宅建合格らくらくナビ~みやざきの宅建ブログ~

宅建みやざき塾の宅建絶対合格ブログです♪ 合格するためのノウハウを無料公開! 一緒にがんばって、絶対に合格しましょう!

みやざきの権利関係攻略ポイント’13 ~CONTENTS~

2013-05-18 08:13:26 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 みやざきの権利関係攻略ポイント♪

最短ルートで宅建試験を攻略!


CONTENTS

上手に活用して、権利関係をバッチリ攻略!
ライバルに差をつけよう♪
2007-04-06 ’07ver. ~ 2013-01-17 ’13ver.
毎年毎年、ズバリ的中ラッシュ!


昨年2012年の本試験問題の分析はもちろんのこと、
ご利用いただき受験生の皆様の合格のため
平成の過去問題全問を再分析して、
合格のエッセンスを凝縮して提供させていただきます。

宅建みやざき塾(Live生講義)にご参加いただく方にも
自宅学習用教材としてご利用いただいている内容での公開です♪

そのため、2013年版へのバージョンアップは、
宅建みやざき塾(Live生講義)のカリキュラムにそった順番になります。
ご了承ください。 

YouTube『宅建みやざき塾』 とも完全リンクで、
いつでも、どこでも、手軽に効率的な学習ができます。

宅建みやざき塾、ルミノーゾ・パートナーズ、日建学院、LEC等の講習会で、
毎年高い水準の合格率を提供させていただいてきたノウハウを凝縮した
真の合格力を養う『みやざきの攻略ポイント!』シリーズ!
ぜひ合格にお役立てください(^^)v 

一緒にがんばって、絶対に合格しましょう(^o^)/


≪合格に直結する情報を、2013年版にすべてバージョンアップ♪≫

 

ご案内♪ 権利関係は、2013年版にすべてバージョンアップしました♪ 

 ☆宅建受験生の合格のためにできることをいろいろとがんばって、
  大きく宅建受験生の受験環境を変えていきます。
  

 ☆宅建試験にもっとも合格しやすい教材として、
 YouTube『宅建みやざき塾』や、DVD、DL(ダウンロード)などなど、
 いろいろ提供させていただく予定です♪

 合格にお役立ていただければ、幸いです(^o^)丿

 

1.契約・意思表示 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/bcf870dcd4fb462ef22e0a8fe12a5101
おまけ:心裡留保から考える、効率のよい学習法 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/6029c149eea19d33b36e1fe4e660775e
2.意思表示・行為能力(制限行為能力者)  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/a097baf6edf16617bd73da97379e6648
3.時効 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/a17def4018ee50d9375303296b3bebc1
4-1.代理Ⅰ  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/69f961751235e141672d341dd3178ad1
4-2.代理Ⅱ  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/eab4c92d39f63e4d8f0a74498f6c1678
5.条件・期限 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/019b73703a1797d863b17d80e6e599d2
6.相隣関係  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/231c12b268c6774040d68e4fbe64a246
7.共有   2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/546567a6dd81f4a23417a914b4fbbba5
8.債務不履行  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/d188f2c55413ec952688d48ac06a2f61
9.解除   2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/e6636c6adcaa8db98b0111a1cc64be68
10.手付金  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/38780bb044b4d0a13c44f9a820d38cc1
11.弁済   2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/6f8a2642752f233fe7e39662a004c5d9
おまけ. 交換契約 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/13b97157281abdd995067aaf9f78d054
12.売主の担保責任  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/3e0b04b682fb33b6cc84b3ea344d58e4
13.保証債務  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/a6965f86b159b401881a8e80c19c3326
14.連帯保証債務  2013版です
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/c1eafeeeaef3ea4e3bc927bf376ed8c1
15.連帯債務  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/ac61f481af11ada4912ed4ed93b3c9a8
16.相続 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/74bcdb4a4722f2d81da44a662ecd34e1
17.賃貸借  2013版です
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/af6f7efcfda7db6918ffd6ebf0a64ecc
18.借地借家法Ⅰ 借地 2013版です
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/671c830b2b8adfa8f5d3f95761ee5c5f
19.借地借家法Ⅱ 借家 2013版です
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/b12576fa2ab0614c1d43a22566f5c768

20.物権変動(不動産)  2013版です
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/6b57b1183355de043a7a27433e0e7786

21.債権譲渡 2013版です
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/39c25552dd0485d2f9c77626a156a060

22.相殺 2013版です
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/86b5caff4193c79de53ca53dd1a726b3
23.委任 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/be271c095fe6722f64042bcd65d1b095
24.請負 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/b5cc961a5cfc7339bc64961eef1b6998
25.不法行為 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/f3ef4de6eac43aa6be4bd46e291d6459
26.贈与2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/faeafa06676f6de9313e0ece7e89bea7
27.同時履行の抗弁権 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/b9cba19edb73ee8a573d4145e86ac0c2
28-1.抵当権入門 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/fabf04978365dd8a755855795d47243d
28-2.抵当権の重要Point♪ 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/9fe6f0dd509f8556b7ad0813ec45ecf0
29.根抵当権 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/bb1050a940f0d2460d0cf2e7f89202b7
30.担保物権 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/83199ddcb63b5b92ac88e685335e4245

31.不動産登記法 2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/22e067171009d55fba28e79bc1fe05ed 

32.区分所有法  2013版です♪
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/c7d1732b14eda14cbf6f8012ff59d482 

 

みずから考え、調べて、合格直結情報を集約する。
ちょっとメンドウでたいへんですが、
効果はバツグン!
いままで何をやっても合格できなかった方はぜひご利用ください♪
これなら、『絶対合格!』できる(*^^)v
という情報・教材を提供させていただきます

宅建企業研修などにおいて、毎年高い合格率などの実績・受講生評価
をいただいている、みやざきの宅建合格のノウハウを提供するものです。
(LECのときも、日建学院においても、とても高い評価をいただいています。)

 ※いままでたくさんいただいたコメント、メールなどによりますと、
YouTube宅建みやざき塾、攻略ポイント・メールマガジンなど
みやざきの宅建シリーズをきちんと取り組んでいただいた
受験生のみなさまの合格実績は、学校に通っている受験生顔負けの
かなり高い合格率となっています。

宅建受験生読者の合格のため、がんばっていきます
ブログでお会いしている受験生みなさまの合格を祈念いたします

   

 

熱血講師みやざきの宅建合格らくらくナビ・メルマガ

 

 http://www.mag2.com/m/0000255105.html 


『直前期特集』が毎年大好評のメルマガも、ぜひいまのうちにご登録ください(^^)/

直前期、合格への3~5点UP! 全力で応援させていただきます!


