攻略です♪

Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E5%B1%A4

 断層は,ある面を境にして地層が上下又は水平方向にくい違っているものであり,断層面周辺の地盤強度が低下しているため,断層に沿った崩壊,地すべりが発生する危険性が高い。

・ 断層地形は,直線状の谷,滝その他の地形の急変する地点が連続して存在するといった特徴が見られることが多い。

 切土(きりど) 盛土(もりど)

 宅地に適した平らな土地をつくるため,凸凹な地盤に土を盛ったり(盛土),山を切りとったり(切土)します。
 このような人工的な地盤では,沈下など深刻なトラブルが生じることから,宅建試験でもよく出題されています。
 まずは、イメージをしっかりともてるようにしましょう♪ 

三井リハウス http://www.rehouse.co.jp/glossary/kana/ki/ki016.html
YAHOO!不動産 http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%C0%B9%C5%DA
住宅の地盤 http://www.niceliving.net/jiban/jiban/jiban14.html

 ・ 盛土をする場合には,地表水の浸透により,地盤にゆるみ,沈下又は崩壊が生じないように締め固める。

 切土と盛土により造成して平坦になった地盤では,地盤強度が異なるため,沈下量の違いにより不同沈下を生じやすい。

考え方のPoint♪

盛土 → 比較的やわらかいので,沈下していく量が大きい。
切土 → もともと固まっていた土地の表層を削りとった部分で
      比較的硬いので,沈下していく量は盛土部分に比べて小さい。

 建物や構造物の不等沈下は,一般に切土部よりも盛土部で起こりやすい。

 軟弱地盤は,盛土をすると,隣接する既設構造物に影響を及ぼすことがある。

・ 宅地周りの既存の擁壁の上に,ブロックを積み増し,盛土して造成した場合,盛土した部分の地盤強度が不均等で,崩壊する危険もある。

・ 高含水性の粘性土等が堆積している軟弱地盤は,盛土や建物の荷重によって大きな沈下を生じたり,側方に滑動したりすることがある。

・ 丘陵地や台地内の小さな谷間は,軟弱地盤であることが多く,これを埋土して造成された宅地では,地盤沈下や排水不良を生じることが多い。

ニッケンキソ・コンサルタントhttp://www.nikken-kiso.co.jp/material_05.html
ジオテック株式会社のHPhttp://www.jiban.co.jp/oseshusama/tisiki01.htm
YAHOO! 不動産
http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%C9%D4%C6%B1%C4%C0%B2%BC

 ・ 地山を切土して宅地を造成する場合,風化による強度の低下と流水による浸食のおそれがあるので,擁壁で覆うか,又は速やかに植生等をして,そのがけ面を保護しなければならない。

・ 著しく傾斜している谷に盛土して宅地を造成する場合,盛土前の地盤と盛土が接する面がすべり面となって崩壊するおそれがあるので,原地盤に繁茂している樹木を残したままの盛土を行うべきではなく,斜面を削りとるなどして斜面崩壊を防ぐ必要がある。

・ 切土斜面は,切土掘削直後の斜面安定が確認できても,雨・風・地震などによって,掘削後時間の経過とともにしだいに不安定になっていくので注意を要する。

・ 切土したがけ面に湧水が見られる場合には,湧水地点から上の部分に帯水層があり,湧水地点から下の方よりも,湧水地点から上の方ががけくずれを起こしやすい。

・ 自然斜面は,地層分布,土質等が複雑かつ不均一で地盤の強さが場所により異なることが多いので,特にのり高の大きい切土を行う際は,のり面の安定性の検討をする必要がある。
http://www.geocities.jp/takayalabo/norimen/norimen02.htm

 ※盛土や切土によって人工的に形成された斜面のことを『のり面』といいます。

・ 切土又は盛土したがけ面の擁壁は,鉄筋コンクリート造,無筋コンクリート造又は練積み造とする。

・ 擁壁の背面の排水をよくするために,耐水材料での水抜き穴を設け,その周辺には砂利等の透水層を設ける。

 擁壁(ようへき)

YAHOO! 不動産
http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%CD%CA%CA%C9

・ 宅地の安定に排水処理は重要であり,擁壁の水抜き穴,盛土のり面の小段の排水溝等による排水処埋の行われていない宅地は,不適当であることが多い。 

 地すべり

 地すべりについては、こちらの動画をご覧になってみてください♪ http://www.sabopc.or.jp/hukudoku/jisuberi.htm

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link03031.htm
地すべりの事例集 
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/panf/00726ji-ex/jisu-index.htm

