宅建合格らくらくナビ~みやざきの宅建ブログ~

宅建みやざき塾の宅建絶対合格ブログです♪ 合格するためのノウハウを無料公開! 一緒にがんばって、絶対に合格しましょう!

みやざきの5問免除攻略ポイント♪ 土地 Part 2

2013-08-12 15:16:05 | みやざきの5免攻略ポイント♪

 ~みやざきの5問免除攻略ポイント♪~

2009-02-12 ~ 2013-08-12

必ず覚えるべきPoint♪

5問免除攻略ポイント♪ 

~ 土地 Part2

※現在作業中ですm(__)m

5問免除科目の攻略をしましょう♪
  登録講習を修了している方は、学習しないようご注意ください。

土地の問題については、しっかりとした準備をすれば1点確保できるテーマです。
 しっかりと具体的なイメージをつかんで、Pointをおさえていきましょう♪

土地のテーマは出来のよいテキストがほとんどないので、
 学習のしやすさを考えて実況中継風にして提供させていただきます♪

 

 土地の重要Point♪ Part 2

 崖錐(がいすい)

 崖錐(がいすい)とは,崖や急斜面が崩れて,その崩れ落ちたものが堆積した地形で,傾斜の緩い扁平(へんぺい)な円錐形状の地形を形成している地形をいいます。
 ちょっと難しい用語ですね,こちらを参考にしてイメージをもっておきましょう♪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%86%E7%A9%8D%E7%89%A9
http://www4.ocn.ne.jp/~onagai/newpage8.html
http://www.hi-ho.ne.jp/knaga/miyazakitisitu/MiyazakiG_Ss_Ms_nitinan.pdf

・ 崖錐堆積物におおわれた地域は,一般的に,切土をすると,崩壊や地すべりを起こしやすい。

・ 崖錐堆積物は,一般的に透水性が高く,基盤との境付近が水の通り道となって,そこをすべり面とした地すべりが生じやすい。

扇状地(せんじょうち)

得点する鍵になるテーマです。しっかりとイメージを作っておきましょう♪

 国土地理院HPより
 http://watchizu.gsi.go.jp/riyou/katuyou/h01-03senjouti.htm

 Wikiより
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E7%8A%B6%E5%9C%B0

 http://www1.gsi.go.jp/geowww/Photo_reading/senzyouti.html

 扇状地は山地から平野部の出口で,勾配が急に緩やかになる所に見られ,谷出口を頂点とする同心円状の等高線になる扇状の地形である。

扇状地とは,山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し,平坦地になった地盤である。

 扇状地の扇端では,水はけもよく,湧水の利便もよいので宅地に適しているが,谷の出口に広がる扇状地は,土砂・礫が堆積してできたものであるため,地盤は堅固ではなく,土石流災害の危険が高く宅地には適していない。

 注意しましょう!

  扇端   ⇒ 宅地 ○

 谷の出口 ⇒ 宅地 ×

・ 扇状地については,大縮尺の地形図や空中写真によって,土石流や洪水流の危険度をある程度判別できることが多い。

 土石流(どせきりゅう)

砂防広報センター http://www.sabopc.or.jp/hukudoku/dosekiryu.htm
国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/sabo/panf/j_sabo/japanese/14-15.pdf

・ 土石流は,急勾配の渓流に多量の不安定な砂礫の堆積がある所や,流域内で豪雨に伴う斜面崩壊の危険性の大きい場合に起こりやすい。

谷底平野

こちらでざっくりとしたイメージをつかみましょう♪
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E8%B0%B7%E5%BA%95%E5%B9%B3%E9%87%8E#mode%3Ddetail%26index%3D2%26st%3D0

・ 谷底平野は,周辺が山に囲まれ,傾斜がかなり急な地形であるため,長期の雨や豪雨により洪水災害を受ける可能性が高い。

軟弱地盤

ジオテック http://www.jiban.co.jp/tips/kihon/kiso/tisiki02_1.htm

・ 地表がほとんど平坦で,近くの河,湖,海などの水面との高低差がきわめて小さく,古い集落や街道がないような地形は,軟弱地盤であることが多い。

自然堤防(しぜんていぼう) 後背低地(後背湿地)(こうはいしっち・こうはいていち)

国土地理院 http://www1.gsi.go.jp/geowww/Photo_reading/kyuukadou.html

 とっても重要なところです。しっかりとイメージをもっておきましょう♪

 河川が繰り返し氾濫(はんらん)することにより,河岸に土砂・砂礫が堆積して自然堤防が形成されます。
 この自然堤防ができたことによって妨げられ,河川から溢れ出した水が河川に流れず,できあがった湿地を後背低地(後背湿地)といいます。

 自然堤防は,上流から運搬されてきた土砂などが河川の岸に堆積してできた微高地で,主に砂や小礫からなり,排水性がよく地盤の支持力もあるため,宅地として良好な土地であることが多い。

 後背湿地は,自然堤防や砂丘の背後に形成される軟弱な地盤であり,水田に利用されることが多く,洪水などの水害や地盤沈下などの危険も高いため,宅地としての利用は少ない。