 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

 

コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part 31

2013-05-18 08:04:08 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~ みやざきの権利関係攻略ポイント♪ ~

2012-06-05 ver.1 ~ 2013-05-18 ver.2

必ず覚えるべきPoint♪

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 31

~不動産登記法~

  

 

不動産登記法については、『宅建みやざき塾』塾生限定オリジナルレジュメを紹介させていただきます♪

  宅建みやざき塾では、不動産登記法は基本中の基本だけしか学習しません。

  なぜでしょうか?

  ※私、土地家屋調査士の有資格者で、不動産登記法は結構得意なのですが…

   それでも宅建受験対策としては基本しか勉強していただきません!

 

  いかに捨てるべきところを捨て、限られた学習時間で効率よく学習するか、

  高い合格率を提供する教材とは、こういうものなんだ~と実感していただければ幸いです( ..)φメモメモ 

 

  なお、図については、宅建みやざき塾では板書をして空欄を埋めていきますが、

  この記事ではブログの性質上、空欄となっております。ご了承ください。

  ☆すべて図が入った教材(カラー板書みやざきオリジナルレジュメ)は、

    DVD教材セット(H25.5月下旬販売開始)に含まれております。

    合格へとお役立て頂ければとっても嬉しいですヽ(^。^)ノ

 

不動産登記簿の見本

 

◇ 不動産登記法の基本

○不動産登記とは?

 ①どこにどのような土地、建物があるかをはっきりさせる表示の登記。

  例:建物を新築したときの建物表題登記、農地を宅地にした場合の表題部変更登記。

 ②土地、建物の所有者は誰か、抵当権、賃借権はあるかをはっきりさせる権利の登記。

  例:所有権の保存の登記、売買したときの所有権の移転の登記、抵当権設定登記。

 

・登記記録

→ 表題部 と 権利部(甲区・乙区)

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・表題部  

→表示に関する登記   どこに、どんな土地や建物があるかの記録。

 例:表題登記、滅失の登記。表題部変更登記。分筆・合筆登記。分割・合併登記。

 

・表題部の変更登記

→建物や土地に変更があったとき

例:建物の増築

土地の地目の変更(畑⇒宅地)

 

・権利部 甲区 = 所有権に関する登記              所有者は誰か

→所有権の保存の登記、所有権の移転の登記。

登記名義人の氏名、住所の変更の登記。

 

・権利部 乙区 = 所有権以外の権利の登記 抵当権はあるかなど

→抵当権の設定の登記、地上権・賃借権、地役権などの登記

 

※権利の順位は、登記の順位(同じ区は順位番号、別の区は受付番号)で決める。

 

・登記事項証明書…利害関係がなくても、手数料を納付して、交付を請求できる。

            登記事項要約書(直接交付のみ)とは異なり、郵送申請でもOK!

            (認証文が付いた)書面であり、電磁的記録ではない。

            全部記載のほか、現在効力を有するものだけの記載でもよい。

 

・表示の登記と権利の登記について、申請義務、登記官による職権登記などの比較

 

表示に関する登記(表題部)

権利に関する登記(権利部)

申請

単独申請

原則、共同申請

申請義務

あり

なし

申請期限

あり(1ヶ月以内)

なし

職権登記

あり

原則、なし

種 類

新築・滅失・地目変更 等

保存・移転・仮登記 等

 

・登記の手続き

→原則:当事者の共同申請(申請主義)

例外:登記官の職権登記 

    表示の登記の申請 … 単独申請 ∵相手がいない!

※オンライン申請が原則。書面による登記申請もできる(郵送でもよい)。

☆登記の申請に関する代理権は、本人が死亡しても、消滅しない。

 

・権利の登記の申請

→原則:登記権利者(Ex.買主)と登記義務者(Ex.売主)の共同申請

例外:①所有権保存登記 

②登記名義人の氏名・住所の変更登記

③相続または合併による権利の移転登記

④登記を命ずる確定判決による登記

⑤仮登記義務者の承諾または仮登記を命ずる処分があるときの仮登記 

 

・所有権の保存の登記の申請  (=登記上、最初の所有者になる登記)

→①表題部所有者(表題部に所有者と記録してある人)

②表題部所有者の相続人 

③所有権の確定判決

④収用により取得

☆⑤区分建物の表題部所有者から、所有権を取得した者

 

※⑤については、区分建物のときだけのルールなので、要注意!

→区分建物以外の場合(戸建て住宅等の場合)、

表題部所有者から所有権を取得した者による、所有権の保存の登記の申請はできない。


 

◇その他の重要ポイントについて

・土地の分筆、合筆の登記…表題部所有者、所有権の登記名義人が申請できる。 

             (表題部欄) (権利部欄)

 

 土地の分筆の登記            土地の合筆の登記        

 

 

 

 

 

 

 

 

※合筆できない場合…利用(地目)、所有者・持分、所有権登記の有無などが異なる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

・仮登記 … 本登記の順位を確保しておく、予備的な登記。 

①    必要な情報を提供できないとき(本登記をするのには、準備不足の場合)

②    将来の請求権を保存したいとき(予約、停止条件など、まだ本登記ができない場合)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・仮登記…原則 共同申請(登記権利者と登記義務者)

     例外 単独申請 .仮登記の登記義務者の承諾

.仮登記を命ずる処分

 

※所有権に関する仮登記に基づく本登記 〔所有権のときだけのルール!〕

  利害関係を有する第三者あり ⇒ 第三者の承諾が必要(裁判がその代わりとなる)

 

・仮登記の抹消 

 仮登記の登記名義人が、単独でできる。

 仮登記の登記名義人の承諾があるときは、利害関係人も単独でできる。

 

 

 

宅建試験合格のための必要最小限の学習を!