・ 地すべり地の多くは,過去に地すべり活動を起こした経歴があって,地すべり地形と呼ばれる独特の地形を呈し,棚田等の水田として利用されることがある。

・ 地すべりは,特定の地質や地質構造を有する地域に集中して分布する傾向が強く,地すべり地形と呼ばれる特有の地形を形成することが多い。

・ 宅地予定地周辺の擁壁や側溝,道路等にひび割れが見られる場合,地すべりが活動している可能性が高い。

・ 地すべり地は,安定していても,盛土をすると,バランスをくずし,再びすべることがある。

・ 地すべり地については,上部は急斜面,中部は緩やかな斜面,下部には末端部に相当する急斜面があり,等高線は乱れて表れることが多い。

 崖崩れ(がけくずれ)

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link03041.htm

・ がけ崩れは,梅雨の時期や台風時の豪雨によって発生することが多く,がけに近接する住宅では日頃から降雨に対する注意が必要である。

・ 樹木が生育する斜面地では,その根が土層と堅く結合しても,根より深い位置の斜面崩壊に対しては,樹木による安定効果を期待することはできない。

 崩壊跡地(ほうかいあとち)
http://www.ym-j.com/LargeLandslide.htm
http://www.ym-j.com/LargeLandslide/bandai1888.htm

・ 崩壊跡地は,微地形的には馬蹄形状の凹地形を示すことが多く,また地下水位が高いため周辺と異なる植生を示し竹などの好湿性の植物が繁茂することが多い。
 また、岩石を含む土層は不安定で,落石のおそれや,豪雨や地震等で再び崩壊する危険がある。

勉強って、わかると楽しいですね(^o^)丿

  がんばっていきましょう♪  

 

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの法令上の制限攻略ポイント♪ Part4

2013-08-02 12:38:49 | みやざきの法令制限攻略ポイント♪

~みやざきの法令上の制限攻略ポイント♪~

 

2007-06-23  ver.1 ~ 2013-08-02  ver.8

 必ず覚えるべきPoint♪

 

法令上の制限攻略ポイント♪ 

Part 4

~ 都市計画法 Ⅳ

【建築制限】

 

毎年のように出題されるとっても大切なテーマです。

  H22の試験では、合格不合格を決める問題の1つにもなりました。

  どのような場所で、どのような時期に、どんな制限があるのか?

  まずはちゃんと『理解』することを大切にして、しっかりと整理していきましょう♪

 

 開発許可を受けた開発区域内の建築制限

Q1.『開発許可を受けた開発区域』とはなんですか?

Q2.工事完了公告『前』について、どのような建築制限がありますか?

    原則と例外(3つ)に分けて整理しましょう♪

Q3.工事完了公告『後』について、どのような建築制限がありますか?

    原則と例外(2つ)に分けて整理しましょう♪

Q2とQ3の2つについては、表などでしっかりと整理し、万全の準備をしておきましょう!  

 

 市街化調整区域のうち、

  開発許可を受けた開発区域『以外』の区域、における建築制限

Q1.『開発許可を受けた開発区域以外の区域』とはなんですか?

  

  どのような場所か、しっかりとイメージをもちましょう。

   ⇒開発許可を受けていない場所 です。

 

Q2.市街化調整区域のうち、

   開発許可を受けた開発区域以外の区域については、

   どのような建築制限がありますか?

 

  まず①原則ルール(知事の許可)をおさえます。

   次に②例外ルール(知事の許可不要)ですが、

   ざっくりと、おさえて、 

   「開発許可不要の例外」と同じ、

   と考えれば受験対策上は十分です♪

     

 

都市計画法は、けっこうボリュームがあります。

  しかし、合格のためには、

  安易に丸暗記やゴロ合わせに頼ったりせず、

  具体的に、身近な道路工事現場などをイメージしながら攻略しましょう♪

  とくに、合格の鍵となる開発行為に関する問題については、

  しっかり点を獲れるように準備しましょう!