洪水

・ 河川近傍の低平地で盛土を施した古い家屋が周辺に多いのは,洪水常習地帯である可能性が高い。

・ 近年,洪水氾濫危険区域図,土砂災害危険区域図等災害時に危険性があると予想される区域を表示した図書が一般に公表されており,これらは安全な宅地を選定するための資料として有益である。

・ 都市内の中小河川の氾濫被害が多発している原因としては,急速な都市化・宅地化に伴う流出形態の変化とその整備対応の遅れによって,降雨時に雨水が地面に浸透せずに,短時間で一挙に河川に流れ込むことがあげられる。

旧河道

・ 旧河道は,それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるとき,軟弱地盤となり,低湿で,排水も悪いため,地震や洪水による被害を受けることが多い。川の流路が変わり水が流れなくなってできる旧河道は,以前は河川であったため,泥土が堆積し,周囲の土地よりも低い湿地になっていることが多い。

山地、丘陵、段丘、台地

・ 山地とは,傾斜が急で,表土の下に岩盤又はその風化土が現れる地盤である。

大阪の地学ガイド?
http://www2.mus-nh.city.osaka.jp/learning/geoguid/dankyu.html
鳥取県教育センター http://www.torikyo.ed.jp/tottorisizenn/kagan.htm

・ 段丘は,水はけが良く,地盤が安定していることが多い。

・ 台地は,一般に水はけがよく地盤が安定しているので宅地に適する。

・ 台地の縁辺部は,集中豪雨の際,がけ崩れによる被害を受けることが多い。

・ 丘陵・段丘とは,地表面は比較的平坦であり,よく締まった砂礫・硬粘土からなり,地下水位は比較的深い地盤である。

干拓地

・ 干拓地は,海や湖沼などを干拓して造成した土地で,地盤が軟弱で排水も悪いため,地盤沈下や液状化を起こしやすい。 

Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B2%E6%8B%93

・市街化による水害

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/bousai/saigai/kiroku/suigai/suigai_3-3-3.html

液状化現象

液状化現象はどのように発生するか、しっかりと理解しておきましょう♪

新潟地区地震対策連絡会 http://www.hrr.mlit.go.jp/bosai/niigatajishin/paneru/ekijoka/introduction.html
http://www.tobi-tech.com/tech/ekijoka.htm

液状化現象は,比較的粒径のそろった砂地盤で,『地下水位の高い』,『地表から浅い』地域で発生しやすい。

・丘陵地帯で地下水位が浅く,固結した砂質土で形成された地盤の場合,地震時は液状化する可能性が強い。

いろいろなばしょについて液状化のしやすさについて、こちらのイラストがおススメです♪
ぜひ一度ご覧ください(*^^)v
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%B0%B7%E5%BA%95%E5%B9%B3%E9%87%8E#mode%3Ddetail%26index%3D14%26st%3D0

三角州

・ 三角州は,河川の河口付近に見られる軟弱な地盤であり,地震時の液状化現象の発生に注意が必要である。

http://www.kawaasobi.jp/kawa_mame/hataraki/h_nakasu.htm

Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%B7%9E

その他

・ まさ,しらす,山砂,段丘砂礫などの主として砂質土からなるのり面は,地表水による浸食には比較的弱いため,土砂の流出などの危険が高く,のり面の勾配や排水に十分注意する必要がある。

・ 産業廃棄物の処分場跡地を宅地に利用する場合は,あらかじめ,長時間をかけて,ガス抜き,浸出水の浄化,地盤沈下等の観測等を行わなければならない。

・ 建物の基礎の支持力は,粘土地盤よりも砂礫地盤の方が発揮されやすい。

いろいろと参考になるページの紹介♪ 

国土交通省 日本の砂防 http://www.mlit.go.jp/river/sabo/panf/j_sabo/japanese/  

 

土地のテーマは、Part1とPart2を両方取り組んでいただければ、

 平成の過去問をほぼすべて攻略できます。

 万全の準備といっていいでしょう。

 ぜひ活用して、1点GETしてください♪

 

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの5問免除攻略ポイント♪ 土地 Part 1

2013-08-12 15:15:14 | みやざきの5免攻略ポイント♪

 ~みやざきの5問免除攻略ポイント♪~

2009-02-11 ~ 2013-08-12

必ず覚えるべきPoint♪

5問免除攻略ポイント♪ 

~ 土地 Part1

※現在、参考リンクのチェック中ですm(__)m
 学習の便宜を図り、作業中ではありますが、公開させていただいております。

 

5問免除科目は、登録講習を修了している場合、学習する必要はありません。
  ご注意ください。

土地の問題については、しっかりとした準備をすれば1点確保できるテーマです。
 しっかりと具体的なイメージをつかんで、Pointをおさえていきましょう♪

土地のテーマは出来のよいテキストがほとんどないので、
 学習のしやすさを考えて実況中継風にして提供いたします♪

 土地の重要Point♪ Part 1

 等高線(とうこうせん)

まず、等高線とはどのようなものなのでしょうか。
 んっ…なんだっけ…というかたは、
 帝国書院 等高線入門♪  をご覧ください。
http://www.teikokushoin.co.jp/kids/menu3/
とってもわかりやすいですよね(^o^)丿