一緒にがんばって、絶対に合格しましょう(*^^)v

 

 

不動産登記法については、

  中途半端に手を出しても得点につながらないテーマですので、

  今回のブログに乗っていないようなところは、

  時間的に余裕がなければ、優先順位をさげてOK!です。 

  がんばっていきましょう♪

 

  

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part29 ~根抵当権~

2013-05-18 07:55:00 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~『みやざきの権利関係攻略ポイント♪』~

2007-04-01  ver.1 ~ 2013-05-18  ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

 『みやざきの権利関係攻略ポイント♪』

Part 29

~根抵当権~

 

H23、H19 正解の選択肢 ズバリ的中!

受験生の多くの方が得点できないなか、ライバルに差をつける1点をらくらくGET!

 

H23の宅建みやざき塾では、正解の選択肢を1問1答で提供させていただき、

抵当権・根抵当権、両方合わせて、

たった20分くらいで、

みやざき塾生の方に1点とっていただくことができました♪

過去問分析の成果だね。うん、よかった(^o^)丿

 

H23はおおヤマだったけど、

H24は、根抵当権やんなくていいよ!

H25も、直前期は、根抵当権やんなくていいよ! 
(夏までの学習では余裕があったら学習してもいいと思います) 

 

~以下、H23のブログ記事の紹介~

 

H19ズバリ的中!そして、H20、H21と軽視した年を経て、

今年(H23)は、ズバリ的中!狙いのおおヤマです。

周りの受験生が苦手とする分、

大きなアドバンテージにできます。

宅建試験で出題される範囲はとても少ないので、

しっかりとイメージで理解し、

丁寧に整理していけば、なんとか得点できます。

バッチリ攻略しましょう!

 

 根抵当権は、資格試験ごとの出題対象に応じて、

 扱いが相当に異なるテーマです。

 例えば、司法書士試験では重視されますが、

 司法試験ではかつて択一試験で約20年出題がない時期がありました。

 宅建試験では、どうかといいますと、

 3~4年に1回くらいの頻度で登場しています。

 とってもその扱いが難しいテーマです。

 

 まず、データ的に確認しますと、最近ではH8,H12,H15,H19に出題されています。
 (したがって、「宅建試験で根抵当権は出ない」というのは、まっかかな大ウソ!です。)

 

 一方、根抵当権については、出題されても、

 正解率が40%を超えることは、ちょっと考えにくいテーマです。

 ※ただこれは、市販書籍の出来がいまいちで、
  しかも上手に教えられる講師がほんのわずかなことに原因が…

 

 そこで、

 「3,4年に一度出題されることはあっても、合否には影響のないテーマ」として、

 切り捨てる戦略は十分ありえます。

 この視点から、『やらなくてもいい』というアドバイスは、

 あながち間違っているわけではありません。

 

 ところが、ブログ読者の方に知っておいていただきたい

 みやざきが大いに悩むデータが2つあります。

 

 まず1つめ。

 かつて、H8年(1996年)に出題されたときの日建学院生の正解率が、なんと90.2%…

 おそらく、直前の公開模試かなんかで正解肢がピンポイントで炸裂したのでしょう。

 もちろん、ことし(H23)は、みやざきのメルマガで、ズバリ的中!炸裂させたいところです。

 

 続いて、2つめ。

 3、4年に一度出題されながらも、

 一般的には難度が高いとされ、扱われることの少ない類似テーマに『債権譲渡』があります。

 債権譲渡のデータをみますと、

 過去問の累積が乏しかった時代は確かに正解率が低かったのですが、

 過去問が一通り出揃ってきた後の、

 H15の出題時には、合否を分ける1問と成長してきました。
 〔この債権譲渡の扱いでも、データをしっかり分析している講師かどうか、ある程度わかっちゃいますね…〕 

 さて、この二つをヒントとし、

 現に多くの過去問集や、もっとも売れている市販の一問一答集などに

 きちんと収録されていることを考えますと、

 この次にH12,H15,H19の類題が出題された場合、

 (日建学院やLECなどで集計するデータ上)

 正解率は55%くらい、合格者と不合格者との正解率差は20~30%くらいになる

 というのがみやざきの予測です。

 〔まぁ、そうはいっても、もちろん根抵当をまちがえても合格はできますけどね…〕

 

 おまけにもう一点。

実は、根抵当権は、『わかりやすく、かみくだいて、おもしろい実演で』 説明すれば、

 宅建試験で得点する範囲では、

 「あらま…こんなに簡単なことなの!?」というテーマです。

 15分くらいで1点取れます。

 得点効率もいいテーマです。

 要は、わかりやすく説明できるかどうか、

 『講師の力量にかかってくるテーマ』 という側面が大きいんですね。

 いずれは、詳しい講義をブログや動画で公開したいテーマです♪

 

 みやざき塾やみやざきの担当する生講義に出席いただいている方は、

 簡単に1点取れるようになりますので、お楽しみに♪

 

 今年のおおヤマの1つ、根抵当権。

 『生ビール、ジョッキで乾杯!』から講義スタート!

 攻略レジュメをご利用のブログ読者のみなさまも、

 ぜひ、ビールジョッキから考えていきましょう♪

 

H23ブログ記事では、マークをQ2~Q8につけていましたが、 

H25は、根抵当権は、直前期はやんなくていいよ!

の年なので、、マークはありません。

勉強しても、『合格』という観点からは、たぶん時間のムダです!

 

ちなみに、H26~H27では、おおヤマとして復活の予定ですヽ(^。^)ノ

 

 根抵当権 

Q1.『根抵当権』とはなんですか?