 

 

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

 

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの法令上の制限攻略ポイント♪ Part3 

2013-08-02 12:36:07 | みやざきの法令制限攻略ポイント♪

~みやざきの法令上の制限攻略ポイント♪~

 

2007.6.20 ver.1 ~ 2013.8.2 ver.7 

必ず覚えるべきPoint♪

 

法令上の制限攻略ポイント♪ 

Part 3

~ 都市計画法 Ⅲ

【開発行為 ※超重要テーマ!】

 

YouTube『宅建みやざき塾』

ぜひご視聴ください♪

 

それでは、合格を決めるテーマ、開発行為についてみていきましょう♪

 まずは、開発許可の要否をしっかりとおさえましょう。

 

 開発許可について 

Q1.『開発許可』とはなんですか?

Q2.開発許可制度の目的は、なんですか?

Q3.『開発行為』とは、なんですか? 

  ここは、なんとなく…ではなく、しっかりとイメージをつかみましょう!

Q4.『特定工作物』とは、なんですか?

  第二種特定工作物は盲点になりやすいので注意しましょう!

   宅建試験では、まだ出ていないのですが、

   1ha(10000㎡)以上の『墓園』 ⇒ 第二種特定工作物

   ということを知っておくと良いでしょう。 

Q5.『土地の区画形質の変更』とは、なんですか?

   区画の変更、形の変更、質の変更に分けて考えるとイメージして理解しやすいです♪

    丁寧に学習すると、イメージでよくわかるから、勉強が楽しくなるんですよね(^^)/

Q6.開発許可不要の例外について

   .小規模のため、許可不要とされる面積の基準はなんですか?

   .農林漁業などのため、許可不要となるのはどんな場合ですか?

       市街化区域 のケースに要注意!

   .公益のため、許可不要となるのはどんな場合ですか?

     .その他、許可不要には、どんな場合がありますか?

 

開発許可にについて、学習上の注意点!

  まず、許可の要否については、2段階に分けて考えるようにしましょう。

  問題を解くときには、Ⅰ と Ⅱ どちらのテーマか、注意して解くように。

  ちょいとひねった問題がでても、対処できるようになります。

 

  Ⅰ.『開発行為』にあたるか?

       ↓ 

  Ⅱ.開発許可不要の例外にあたるか?

       ↓ ×

     開発許可 必要

 

 開発許可の重要ポイントについて、

   試験で使いやすいようにまとめておきましょう♪

開発許可不要の例外 

          覚え方のヒント♪

            いち                  いち
 ・小規模の場合   市街化区域            1,000㎡ 未満

            さん『非』線引き
            区域区分の定めのない区域  3,000㎡ 未満
            準都市計画区域         3,000㎡ 未満
            
さん(ずい)              さん

            都市計画区域でも準都市計画区域でもない区域 
                              10,000㎡ 未満
            『外』 ト               と(10)
             
          
 ※ 市街化調整区域…小規模で不要となる例外はない

   
ピッタリの数字 ⇒ 許可 必要 !

 

 農林漁業用建築物 (市街化区域『以外』…特注

  ここは正確におさえよう!

   市街化区域    ⇒ 1,000㎡以上 許可必要  

   市街化区域以外 ⇒ 許可 不要         

 

 ・公共のための建築物  

  駅舎その他の鉄道の施設
  図書館
  公民館
  変電所
 その他、博物館なども許可『不要』です。

  医療施設 (Ex.病院)
    社会福祉施設 (Ex.老人ホーム、介護施設)
    学校 
    は、許可が『必要』です。

   GORO♪ 『 医・者・が・必要! 』

   医 社 学  ⇒ 必要!
  
  ○○事業の施行として (Ex.道路工事)
  非常災害の応急措置
  軽易なもの…車庫、物置など
  
なども許可『不要』です。

  国や都道府県は、許可が『必要』です。
    ※知事と協議が成立すれば、OK!

 

開発許可の要否については、簡単なものでよいので、

 いちど自分の手を動かして紙に書いてみるといいでしょう。

 きっと、ただ過去問だけ解いているよりも、

 すっきりと整理でき、すぐに覚えられるはずです。

許可申請に関して、33条基準、34条基準の問題があります。

  このテーマは、常識で考えられる範囲内で対処すれば十分でしょう。

 

  なお、34条基準について、

  農作物の『加工』『貯蔵』『処理』に必要な建築物(についての開発行為)

  の扱いについては注意してください。

  なぜ、許可が必要か? ちょっと考えてみましょう。

 

★☆★☆★ 33条基準、34条基準の問題 ★☆★☆★

宅建みやざき塾では、2013年(平成25年度)宅建試験では、時間に余裕のある時期であれば、

ちゃんと理解して押さえておきましょう! という扱いにしました。

ぜひ、ブログ読者の方も、余力に応じて対策をたてておきましょう( ..)φメモメモ

参考過去問:H17-20、H12-19

考え方のヒント:開発事業者が大きな規模の開発をする場合にだけチェックすべき項目は何か?