 地形図で見ると,地表面の傾斜が急な土地では,等高線の間隔は密になっている(等高線の間隔が狭い)のに対し,傾斜が緩やかな土地では,等高線の間隔は疎となっています(等高線の間隔が広い)。

重要Point♪

 傾斜が急    ⇒ 等高線の間隔は『密』 (等高線の間隔が狭い)
 傾斜が緩やか ⇒ 等高線の間隔は『疎』 (等高線の間隔が広い)

・ 等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は谷で,
 山頂から見て低い方に等高線が張り出している部分は尾根である。
たわたわのページ http://www.tawatawa.com/chizu2/page004.html

 たわたわさんのページが理解できれば、宅建試験の等高線はもう怖くありません(*^^)v

・ 地形図の上で,斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では,過去に崩壊が発生した可能性がある。

・ 扇状地は山地から平野部の出口で,勾配が急に緩やかになる所に見られ,谷出口を頂点とする同心円状の等高線になるのが特徴的である。
国土地理院 http://www1.gsi.go.jp/geowww/Photo_reading/senzyouti.html
国土地理院 http://watchizu.gsi.go.jp/riyou/katuyou/h01-03senjouti.htm
Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E7%8A%B6%E5%9C%B0

・ 等高線の間隔の大きい河口付近では,河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。

 断層(だんそう)

断層とはどういうものか、イメージをもってしまえばもう攻略です♪

Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E5%B1%A4

 断層は,ある面を境にして地層が上下又は水平方向にくい違っているものであり,断層面周辺の地盤強度が低下しているため,断層に沿った崩壊,地すべりが発生する危険性が高い。

・ 断層地形は,直線状の谷,滝その他の地形の急変する地点が連続して存在するといった特徴が見られることが多い。

 切土(きりど) 盛土(もりど)

 宅地に適した平らな土地をつくるため,凸凹な地盤に土を盛ったり(盛土),山を切りとったり(切土)します。
 このような人工的な地盤では,沈下など深刻なトラブルが生じることから,宅建試験でもよく出題されています。
 まずは、イメージをしっかりともてるようにしましょう♪ 

三井リハウス http://www.rehouse.co.jp/glossary/kana/ki/ki016.html
YAHOO!不動産 http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%C0%B9%C5%DA
住宅の地盤 http://www.niceliving.net/jiban/jiban/jiban14.html

 ・ 盛土をする場合には,地表水の浸透により,地盤にゆるみ,沈下又は崩壊が生じないように締め固める。

 切土と盛土により造成して平坦になった地盤では,地盤強度が異なるため,沈下量の違いにより不同沈下を生じやすい。

考え方のPoint♪

盛土 → 比較的やわらかいので,沈下していく量が大きい。
切土 → もともと固まっていた土地の表層を削りとった部分で
      比較的硬いので,沈下していく量は盛土部分に比べて小さい。

 建物や構造物の不等沈下は,一般に切土部よりも盛土部で起こりやすい。

 軟弱地盤は,盛土をすると,隣接する既設構造物に影響を及ぼすことがある。

・ 宅地周りの既存の擁壁の上に,ブロックを積み増し,盛土して造成した場合,盛土した部分の地盤強度が不均等で,崩壊する危険もある。

・ 高含水性の粘性土等が堆積している軟弱地盤は,盛土や建物の荷重によって大きな沈下を生じたり,側方に滑動したりすることがある。

・ 丘陵地や台地内の小さな谷間は,軟弱地盤であることが多く,これを埋土して造成された宅地では,地盤沈下や排水不良を生じることが多い。

ニッケンキソ・コンサルタントhttp://www.nikken-kiso.co.jp/material_05.html
ジオテック株式会社のHPhttp://www.jiban.co.jp/oseshusama/tisiki01.htm
YAHOO! 不動産
http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%C9%D4%C6%B1%C4%C0%B2%BC

 ・ 地山を切土して宅地を造成する場合,風化による強度の低下と流水による浸食のおそれがあるので,擁壁で覆うか,又は速やかに植生等をして,そのがけ面を保護しなければならない。

・ 著しく傾斜している谷に盛土して宅地を造成する場合,盛土前の地盤と盛土が接する面がすべり面となって崩壊するおそれがあるので,原地盤に繁茂している樹木を残したままの盛土を行うべきではなく,斜面を削りとるなどして斜面崩壊を防ぐ必要がある。

・ 切土斜面は,切土掘削直後の斜面安定が確認できても,雨・風・地震などによって,掘削後時間の経過とともにしだいに不安定になっていくので注意を要する。

・ 切土したがけ面に湧水が見られる場合には,湧水地点から上の部分に帯水層があり,湧水地点から下の方よりも,湧水地点から上の方ががけくずれを起こしやすい。

・ 自然斜面は,地層分布,土質等が複雑かつ不均一で地盤の強さが場所により異なることが多いので,特にのり高の大きい切土を行う際は,のり面の安定性の検討をする必要がある。
http://www.geocities.jp/takayalabo/norimen/norimen02.htm