Q2.『極度額』とはなんですか?

 

    生ビールの中ジョッキ。

   ジョッキ満タンまでしか入りません。

   この満タンのときの量が『極度額』です。

 

   ビールを飲めば、中の量が減り、ビールを注げばまた増えます。

 

   こんなイメージで、5,000万を限度(極度額)とする根抵当権を設定し、

   その5,000万円の限度の中で、

   借金が減ったり、増えたりする場面をイメージしましょう♪

 

Q3.『元本の確定』とはなんですか?

Q4.根抵当権で担保される債権は、あらゆる種類のものを含みますか?

Q5.根抵当権で担保される債権は、将来発生する債権でもよいですか?

Q6.優先弁済の範囲はどのように扱われますか?

   利息についての扱いは、特に注意しましょう!

    極度額について、しっかりとイメージで理解しておきましょう。

    まずは、『利息』 = ビールの泡 のイメージでどうでしょうか?

Q7.元本の確定前に、それまで根抵当権で担保されていた債権が譲渡されると、どのように扱われますか?

     また、元本の確定後の場合は、どうですか?

    ここはとっても大切です。しっかりと図を描いて理解しておきたいですね。

Q8.元本の確定前、元本の確定後のそれぞれで、変更できるものはなんですか?

      とくに、極度額、被担保債権の範囲について、

     元本の確定前、確定後のそれぞれで

     変更できるかどうか、

     変更できる場合に何か要件はあるのかないのか、

     正確におさえておきましょう。

   

 根抵当権については、

  まずH12-5、H15-6、H19-8の過去問を、おさえておきましょう♪

  

  念のため。

  もし、手持ちの教材だけでは、説明があまりよくなくて、

  よくわからない…というばあいには、

  しかたがないので(>_<)、

  とりあえず、過去問だけおさえておけばよいでしょう。 

  

 

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part28-2

2013-05-18 07:45:29 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~『みやざきの権利関係攻略ポイント♪』~

2007-03-30 ver.1 ~ 2013-05-18  ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

 『みやざきの権利関係攻略ポイント♪』

Part 28-2

~抵当権の重要Point♪~

 

 それでは、時間的にまだ余裕があるのであれば、

   攻略してほしいテーマとして、

   抵当権の重要Pointをとりあげましょう♪ 

   

  抵当権の重要Point♪ 

Q1.被担保債権が無効・取消しとなった場合、これを担保していた抵当権の扱いはどうなりますか?

Q2.利息に関して、被担保債権の範囲はどのように扱われますか?

   余裕があったら、

     抵当権と根抵当権とで利息に関する被担保債権の範囲がどう違うか?

     確認しておきましょう。

Q3.『物上代位』とはなんですか?

Q4.物上代位をするために、やらなくてはならないことはなんですか?

  ここ数年何回もズバリ的中!の物上代位。ほんとよくでています。

   物上代位は、今年も出題される可能性が高いので、

   しっかりとおさえておきましょう!

Q5.第三取得者を保護する手段について   

  .第三者弁済とはなんですか?  

  .抵当権消滅請求とはなんですか?

  .代価弁済とはなんですか?

  .第三取得者自ら競売に参加して競落することはできますか?

  .抵当権が実行された場合、担保責任はどのように扱われますか?

       コレ、担保責任の問題で出題されます( ..)φメモメモ

Q6.抵当権の登記後に、その抵当不動産を賃借した者の地位について   

  .抵当権者と抵当不動産の賃借人の関係は、原則として、どのように扱われますか?  

  .その例外として、①抵当権者の同意を得た賃貸借、②建物明渡しの猶予のルールがあります。

    ① 抵当権者の同意を得た賃貸借について、
     どのような条件で、賃借人は抵当権者に対抗できますか?

    ② 建物明渡しの猶予について、
     『建物』のときだけのこの特別ルール、何ヶ月間明渡しが猶予されますか?

Q7.『法定地上権』とはなんですか?

Q8.法定地上権はどのような条件で成立しますか?

   平成21年ズバリ的中!

    H22,H23は、「たぶんお休みでしょう…」と軽視しましたが、

    今年は、ヤマの1つです♪ しっかりと準備しましょう!

Q9.『一括競売』とはなんですか?

Q10.一括競売がなされたとき、抵当権者は建物の代価からも優先弁済を受けることはできますか?

Q11.『共同抵当』とはなんですか?

    また、共同抵当の場合、競売が実行されるとどのように扱われますか?

Q12.第2順位、第3順位の抵当権とはなんですか? 

      『抵当権の順位の変更・譲渡・放棄』とは、それぞれなんですか?

     具体的にどのように扱われるか、おさえておきましょう。

Q11、Q12あたりは、できなくても、合否に大きな影響はないのですが、

  余裕がありあまっていたら、出題可能性がちょっとある今年は、

  狙い撃って、ライバルに差をつけたいところです。 

 

※扱いがちょっと難しい、根抵当権については、独立の項目を立てて扱います。

 

 ここ数年、講義で強調しているヤマがよくあたって、

   受講生の合格に貢献できているテーマではあるのですが、

   一般の受験生にとってはなかなか学習しにくいテーマかと思います。

   抵当権については、いざとなれば、

   いっさいやらなくても合格できます。

   時間が足りなくなったり、勉強が嫌になったりするくらいであれば、

   捨てたほうがいいテーマといえます。

   【もし捨てるのであれば、H24は選択肢◇が正解になる可能性が高いと思います(笑) まぁ、自己責任でご判断を!】

   学習するのであれば、

   余裕のあるときに、丁寧にイメージで理解するようにしましょう♪

   1つずつ丁寧に図を描いて、しっかりと理解していけば、

   実は、それほど難しくはありません。

   残された学習時間と相談し、上手に学習しましょう♪

   

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part28-1

2013-05-18 07:42:29 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~ みやざきの権利関係攻略ポイント♪ ~

2007-03-20  ver.1 ~ 2013-05-18  ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

 

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 28-1

~抵当権入門~

 

 ここ数年ヤマが当たりぱっなしで相性がとてもいい抵当権♪

    例えば平成23年の宅建みやざき塾では、

    『平成23年に限っては、根抵当権だけやれば絶対合格できる! 