 

次のテーマは、最短距離で宅建合格をめざすかたにとって、

 出題されたときには、1点死守すべきテーマです。

 上手に攻略しましょう!  

 開発許可の手続き

Q1.『開発許可申請書』とはなんですか?

Q2.開発許可申請書には、何が記載されますか?

    とくに、予定建築物に関しては、何が記載されますか?

Q3.開発許可申請書の添付書類にはどのようなものがありますか?

   協議でたりるのか、同意まで必要か、同意は全員なのか相当数でよいか、

    しっかりと整理しておきましょう♪

   この『協議』、『同意』は、開発許可申請の際の添付書類にもちいますので、

    許可申請前に必要となります。

Q4.開発行為に関する許可・不許可の処分は、どのようになされますか?

Q5.開発登録簿には、何が登録されますか?

    とくに、予定建築物に関しては、何が登録されますか?

Q6.不許可の場合、どのように不服申立てをすることができますか?

Q7.開発許可を受けていた(造成工事していいよという)地位の承継について、

   ①一般承継(Ex.相続) と ②特定承継(Ex.売買) 

   とではどのように扱いが違いますか?

Q8.開発許可を受けた者が、許可内容を変更しようとする場合、どのような手続きが必要ですか?

Q9.開発行為に関する工事を廃止したり、完了したときには、どのような手続きが必要ですか?

  廃止の届出は、『事後』届出でよい点をおさえておきましょう!
  (廃止の前に届出をする必要はありません)

Q10.工事完了の公告により、公共施設の管理は、どのように扱われますか?

 

 

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

 

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの法令上の制限攻略ポイント♪ Part2

2013-08-01 15:20:53 | みやざきの法令制限攻略ポイント♪

~みやざきの法令上の制限攻略ポイント♪~

 

2007-06-19  ver.1 ~ 2013-08-01  ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

 

法令上の制限攻略ポイント♪ 

Part 2

~ 都市計画法 Ⅱ

今回のテーマは、あまり上手に教えていないテキストや講義を利用していると、

 攻略するのが難しいかもしれません。

 そんな事情もあって、苦手にしている方も多いのですが、

 覚えるPointはほんと少なくて、あっという間に得点源にできるテーマです。

 上手に攻略しましょう♪

 学習時間を十分確保できる時期に、

  Q1、Q3、Q7のような用語をしっかりと理解しておきましょう!

 

 都市計画に関するいろいろな制限

Q1.『都市計画施設』とはなんですか?

Q2.都市計画施設の区域内の制限とは、どのようなものですか?

Q3.『市街地開発事業』とはなんですか?

Q4.市街地開発事業の施行区域内の制限とは、どのようなものですか?

Q5.『市街地開発事業など予定区域』とはなんですか?

Q6.市街地開発事業など予定区域内の制限とは、どのようなものですか?

Q7.『都市計画事業』とはなんですか?

Q8.都市計画事業制限(事業地内の制限)とは、どのようなものですか?


 Pointのまとめ♪

 ○:知事の許可(市の区域内では、市の長の許可)が必要になるもの 

       都市計画施設の区域内   市街地開発事業等予定区域      事業地内
       市街地開発事業の区域内

  建築物                      ○             

  土地                                       

  5t以上                                        ○
   の物件 

平成25年度対策として、

 事業地内 ⇒ 例外なく、すべて、知事の許可が必要!

 というQ8と、Q2、Q4は必ず押さえておきましょう。

 あとはざっくりでOK!

 工作物の扱いは、建築物と同じように考えれば十分で、

 それほど気にすることもありません。

 このテーマ、本試験で得点するために押さえておくポイントは実はすくないんだ!!