 ※盛土や切土によって人工的に形成された斜面のことを『のり面』といいます。

・ 切土又は盛土したがけ面の擁壁は,鉄筋コンクリート造,無筋コンクリート造又は練積み造とする。

・ 擁壁の背面の排水をよくするために,耐水材料での水抜き穴を設け,その周辺には砂利等の透水層を設ける。

 擁壁(ようへき)

YAHOO! 不動産
http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%CD%CA%CA%C9

・ 宅地の安定に排水処理は重要であり,擁壁の水抜き穴,盛土のり面の小段の排水溝等による排水処埋の行われていない宅地は,不適当であることが多い。 

 地すべり

 地すべりについては、こちらの動画をご覧になってみてください♪ http://www.sabopc.or.jp/hukudoku/jisuberi.htm

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link03031.htm
地すべりの事例集 
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/panf/00726ji-ex/jisu-index.htm

・ 地すべり地の多くは,過去に地すべり活動を起こした経歴があって,地すべり地形と呼ばれる独特の地形を呈し,棚田等の水田として利用されることがある。

・ 地すべりは,特定の地質や地質構造を有する地域に集中して分布する傾向が強く,地すべり地形と呼ばれる特有の地形を形成することが多い。

・ 宅地予定地周辺の擁壁や側溝,道路等にひび割れが見られる場合,地すべりが活動している可能性が高い。

・ 地すべり地は,安定していても,盛土をすると,バランスをくずし,再びすべることがある。

・ 地すべり地については,上部は急斜面,中部は緩やかな斜面,下部には末端部に相当する急斜面があり,等高線は乱れて表れることが多い。

 崖崩れ(がけくずれ)

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link03041.htm

・ がけ崩れは,梅雨の時期や台風時の豪雨によって発生することが多く,がけに近接する住宅では日頃から降雨に対する注意が必要である。

・ 樹木が生育する斜面地では,その根が土層と堅く結合しても,根より深い位置の斜面崩壊に対しては,樹木による安定効果を期待することはできない。

 崩壊跡地(ほうかいあとち)
http://www.ym-j.com/LargeLandslide.htm
http://www.ym-j.com/LargeLandslide/bandai1888.htm

・ 崩壊跡地は,微地形的には馬蹄形状の凹地形を示すことが多く,また地下水位が高いため周辺と異なる植生を示し竹などの好湿性の植物が繁茂することが多い。
 また、岩石を含む土層は不安定で,落石のおそれや,豪雨や地震等で再び崩壊する危険がある。

勉強って、わかると楽しいですね(^o^)丿

  がんばっていきましょう♪  

 

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの5問免除攻略ポイント♪ ~CONTENTS~

2012-09-05 18:04:22 | みやざきの5免攻略ポイント♪

~みやざきの5問免除攻略ポイント♪~

2007-08-03 ~ 2012-09-04

 みやざきの5問免除攻略ポイント♪

 ~CONTENTS~

みやざきの5問免除攻略レジュメの目次です。

学習するテーマの優先順位を上手につけて

しっかりと重要Pointをおさえましょう♪

登録講習を修了している方は、学習しないようご注意ください!

 

ご案内♪ 

 5問免除科目は、市販書籍の出来がいまいちなものが多いので、困っている方も多いと思います。

 そこで、50問を解く一般受験生のかたが、

 なるべく学習負担を減らし、なんとかラクに5問中4問以上確保できるよう、

  がんばって攻略ポイントをつくっていきます♪

 ぜひ活用してください!

 

~☆ 2012年版 CONTENTS ☆~

 

1.統計 2012年(平成24年度)受験対策版 

YouTube 宅建みやざき塾 2012宅建統計の攻略! 公開しましたヽ(^。^)ノ

 たった6分で、統計を攻略しよう!

   たったこれだけのPointで、毎年のようにズバリ的中!

 身近な受験生に聞いてみると、

   ここ数年、たったこれだけのPointで勝負して、

   みんな正解できています♪

 

   統計の勝負Pointは、『いかに覚える量を少なくするか』です。 

   ココで扱っていない統計は、覚える必要はありません!

   模試などで出題されても、無視した方がいいでしょう( ..)φメモメモ   

   【 ココだけの話 】

    多くのスクールの模試の統計問題は、生講義のときはお伝えしているのですが、
    ほんとつまらない理由で、どうでもいい統計が出題されているんです…

 

    

2.景品表示法    2012版 

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/824627cfe844400c88f8b22127c1f836

 本試験では常識を働かせて解く必要も高いテーマ。

  とはいっても、頻出重要テーマだけはしっかりと準備しておきましょう♪   

 

3.住宅金融支援機構   2012版

http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/548fa847e1732cc49d247daf5764c391

  住宅金融支援機構の問題は、差がつきやすいので注意しましょう!