    抵当権の過去問などは時間の無駄だからやめよう!』

    といって塾生限定レジュメは普通の抵当権はいっさいなし! 根抵当権だけ!

    という構成で、たった1ページのレジュメと、たった数問の一問一答だけで、

    ライバルに差をつける1点をらくらくとっていただきました(*^^)v

    

    ちなみに、平成24年の受験対策として、宅建みやざき塾では、

    『平成24年については、根抵当権は無視!時間の無駄だからやめましょう!』

    という方針です(^o^)丿

 

    ⇒平成24年の宅建試験では、正答率がとっても低い問題が出題されました(@_@;)

     無視して、学習時間を節約した方の戦い方が正解だったと思います。

     『はじめからそうなることが分かりきっていた』結果論です(笑)

 

    さて、今年2013年の抵当権は、どうやって戦っていけばよいのでしょうか? 

 

 宅建試験対策上、その扱いが最も難しいテーマのひとつ、抵当権です。

 

 ほぼ毎年出題され、

 実際に不動産取引をする際にもムチャクチャ重要となるテーマ。

 

 そのため、A Rank 評価をしているテキスト・講師がほとんどです。

 みやざきの個人的な見解としても、

 テーマそのものの重要性から、A Rank 評価自体をなんら否定するものではありません

 しかし、学習計画の上では、ちょっと注意をしなければいけないテーマです。

 戦略的に『宅建合格』のカリキュラムを組み立てるのであれば、

 抵当権の学習は、余裕のある夏くらいまでの時期に限ってすべきであって、

 直前期は無視したほうが得策です。

 

 なぜでしょうか?

 

 それは、客観性の高いデータ【日建学院、LECなど】によって裏付けられます。

 抵当権は、ここ14年で17問の出題(単純な量的分析)。

 しかし、その問題の難しさといったら…

 普通に過去問を攻略した宅建合格レベルの受験生では解けない問題がその大半…

 ※なぜ、難問が出題されるのかは生講義のときに紹介していますヽ(^。^)ノ
  ちゃんと理由があるんですよ♪

 ほんとうに残念なことは、こういったデータに基づく、
 質的な分析を反映していないアドバイスがされていることが多いという実態…

 そんなアドバイスを受けてしまうと、

 合格とは関係のないところで、時間をムダづかいさせられてしまいますので、

 ちょっと受験生がかわいそうですね。

 

 ちなみに、今年の出題可能性が高いのは…あのテーマ!

 あのテーマです!

 ここ数年、ヤマが当たって相性がいい抵当権。

 今年もズバリ的中! させて、

 ブログ読者のみなさまを合格へ導きたいところです。

 

 さて、それでは、実務上重要でありながら、

 宅建試験で得点をとりにくい抵当権について、

 どうのように学習すべきでしょうか?

 

 Ⅰ.~9月上旬くらいまで

 比較的余裕のある時期であれば、

 他のテーマでも関連問題が出題される可能性があることから、

 入門的な用語のイメージ と 今年の宅建試験で出題可能性が高いもの

 をしっかりとやっておく。

 

 Ⅱ.9月下旬~本試験

 抵当権者、抵当権設定者という用語 と

 抵当権の設定された不動産は抵当権設定者が使用、収益、処分できるということを確認し、

 基本中の基本 と 今年の出題可能性が高いテーマ だけを狙い撃ち!

 あとは、おもいきって、抵当権は一切やらない。

 〔合格のための学習効率を最優先する!〕

 

 

 というアプローチをお勧めさせていただきます。

 

 抵当権は、その学習負担の大きさと得点できる期待値を総合的にかんがえると、

 あまりにも学習効率が悪いので、

 本当に学習したければ、本試験が終わってからじっくりと取り組めばよいと思います。

 

 せっかく勉強するんだから…と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、

 宅建本試験までは、『合格のための学習』を!

 合格後には、『いい主任者になるための学習』を。

 目的をはっきりさせて、分けたほうがいいのではないでしょうか?

 

 ちなみに、そんな学習態度ではいい取引主任者にはなれない!

 とお考えになることもあるかもしれませんが、

 どのみち、いい取引主任者となれるかどうかは、

 宅建合格の後に、どれだけお客様のためにいろいろなことを勉強できるかで

 真価が問われるので、なんら問題はないでしょう。

 

 

 

 

 それではスタート!

   まずは、抵当権とはどんなルールか?

   イメージで理解をしましょう♪ 

 

   例えば、一軒家を買うことにしました。

   銀行から3,000万円借りました。

 

   こんなとき、もしお金を貸した銀行の立場であったらこう思いませんか?

   お金をちゃんと払ってくれなかったらどうしよう…と。

 

   そこで、万一お金を払ってもらえなくなった場合に備えて、

   お金を貸すときに、

   『お金払えなくなったら、借金のカタに家と土地をもっていきますよ。』

   という約束をすることにしました。

   これが抵当権の設定契約になります。

 

   ちなみに、このとき抵当権が設定された家と土地を使えるのは誰でしょうか?

   もちろん、お金を貸した銀行(抵当権者)ではなく、

   お金を借りた家と土地の所有者(抵当権設定者)ですね。

 

  抵当権入門 

 次の用語は図を描きながら確認しておきましょう!

  本試験で、図を描きながら考えることで、正解への突破口がみえてくるものです(*^^)v

Q1.『抵当権』とはなんですか?

Q2.『抵当権設定者』『抵当権者』とはなんですか?

Q3.『物上保証人』とはなんですか?

Q4.『第三取得者』とはなんですか?

Q5.『被担保債権』とはなんですか?

Q6.『抵当権』とはなんですか?

Q7.『競売』とはなんですか?

Q8.抵当権設定契約の成立に書面や登記は必要ですか?