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

 

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの法令上の制限攻略ポイント♪ Part 1

2013-08-01 12:26:41 | みやざきの法令制限攻略ポイント♪

~みやざきの法令上の制限攻略ポイント♪~

2007-06-17  ver.1~2013-08-01  ver.6

必ず覚えるべきPoint♪

法令上の制限攻略ポイント♪ 

Part 1

~ 都市計画法 Ⅰ 

 

都市計画法は学習方法、学習戦略で勝負ありの分野です。

 まず学習するにあたっては、

 具体的な街づくりをイメージできるように心がけましょう♪

 例えば、都市施設といったら、道路公園を、

     都市計画事業といったら、道路工事を、

     事業地内といったら、道路工事現場を、

     (ヘルメットかぶって、ドンカチンカ、ドンカチンカ、ガガガガガ…という工事現場を)

 イメージできるようにしましょう♪

 

 法令上の制限を得意にしたいのであれば、

 あせらず、とにかくイメージづくりに徹していきましょう♪

 (このへんは、テキスト・講義で、大きく差がつくところですね。)

 

 都市計画法の入門編 はこちら♪

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/ed2999123ac717a9f005bbc68a1827fe

 とってもオススメです(^o^)丿

 

 今年も2問出題される、都市計画法。

 まず確実に得点すべきは、『開発行為に関するテーマ』!

 開発行為以外のテーマについては、

 イメージづくりと基本事項の確認にとどめ、

 深入りせず、いかにあっさりと切り抜けるかが大切です。

 ムダな時間を浪費しないよう、

 学習時間の配分(メリハリ付け)に注意しましょう!

 

 それでは、全体像のイメージづくりからはじめましょう。

 ここをおろそかにすると、つまづきやすいので、

 手を抜かないように!

 

 都市計画法の全体像♪

Q1.都市計画法は、どういう目的のためのルールですか?

Q2.『都市計画』とはなんですか?

Q3.『都市計画区域の指定』とはなんですか?

Q4.都市計画の内容について、

   『区域区分』、『用途地域』、『都市施設』とはなんですか?

Q5.『都市計画の決定』とはなんですか?

Q6.『都市計画制限』とはなんですか?

 そんなに難しく考えず、自分の言葉で大体のイメージがいえればOKです♪   

  例えば、『住みよい街づくり』、『街づくりの場所決め』などなど。

 

Ⅰ.都市計画区域、準都市計画区域の指定  〔街づくりをする場所決め〕

Q1.『都市計画区域』とは、なんですか?

Q2.『準都市計画区域』とは、なんですか?

   建物をドンドン建てさせるための区域か、大きな建物をたてさせないようにするための区域か、

    ざっくりとしたイメージを持っておきましょう♪

Q3.都市計画区域は、だれが指定しますか?

   また、市町村や都道府県の境界(行政区域)を越えて指定することはできますか?

Q4.準都市計画区域は、①だれが、②どこに、指定しますか?

最近少しづつ増えている、準都市計画区域に関するテーマ。ちょっと注意しておきましょう!

 

 

Ⅱ. 都市計画の内容について

Q1.『都市計画』とは、なんですか?

Q2.『区域区分』とは、なんですか?

Q3.『市街化区域』とは、なんですか?

Q4.『市街化調整区域』とは、なんですか? 

Q5.『地域地区』とは、なんですか?

Q6.『用途地域』とは、なんですか?

   また、どのような場所に定める扱いとなっていますか?

   12種類の用途地域について、だいたいのイメージをつかんでおきましょう。
   (よくわかんないけど…覚えちゃえ…なんてことのないように!)

Q7.『補助的地域地区』とは、なんですか?

   また、用途地域内にのみ定めるものはなんですか?

Q8.『特別用途地区』とは、なんですか?

Q9.『高度地区』とは、なんですか?

Q10.『高度利用地区』とは、なんですか?

 高度地区と高度利用地区の違いのPointは、

  『高さのルール』があるかないかです。 

Q11.『高層住居誘導地区』とはなんですか?

Q12.『特定街区』とはなんですか?

Q13.『特例容積率適用地区』とはなんですか?  【発展

Q14.『景観地区』、『風致地区』とはなんですか?

    また、どのように違いますか?

 

このあたりはちょっとめんどうですが、だいたいのイメージをつかめればOKです♪
 
Q15.『都市施設』とはなんですか?

   また、都市計画区域の外にも決定することができますか?

   さらに、「道路・公園・下水道」や「義務教育施設」についての扱いはどうなっていますか?

Q16.『地区計画』とはなんですか?