  まだ出題のないちょっとしたヤマのテーマが

  ほとんどの書籍・テキストでノーマーク(or軽い扱い)となっています。

  ここは、1点の差をつけるレジュメなればいいなぁ、とおもっています。

 

4.土地  2012版 

 Part 1
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/816e2185d24aaa3d44e89d266a9814b0

 Part 2
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/9e3d61da222c9abc30e975fb8a439496

5.建物  2012版 

 http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/99c8c381d7840c4ce8f6db777b51a197

 建物の攻略ポイント!の記事は随時更新していきます。ご了承ください。

 なかなか難しく、いろいろ検討中…

 過去問だけでは対応できないときも多い傾向。

 建築基準法施行令に真っ向勝負すべきなんだろうか…

 それとも、捨て問か?

 

 とりあえず、過去問題だけはやっておくという選択が一番無難でしょうか?

 

土地について、なかなか完成度の高いレジュメを作ることができました。

 土地は、一般の宅建書籍やテキストで、できの悪いものが多いテーマです。

 確かに地理(社会)が得意な受験生にとっては楽勝のテーマであっても、

 苦手な方にとっては、学習する機会すらもてないようなテーマでした。

 まぁ、そうはいいながらも…私自身、

 講義や企業研修で、十分な講義時間を確保できず、

 中途半端になってしまうこともあり、なんとかしたい!

 とおもっていた『土地』のテーマです。

 そんなテーマの攻略レジュメ♪

 これは、みやざきが担当する講義で、より高い合格率を確保するため、

 今後必ず紹介していく内容のものです。

 目安としては、30分~1時間くらいの学習で

 『土地』の問題をかなりの高確率で得点できるようになります。

 ぜひ活用してください♪

   こちらは土地のトレーニング用過去問題ですが、とっても役立つ内容です♪

 http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/c3e53512c077501344a5f07b33cd9982

 どうぞ合格のためご活用ください♪

  

みずから考え、調べ、情報を一元化する。

ちょっとたいへんですが、

攻略レジュメの学習効果は絶大です。

毎日コツコツ進めましょう。

 

 

みやざきの宅建ブログを

ご利用いただいている宅建受験生の方が

どんどん多くなって、

とても嬉しく思い、励まされます。

『攻略ポイント』シリーズは、

合格への力を養成する教材として

それなりに自信があります。

ぜひ積極的にご利用ください。

ブログでお会いしている受験生みなさまの合格を祈念いたします。 

みやざきしんや

 

  

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

リンクをはることは、原則として自由といたします。

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの5問免除攻略ポイント♪  建物

2012-09-05 15:29:10 | みやざきの5免攻略ポイント♪

 ~みやざきの5問免除攻略ポイント♪~

2012-09-05 ver.1 

必ず覚えるべきPoint♪

5問免除攻略ポイント♪ 

~ 建物 

 

注意! この記事は、まだつくっている途中ですが、試験までの残り日数を考慮し、公開したうえで制作を進めていきます。

      ご了承ください

 

5問免除科目は、登録講習を修了している場合、学習する必要はありません。
  ご注意ください(@_@)

建物の問題については、しっかりとした準備をすれば1点確保できるというテーマではありません。
  過去問題と同じような問題が出題されれば、1点とりやすいものの、
  初登場のテーマが出題されたら、
  運だめし! えいやー!『4でいけー!』
  なんていうふうになりやすいテーマです(>_<)

  そこで、おススメの受験対策としては、
  深入りしないように気をつけて、
  宅建試験で繰り返し出題されている重要なところだけを効率よくおさえる戦い方です。
  重要なテーマだけでよいので、イラストや写真などで
  しっかりと具体的なイメージをつかんで、Pointをおさえていきましょう♪

建物のテーマは出来のよいテキストがほとんどないので、
 (ココだけの話。ほとんどわかっていない宅建講師も多いので、スクールに通っている方も要注意!)
 学習のしやすさを考えて、いろいろなリンクを用いて実況中継風にして提供いたします♪

 

 建物の重要Point♪ 

 コンクリートと鉄筋

まず、コンクリートや鉄筋とはどのようなものなのでしょうか。
 んっ…なんだっけ…というかたは、コチラをご覧ください。

コンクリート
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

 

かぶり厚さ
Polaris  ハウジングサービス様 http://www.polaris-hs.jp/zisyo_syosai/kaburiatsu.html 

 

コンクリートの弱点 
http://www.geocities.jp/mihojuutaku/kon.htm

コンクリートと鉄筋の関係
http://www.geocities.jp/mihojuutaku/kon1.htm

 

鉄筋コンクリート

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E7%AD%8B%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

 

重要Point♪

 欠込み(かきこみ)

http://blog.niwablo.jp/resources/member/001/054/0255712/XWCyOPVJ.jpg

たすきがけの場合
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E6%AC%A0%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF#mode%3Ddetail%26index%3D171%26st%3D6122

欠込みとはどういうものか、イメージをもってしまえばもう攻略ですね♪

 

 

 耐震・制震・免震

 大きな地震に備えた耐震・制震・免震
  まずは、イメージをしっかりともてるようにしましょう♪ 

  大和ハウス工業株式会社様 HPより
  http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/lifestyle/daeqt/index.html

 