Q9.抵当権を第三者に対抗するには何が必要ですか?

Q10.抵当権設定者は、抵当権者の同意なしに、目的物を使ったり、貸したり、売ったりすることはできますか?

  抵当権の設定された不動産は誰が使えるのか、おさえておきましょう!

 

 

 抵当権については、『過去問をいっさいやらなくても、間違いなく合格できます』ので、

   あせらず、重要Pointをイメージでしっかり理解するようにしましょう♪

 次回は、余裕のある受験生のために、抵当権の重要基本項目を扱います。

  

  

  

  ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part 30

2013-05-18 07:28:03 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~みやざきの権利関係攻略ポイント♪~

2008-07-29 ver.1 ~ 2013-05-18 ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 30

~担保物権~

  

担保物権(質権、先取特権、留置権)!?

 えっ…というテーマかもしれませんね。

 ところが、

 権利関係のテーマとしては、

 H21,H19,H17,H14,H12,H10などで出題され、

 連帯債務や請負あたりよりも

 よく出題されているテーマです。

 一般の書籍などでは、

 客観的な出題頻度とそのアドバイスに大きなズレがあるテーマなので、

 ちょっと注意しましょう。

 出題の周期からみて、今年の出題可能性はそこそこあると思います。

 学習時間に余裕があるのであれば、ぜひ攻略しましょう♪

 

 ※直前期には、合格したい方は無視してください。
  直前期に学習すると、たぶん頭から煙が出ます…

 


質権について 

Q1 質権とは何ですか?

Q2 質権の成立要件は? 

   (質権の成立には何が必要ですか?)

Q3 不動産質権の対抗要件はなんですか?

Q4 質権に物上代位性は認められますか?

Q5 債権質とは、何ですか?

Q6 債権質の対抗要件は、何ですか?

Q7 債権質権者は,質権の目的となっている債権を、直接取立てることが出来ますか?

以上の7つについて押さえておけば、十分です。

 

先取特権ついて 

Q1 先取特権とは何ですか?

   せめてコレだけは、優先的にお金を持って行ってもらわないと…という場面を思い浮かべてみましょう♪

Q2 先取特権の成立には何か必要ですか?

Q3 先取特権に物上代位性は認められますか?

先取特権については、このくらいで十分です。

 

留置権について 

Q1 留置権とは何ですか?

Q2 留置権の成立には何か必要ですか?

Q3 留置権はどのような場合に成立しますか?

   損害賠償請求権についてはどうですか?

Q4 留置権の対抗要件は何ですか?

留置権については、このくらいで十分すぎるほどです。

 

担保物権については、

  時間的に余裕がなければ、優先順位をさげてOK!です(^^)v 

  がんばっていきましょう♪

 

  

 

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part27

2013-05-17 21:57:14 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~ みやざきの権利関係攻略ポイント♪ ~

2007-03-17  ver.1 ~ 2013-05-17  ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

 みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 27

~同時履行の抗弁権~

  

同時履行の抗弁権!?

 えっ…というテーマかもしれません。

 ところが、

 平成11年以降、まぁ…ちょこちょこと、でているテーマなんです。
 (選択肢1つのときもありますが…

 この同時履行の抗弁権は、(そんなに出ないんだけど)

 出題可能性が決してムチャクチャ低いというわけではないテーマといっていいでしょう。

 

学習上注意すべきは、

 一見よく似た状況でありながら、結論が正反対になることがある点です。

 比較しておさえておかないと、失敗する可能性が高いと思います。

 2択で迷って、丁半ばくち…

 強烈なヒッカケにはまってミス (しかも、ボードラインでその1点足りずにまた来年…)

 というのがイヤ!という受験生は、

 時間に余裕のある時期に、

 独立に項目立てて整理しておいたほうがよいテーマでしょう。

 

 ※念のため…

 (時間的に余裕がない)直前期には、優先順位の関係で無視したほうがよいテーマかも…(>_<)

 

同時履行の抗弁権について 

Q1.『同時履行の抗弁権』とはなんですか?

 細かな要件は覚えなくてもよいです。

  『約束の実行は、いっしょにしましょうね。

  あなたが実行しないんなら、私も約束を実行しませんよ。』

  くらいで十分♪

Q2.次の組み合わせは、同時履行となりますか? 

 .「売主の目的物の引渡し・登記の移転」 と 「買主の代金の支払い」 

 .「債務の弁済」 と 「(その債務を担保している)抵当権の登記の抹消」 

 .売買契約が解除(取消し)されたときの両当事者の原状回復義務について、

   「所有権移転登記の抹消」 と 「代金の返還」 

 .「債務の弁済」 と 「受取証書の交付」 

 .「債務の弁済」 と 「債権証書の交付」 

 .「請負人の目的物の引渡し」 と 「注文者の報酬の支払い」 

 .賃貸借契約が終了した場合について、   

   「賃貸人の敷金の返還」 と 「賃借人の目的物の明渡し」

 .建物買取請求、造作買取請求の場合では、どのように扱いが異なりますか?

 

 マークのところだけでも、確認しておきましょう(*^^)v

   がんばっていきましょう♪

 

  

  

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

リンクをはることは、原則として自由といたします。

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part26

2013-05-17 21:50:09 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

  ~ みやざきの権利関係攻略ポイント♪ ~

2007-03-16  ver.1 ~ 2013-05-17  ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 26

~贈与~

  

   贈与は、H3、H10に出題があり、

 『周期的にそろそろ…でるかも???』

 といっていた、H21にでたテーマです。

 10年に1回くらいのテーマなので、しばらくは出題されないでしょう…

 ただ、

 贈与はネタが少ないこともあり、

 出題されれば、ピンポイントで狙い撃てる!

 という特徴があります。

 H21の問題も一般受験生の正解率が25%くらいの難問? でありながら、

 みやざきの攻略ポイントでは、

 マークたった1つで、まさにピンポイントのズバリ的中!でした。 

 

 しばらく、単独テーマでの出題はないと思いますが、

 万が一、出題されたときに差をつけやすいので、

 余裕があって、学習するのであればココ!