   また、どのような場所に指定されますか?

Q17.地区計画の区域内では、どのような制限がありますか?

    Point! 「 いつ? 」までに、「 誰に? 」に、「 何を? 」をする。

Q18.『開発整備促進区』とはなんですか?  【発展

   また、どんな場所に定められますか?

   10000㎡を超える、大きな商業施設をつくるためとかんがえて、

    建築基準法の用途制限とセットでおさえると、理解しやすいでしょう。

    なんのこっちゃ? という方は、気にしなくてOK!

 

Ⅲ. 都市計画の決定について

Q1.『都市計画の決定』とはなんですか?

Q2.どのようにして、都市計画は決定されますか?

  都道府県の場合の流れだけで十分でしょう。

 

 ちょっと、ボリュームがありますが、がんばって攻略しましょう♪  

合格できればOK!というかたは、基本事項のイメージづくりをしたうえで、

 の部分だけ覚えれば十分です♪

 

 

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの法令制限攻略ポイント♪ ~CONTENTS~

2013-08-01 11:57:01 | みやざきの法令制限攻略ポイント♪

~みやざきの法令制限攻略ポイント♪~

2008-09-26 ’08ver. ~ 2013-08-01 ’13ver

 

 宅建合格へ向けて
気合を入れて、がんばりましょう!

 

みやざきの法令制限攻略ポイント♪

最短ルートで宅建試験を攻略!

CONTENTS

 

みやざきの法令制限攻略ポイントの目次です。

上手に活用して、法令制限を攻略しましょう♪

 

YouTube『宅建みやざき塾』

独学の方を応援しています(^^)/
ぜひ、ご視聴ください♪

 

 2013版に更新中です♪ ぜひ合格にお役立てください(*^^)v

 特別講義 都市計画法入門  2013版です♪ ぜひ活用してください。とってもおススメです!

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/ed2999123ac717a9f005bbc68a1827fe

1.都市計画法 Ⅰ  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/7c7ef2b7973465cb3a90f4e2cc284274

2.都市計画法 Ⅱ 2013版です♪

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/f5620137e7e604882af3b58fe2e71bc0

3.都市計画法 Ⅲ 2013版です♪

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/567fa0980029b054d2b04b198ccb0361

4.都市計画法 Ⅳ 2013版です♪

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/56ff6bb401c0554ebfac6f2fc5232e53

5.農地法 2012版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/1a17568a4b15ae0b33b6af30aa89b5f5

6.国土利用計画法 2012版です♪

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/e20fe88fc97bdc5779d5d0ed1ffe7103

 おまけ♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/3e7e6328ab0e322e2869b8e3c49131e3

7.宅地造成等規制法  2012版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/4dbb9b8d9c7aab9e73ed80506ec16808

8.土地区画整理法  2012版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/ee2f8d5339e0c7a2412818bb6e8a1e5b

9.建築基準法  2012版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/155f6649854a78ccc97dba5a478f6159

 

みずから考え、調べ、情報を一元化する。

ちょっとたいへんですが、効果は絶大です。

効率よく、絶対に合格したい!

 という受験生のために、

これなら合格できる!

という安心して使える資料を

提供させていただきます

宅建企業研修などにおきまして、同一条件で実施すれば、
合格実績・受講生評価でまず負けることのない、
データ分析に基づく情熱的なみやざきの講義の一部を提供するものです。
(LECのときも、日建学院においても、とても高い評価をいただいています。)

 ※コメント、メールなどによりますと、
きちんと取り組んでいただいた
ブログ読者のみなさまの合格実績は、
かなり高い合格率となっています。

ご利用いただいている宅建受験生の読者の
ご期待にそえるようがんばっていきます
ブログでお会いしている受験生みなさまの合格を祈念いたします

   

受験生のみなさまの合格を応援中!

熱血講師みやざきの宅建合格らくらくナビ・メルマガ

  http://www.mag2.com/m/0000255105.html

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

☆法令上の制限の攻略レジュメを2013年版に更新中です♪

2013-08-01 07:50:00 | みやざきの宅建活動日記♪

☆法令上の制限の攻略レジュメを2013年版に更新中です♪

 来週までには何とかしますね( ..)φメモメモ

 

いよいよ宅建試験まで、あと80日くらいとなりました。

一緒にがんばって、今年の宅建試験に絶対に合格しましょう!

みやざきしんや

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加