 がんばっていきましょう♪  

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの5問免除攻略ポイント♪ 住宅金融支援機構

2012-09-04 18:56:38 | みやざきの5免攻略ポイント♪

 ~みやざきの5問免除攻略ポイント♪~

 2007-08-02 ver.1 ~ 2012-09-05 ver.6

必ず覚えるべきPoint♪

 5問免除攻略ポイント♪ 

~ 住宅金融支援機構 

  

五問免除科目を攻略していきましょう。

  登録講習を修了している方は、学習しないようご注意ください。

 

住宅金融支援機構については、

 あんまり深入りせず、基本的な内容だけおさえていきましょう♪

 注意! リンク先の情報を覚える必要はありません。あくまで参考資料です。

       過去問題を解いていて、よくわからなかったら参考情報として活用してください( ..)φメモメモ

 

 住宅金融支援機構の重要Point♪

Q1.『住宅金融支援機構』とはなんですか?

住宅金融支援機構とはどのようなものでしょうか?

 まずは、具体的に家を買う場面を、イメージしてみましょう♪

 

 住宅ローンを利用して家を買うとき、

 利息が高かったり、返済期間が短い設定だと大変ですよね。

 また、利率が変動するタイプのローンでは

 安心してお金を借りることができないかもしれません。

 そこで、安心して利用できる住宅ローン、

 長期間の返済で、利率が低く、固定されている

 そんな長期固定金利の住宅ローンを提供する。

 そんな目的でつくられたのが住宅金融支援機構です。

 具体的な住宅ローンとしては、フラット35があります。

 こちらをご覧ください。(イメージだけで十分♪)

 http://www.flat35.com/index.html 

 

Q2.住宅金融支援機構の業務について

   .証券化支援業務とは、どのようなものですか?

    Keyword:「長期・固定の低金利」、「フラット35」

   .直接、融資ができるのはどのような場合ですか?

    Keyword:「災害」、「子育て」、「高齢者」、「財形」

One Point Lesson!

  「自分が居住するため」に住宅を必要とするもの⇒貸付はできない。

   .住宅金融支援機構が行う『住宅融資保険』とはなんですか?

     http://www.jhf.go.jp/financial/insurance/index.html

   .住宅金融支援機構が提供する住情報とはどのようなものですか?

     http://www.jhf.go.jp/customer/index.html

   .貸し付けを受けた者が返済に困った場合、どのような変更が認められますか?

     http://www.jhf.go.jp/customer/hensai/index.html

   .住宅金融支援機構が業務委託できるのは、①誰に対して、②どのような内容の業務ですか?

 

それでは、住宅金融支援機構の業務についてみていきましょう♪

 まず、主要なものは、長期固定金利の住宅ローンを提供することです。

 ただちょっと注意していただきたいのは、

 直接に、融資するのではなくて、

 銀行などの金融機関が長期固定金利の住宅ローンの融資をすることを

 『支援する』という点です。

 

 この証券化支援業務はちょっと難しいのですが

 こちらの流れ図で確認して攻略しましょう♪

 証券化支援業務(買取型)

 http://www.jhf.go.jp/financial/join/outline_kaitori.html

 ざっくりイメージとしては、

 お金を借りたい人(住宅ローンを利用する債務者) と お金を投資したい人(投資家)

 を結び付けるために、住宅金融支援機構が住宅ローン債権を買い取る仕組みですね。

 

 証券化支援業務(保証型)

 http://www.jhf.go.jp/financial/join/outline_hosyo.html

 ざっくりイメージとしては、

 お金を借りたい人(住宅ローンを利用する債務者) と お金を投資したい人(投資家)

 を結び付けるために、住宅金融支援機構が住宅ローンに関して保証を行う仕組みですね。

 

 宅建みやざき塾(生講義)では、わかりやすく噛み砕いて説明させていただいております(^o^)丿

 

 その他の業務としては、

 よりよい住宅を建てるために役立つ情報の提供や、

 大地震で被災した方を支援する直接融資。

 http://www.jhf.go.jp/customer/yushi/info/saigai.html

 

 子育てファミリー向け賃貸住宅のための直接融資や
 高齢者向けのバリアフリー対応賃貸住宅のための直接融資。

 http://www.jhf.go.jp/customer/keiei/yushi/index.html

 

 勤労者のための財形住宅融資   

 http://www.jhf.go.jp/customer/yushi/shinchiku/zaikei/index.html

 などの直接に融資する業務があります。

 

 また、一家の大黒柱の主人が亡くなってしまった場合に、

 残された家族がローンの返済に困らなくてもいいようにするための

 団体信用生命保険に関する業務も確認しておきましょう。

 http://www.jhf.go.jp/customer/yushi/danshin/index.html

 

 リバースモーゲージも確認しておきましょう♪

 http://www.jhf.go.jp/financial/insurance/guide.html

 金融機関が融資した者の死亡時に元金等を一括でご返済いただくローンですね( ..)φメモメモ

 

 そして、今年の宅建試験対策としてぜひ押さえておいていただきたいのが、

 業務の委託のテーマです。

 かつて、住宅金融公庫の時代には、宅建試験でよく出題されていたのもかかわらず、

 住宅金融支援機構法などの条文がいりくんでいるためか、

 きちんとかかれているテキストがほとんどありません。

 出題されれば、大きく差をつけられるテーマなので注意しておきましょう。

 重要Pointをまとめておいたので、ぜひ活用してください♪

 合格に向けて、大きく前進!