 というPointをお伝えするため、

 攻略ポイントにいれておきますヽ(^。^)ノ

 

 学習に余裕があれば簡単に確認しておきましょう。

 学習時間は5分くらいで十分♪

 

 具体的に、指輪、ブランドバッグ(Q2)、

  ブレーキのきかないマウンテンバイク(Q3) などを

  プレゼントする場面を考えてみましょう。

 

 贈与(プレゼント)について  

Q1.『贈与』とはなんですか?

   書面によらない贈与契約は、有効ですか?

Q2.書面によらない贈与契約は、どういう場合に撤回することができなくなりますか?

   書面による贈与契約は、撤回することができますか?

Q3.贈与者は担保責任を負いますか? 

   また、その例外はありますか?

 

 Q3は,H21に唯一を撃ち、見事正解肢でズバリ的中!したテーマ♪

   しばらく間をおいて、H25くらいから、またを撃つ予定です。

  

  ということで、H22,23,24と軽視してきましたが、今年は重要度がUP!

  マークをつけておきます♪ 

 

Q4.『死因贈与』とはなんですか? 

Q5.遺言により、死因贈与を撤回することはできますか?

 

 贈与は、余裕があれば簡単におさえるくらいで十分です…念のため。

  みやざき塾の講義では、ネタが豊富で面白いんですけどね(笑)

  がんばっていきましょう♪

 

  

 

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part25

2013-05-16 21:26:16 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~みやざきの権利関係攻略ポイント♪~

2007-03-05 ver.1 ~ 2013-05-16 ver.7

必ず覚えるべきPoint♪ 

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 25

~不法行為~

  

不法行為はここ10年くらい、ほんとよく出題されていますヽ(^。^)ノ

 (H17,H18,H19など、ほとんどの出題で、ドンぴしゃり!ズバリ予想問題的中!で相性のよいテーマです♪)

 さて、この不法行為については、

 なぜかランク付けが最重要ランクとなっていない

 過去問の出題頻度とマッチしていないテキストがあったりしますが…

 出題可能性が高いばかりでなく、

 すでに重要項目については、過去問で網羅されつつあることから、

 一見難しい問題でも、しっかりとイメージで理解して押さえておけば、

 本試験で得点できる可能性が高い、

 民法の中では、文句なしの最重要ランクのテーマです♪

 利用しているテキスト・講義や、勉強の仕方で大きく差がつく、

 合否を決めるテーマのひとつといってもいいでしょう。

 重要Pointをしっかりと学習し、ライバルに差をつけましょう!

  

 不法行為について 

Q1.『不法行為』とはなんですか?

    契約がない関係(例:まったく赤の他人どうし)でも成立することはしっかりと理解しておきましょう( ..)φ

Q2.不法行為によって発生した損害賠償の債務はいつから(遅延利息の発生する)遅滞となりますか?

Q3.不法行為によって発生した損害賠償の債権は、どのような条件で消滅しますか?

Q4.不法行為によって発生した損害賠償債権は、相殺をすることができますか?

    注意! 『(加害者から)自働債権として』なのか、『(被害者から)受働債権として』なのかで、結論がかわるので注意しましょう!

 

 例えばこんなケース。

  あなたならどうしますか?

  トコトコと道を歩いていたら…!

  すぐそばで、

  居眠り運転をしていた タクシー がドン!!

  なんと運が悪いことに、衝突事故に巻き込まれて、

  大ケガをしてしまいました…

  治療してもらったり、入院したりして、

  もろもろ1,000万円くらいの損害をこうむってしまいました。

  さて、誰に対して、損をしたから、金を払ってくれといえるんでしょうか?

  確実に1,000万円払ってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

 使用者責任について 

Q1.『使用者』、『被用者』とはなんですか?

  タクシーの運転手(被用者)、タクシー会社(使用者)

   タクシーにはねられた被害者

   という設定が、最初はイメージしやすくてよいでしょう♪

   しっかりとイメージで理解できたら、

   宅建試験で出題可能性の高い

   不動産屋さんの従業員のケースで考えてみましょう。

Q2.『使用者責任』とはどのような責任ですか?

Q3.使用者責任が成立する場合、

   被害者は、①誰に対して、②どのような請求をすることができますか?

Q4.『求償』とはなんですか?

   使用者責任が成立する場合、求償関係はどのように扱われますか?

   また、求償できる額はどのようなものですか?

 

 共同不法行為について 

  タクシーとタクシーが事故を起こして、

   通行人が巻き込まれ大ケガをした場合で考えてみるとイメージしやすいです♪

Q1.『共同不法行為』とはなんですか?

Q2.共同不法行為が成立する場合、

   被害者は、①誰に対して、②どのような請求をすることができますか?

 

 工作物責任について 

 しっかりとイメージで理解しておきましょう♪

Q1.『工作物責任』とはなんですか?

Q2.工作物責任について、

     被害者は、①誰に対して、②どのような請求をすることができますか?

Q3.Q2とほとんど同じですが、加害者サイドの立場からも整理しておきましょう。   

  .『占有者』、『所有者』とはなんですか?   

  .『占有者』、『所有者』はどのような順番で、どのような責任を負いますか?

Q4.過去問はありませんが、今年は念のためおさえておきましょう。   

   おおきな地震、台風などの場合、『占有者』、『所有者』が工作物責任を負わない場合がありますか?

   ★もし、Q4が出題されれば、ほとんどの受験生の方が間違えるので、ブログ読者の方の合格チャンスぐ~んとUP!

 

 不法行為は、難しい用語で単にかいてあるだけの

   出来がいまいちの市販テキストが多いため、

   最初はちょっと高度に感じるかもしれませんが、

   宅建合格の範囲に絞れば、実はそれほど難しくはないので、

   しっかり理解するように心がけてください。

   まちがっても、『よくわからないからとりあえず覚えておこう…』

   なんてことのありませんように。

   単なる丸暗記は、じわじわと自分の首を絞めることになります。

   しっかりとイメージで理解して、

   簡単に1点確保しましょう!