 住宅金融支援機構は、次に掲げる者に対して、一定の業務を委託することができる。

 ① 主務省令で定める金融機関
 ② 債権回収会社
 ③ 地方公共団体、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関
 ④ 指定構造計算適合性判定機関

 《 委託することのできる業務のまとめ 》 ①~④は委託できる者

 貸付債権の元利金回収業務         ① ②
 直接融資業務                       ①
 団体信用生命保険に関する弁済業務  ①
 建築物の工事、規模、規格の審査        ③
 建築物の構造計算の審査               ④

 読み方の例:建築物の工事、規模、規格の審査 は、
           ③ 地方公共団体など にだけ委託できる。
           ( ①、②、④のものには委託出来ない。)

 注意! 『貸付の決定』 ⇒ 委託することはできない!

  住宅の建設等をしようとする者又は住宅の建設等に関する事業を行う者に対し、
 必要な資金の調達 又は 
 良質な住宅の設計若しくは建設等に関する情報の提供、相談その他の援助
 を行うことを委託することはできない。

Q3.「(従来の)住宅金融公庫」と「住宅金融支援機構」との関係は、どのようなものですか?

基本的には、引き継ぎます。(まぁ、あたりまえですね) 

 

 これだけおさえておけば十分すぎるでしょう♪

  がんばっていきましょう。

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの5問免除攻略ポイント♪ 景品表示法 

2012-09-04 18:20:41 | みやざきの5免攻略ポイント♪

~みやざきの5問免除攻略ポイント♪~

2007-07-31 ver.1 ~ 2012-09-04 ver.5

 

必ず覚えるべきPoint♪

5問免除攻略ポイント♪ 

~ 景品表示法 

 

五問免除科目を攻略していきましょう。

  登録講習を修了している方は、学習しないようご注意ください。

 

  もうずいぶん経ちましたが、2010法改正です ♪

  「排除命令(公正取引委員会)」 が、

  消費者庁長官の『措置命令』になりました。

 

景品表示法は『過去問』中心に学習を組み立て、

  間違ってしまったところ や これは正確に覚えていないと危険!

  というところから覚えていくようにしましょう♪

  手持ちのテキストに大量の項目が載っていたとしても、無視してOKです(^o^)丿

 

 景品表示法の重要Point♪ 

Q1.景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)の目的はなんですか?

   また、『公正競争規約』とはなんですか?

Q2.景品類を提供するとき、どのような制限がありますか?

   .懸賞による場合

   .懸賞によらない場合 

Q3.『新築』と表示できる条件は?

Q4.『新発売』と表示できる条件は?

Q5.『市街化調整区域』に土地がある場合、表示上、注意することは?

Q6.『高圧電線』の下に土地がある場合、表示上、注意することは?

Q7.『傾斜地』を含む土地がある場合、表示上、注意することは?

Q8.『新設予定の公共交通機関の駅など』について、表示上、注意することは?

Q9.『徒歩による所要時間』について、表示上、注意することは?

Q10.物件の『写真』について、表示上、注意することは?

Q11.物件の『見取図、完成図など』について、表示上、注意することは?

Q12.『住宅の価格』について、表示上、注意することは?

Q13.禁止される『おとり広告』とは?

Q14.禁止される『二重価格表示』とは?

         

簡単にPointを確認していきましょう♪

1.『インチキ広告防止』という、ざっくりイメージだけでOK♪  

 不動産の取引について、インチキ広告などにより、一般のお客さんが損をしないように、悪い業者が不当に利益を得ることを防ぐルール。

 景品表示法に基づいて、公正取引委員会の認定を受け、自主的に作られたルールが公正競争規約です。

 正確な定義は、ほうっておきましょう。それが合格への近道

2.. 懸賞による場合
    取引価額の20倍 又は 10万円 のいずれか低い価額まで
    ※景品類の総額は、取引予定総額の100分の2以内

    例えば、3000万円の不動産の場合、

   ⇒取引価額の20倍(6億円) と 『10万円』 の低い価額である 10万円まで

  
  . 懸賞によらない場合
    取引価額の10分の1 又は 100万円 のいずれか低い価額まで

    例えば、3000万円の不動産の場合、

   ⇒取引価額の10分の1(300万円) と 『100万円』 の低い価額である 100万円まで

 両方覚えようとすると、混乱するので、
  まずは試験に出題される可能性が高いほうから1つだけ覚えましょう♪

  ここは、ズバリ 『懸賞によらない場合』から優先的に

  ほとんどの不動産の場合、『100万円』までになるんだね♪

3.『新築』=①建築後1年未満 かつ ②居住の用に供されたことがないもの

  『新築』といえるかどうかは、住宅瑕疵担保履行法でも出題可能性があるんだよ♪

4.『新発売』= 新たに造成された宅地又は新築の住宅(工事完了前を含む)について、
         初めて、購入の申込みの勧誘を行うこと
        
        ※複数の期間に区分して販売     ⇒ その期間ごとの勧誘
        ※申込みに一定の期間を設ける場合 ⇒ その期間内の勧誘

5. 市街化調整区域にある土地 

 ⇒「市街化調整区域。宅地の造成及び建物の建築はできません。」
   と16ポイント以上の文字で明示する。
 
 ※開発許可 を受けているものについては、例外あり。 
 ※新聞・雑誌広告における文字の大きさについては、例外あり。

6.高圧電線の下に土地があるとき

 ⇒その旨 及び そのおおむねの面積 を表示すること。
 
 ※建物などの建築が禁止されているとき ⇒ その旨を明示

7.傾斜地を含む土地の傾斜地割合がおおむね30パーセント以上を占める場合

 ⇒傾斜地を含む旨 及び 傾斜地の割合又は面積 を表示すること。
 
 ※傾斜割合が30パーセント以下の場合であっても、
  傾斜によって、「こんな土地、使いものになるか!」という場合は、
  その旨 及び 傾斜地の割合又は面積を明示する。
 ※マンションなどに例外あり!

8.新設予定の鉄道の駅やバスの停留所の表示

 ⇒①運行主体が公表 かつ ②新設予定時期を明示 して表示できる。 

9.『徒歩による所要時間』 

  道路距離80メートル ⇒ 1分間

  ※1分未満の端数→1分 とする。

  注意! ハウルのように空をまっすぐに飛んでいけるわけではないので、
        直線距離ではなく、『道路距離』で考えること

  ここは発展講義だよー♪

   『道路距離』か『直線距離』か迷う問題にであったら、図を描いて考えてみましょう。

   実際に歩く時間等、移動時間が問題になる場合 ⇒ 『道路距離』

   実際の移動時間が問題にならない場合 ⇒ 『直線距離』
   ※航空写真で空から見てどのくらいの距離かわかればいいような場合
  例:H18-47-1
   新築分譲マンションの名称に,公園,庭園,旧跡その他の施設の名称を使用する場合には,当該物件がこれらの施設から最短の道路距離で300m以内に所在していなければならない。
   ⇒× 『直線距離』 ※ココで問題なのは、公園,庭園,旧跡から空間的にどのくらいの距離にあるか?

 

10.物件の写真は、取引するものの写真を用いて表示する。

  ただ、そうはいっても、まだドンカチンカ、ドンカチンカ…
  工事中の場合には、工事現場の写真をみせられても困りますね。

  そこで、

  建築工事完了前などその建物の写真を用いることができない場合

 ⇒ 他の建物である旨を明示すれば、次のような写真を用いることができます。

  ア 取引する建物と大きさや見た目などが同じような建物の『外観写真』
   ※門塀、植栽、庭等が異なる場合 ⇒ その旨を明示
 
  イ 大きさや形などが同じような建物の『内部写真』

11.宅地又は建物の見取図、完成図、完成予想図 ⇒ その旨を明示

   物件の周囲の状況について表示するとき ⇒ 現況に反する表示をしない

   例えば、隣近所にパチンコ店、カラオケボックスがあるのに、
        緑に囲まれた閑静な住宅街、としてはいけません! 

12.住宅の価格 ⇒ 1戸当たりの価格(消費税などを含む)

 ただそうはいっても、
 たとえば、一度に30戸を分譲する場合に、
 一枚の広告チラシに30の価格がのっていても、
 文字が小さくなって、みにくくなってしまいますね。 

 そこで…

 すべての住戸の価格を示すことが困難であるとき

 ⇒新築分譲住宅の価格について、

  1戸あたりの最低価格 と 最高価格 
  及び 
  最多価格帯 と その価格帯に属する住宅の戸数 を表示すればOK

 Ex. 3000万円~5000万円

   最多価格帯 3500万円 5戸

   という イメージです。

 ※販売戸数が10戸未満であるときは、最多価格帯の表示を省略できます。

13.禁止される『おとり広告』の物件

  (1) 物件が存在しない
  (2) 物件は存在するが、実際には取引の対象となり得ない
  (3) 物件は存在するが、実際には取引する意思がない! これ注意だよ!

14.禁止される『二重価格表示』

  実際に販売する価格とは別に、おとくな割引感をもってもらうため、
  バカ高いインチキの比較対照価格を付けることは禁止されます。

景品表示法の問題は、そのほとんどが感覚で解ける問題です。

  そこで、覚えるPointは、

  間違えやすいところに絞込み、できる限り減らしましょう。

  どんどん過去問を解けば、得意分野になってくれます♪

  がんばって合格しましょう

  

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの5問免除攻略レジュメ’09 の連載について♪

2009-02-08 19:59:21 | みやざきの5免攻略ポイント♪

5問免除攻略レジュメ’09の連載♪

今週は5問免除攻略レジュメ’09を連載いたします♪

50問一般受験のかたはぜひ活用してください。

5問免除の次は法令制限を連載予定です。

具体的にイメージをもって学習できるよう、

工夫をして構成しようとおもいます。

みやざきしんや

コメント
この記事をはてなブックマークに追加