  がんばっていきましょう♪

 

  

   ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。

許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part24

2013-05-16 21:18:43 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~みやざきの権利関係攻略ポイント♪~

2007-03-04  ver.1 ~ 2013-05-16 ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 24

~請負~

  

請負…家を建てるときの、大工さんのおはなしや、

  宅地を造成する開発業者さんのおはなしです。

  どんな場合に解除できるのか、注意して、

  重要なところだけ押さえておきましょう♪

 

   ≪ 請負についての、現在の本音 (>_<) ≫

   平成24年度の宅建試験で、ちょっと困った判決文問題が出題された請負。

   今度いつ出るのか、予測しにくい状況になりました。

   2013の出題可能性は低いような気がしますが…う~ん、どうでしょうか?

  

 

~余談~

 もうずいぶん前のことですが、ある宅建無料講義(たった40分くらい)をしたときのことです。

 H18年受験対策として、出題が予想される、

 絶対、押さえて欲しい、盲点になりやすいテーマの特講を行いました。

 なんと、そのとき講義したテーマは、

 一般書籍などでは軽視されがちな

 委任

 請負

 条件

 の3つでした

  なんと、その年のH18年の宅建本試験で、 3つ全部出題パーフェクト的中!

 しかも、正答率(受験生のうち、正解できた人の割合)から分析すると、

 3つとも正答率が低く、受験生が苦しみ合否を分けた問題!!

 あのときの無料講義に出席した方は、かなり有利だったことでしょう。

 たった40分で、合否を分ける問題3問を獲ることができました♪

 こんなことも、毎年毎年けっこうありますので、

 みやざきの講義に出席できる機会がありましたら、ぜひ♪

 たとえ無料講座でも、いつでも『本気で合格するためのアドバイス!』を提供しています。 

  

 請負について 

Q1.『請負』とはなんですか?

Q2.『注文者』、『請負人』とはなんですか?

 

 請負の重要Pointについて 

Q1.請負契約では、報酬の支払いはどう扱われますか?

   『報酬の支払い』と同時履行の関係にあるのはなんですか?

Q2.請負人が、建物を建てている間(完成前)、注文者は解除をすることはできますか?

Q3.請負人が、建物を完成させました。注文者は解除をすることはできますか?

Q4.建物に重大な欠陥がある場合、注文者は請負人にどのような責任追及ができますか?

Q5.所有権は、いつ注文者に移転しますか?

 

請負については、まずはこれだけしっかりとおさえましょう♪

     

   いっしょにがんばって、絶対に合格しましょう♪

 

  

  

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます

リンクをはることは、原則として自由といたします。

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part23

2013-05-16 08:32:11 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~ みやざきの権利関係攻略ポイント♪ ~

2007-03-03  ver.1 ~ 2013-05-16 ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 23

~委任~

  

委任は、今年のおおヤマのテーマの1つ!

  H13,H14,H18、H20で出題されています。

  ※H20は、善管注意義務の総合問題の1肢でした

  今年は、大問1題(4肢)の可能性も十分です♪

  ノーマークには絶対しないように!

 

  具体的にイメージで理解し、上手に勉強すれば、

  宅建合格のために覚えることは、とっても少ないテーマ。

  10分もあれば、あっ!というまに攻略できます!

  重要Pointをイメージで理解して、ラクに攻略しましょう♪

 

例えばこんな場面。

  いい物件がある、そんな話が飛び込んできました。

  家を売りたいという、○○さんと直接会って交渉したい…

  でも今日いまから会いに行くことはスケジュール的にむずかしい…

  そんなときに、頼りになる☆☆くんに、

  『ちょっとかわりにどんな家を、どんな条件で売ってくれるのか、話を聴いてきてくれないか。』

  と頼みました。

  これが委任契約です。

  委任契約のキーワードは、『信頼(友情)』♪

  このキーワードから、重要な委任のPointを整理していきましょう。 

 

みやざき塾の講義では、ある大学生が学園祭で焼き鳥屋さんをやることにした場面で講義しています。

  余裕があったら、お友達に焼き鳥屋さんを手伝ってもらう場面も考えてみましょう♪

 

 委任について 

Q1.『委任』とはなんですか?

Q2.『委任者』、『受任者』とはなんですか?

Q3.『準委任』とはなんですか? (軽く確認)

   宅建試験では、『委託』 ⇒ 『委任』 と考えましょう。

     例.マンションの管理の『委託』 ⇒ 『委任』のルール!

 

 委任の重要Pointについて 

Q1.委任契約では、報酬の扱いはどうなりますか?

Q2.受任者はどのような注意義務を負いますか?

Q3.委任者、受任者が死亡すると、それぞれ、委任契約の扱いはどうなりますか?

Q4.委任契約では、解除の扱いはどうなっていますか?

Q5.委任契約では、費用の扱いはどうなりますか?

 

委任については、まずここまでをしっかりとおさえましょう♪

 考え方、覚え方のPointは、

 『信頼(友情)』 ⇒ 1 タダ働き! (無償)

             2 手抜きはできない (善管注意義務)

             3 身内に信頼は引き継ぎできない。
               死んだら終わり (相続しない)

             4 もう信頼できない… いつでも解除できる

             5 費用は、仕事を頼んだ委任者が負担しましょう

 です。

  重要Pointをおさえたら、過去問を一気に解いて、攻略しましょう! 

 

  

 

リンクをはることは、原則として自由といたします。

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪  Part22

2013-05-14 20:45:37 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

~みやざきの権利関係攻略ポイント♪~

2007-02-27 ver.1 ~ 2012-05-14 ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

 みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 22

~相殺~  

 

相殺…宅建受験生にとってちょっと困ったテーマですね。

 平成初期の頃は3年おきくらいに出題され、

 その後、10年くらい出ない時代が続き、もうやらなくていいかな…

 とおもわせる頃、再び出題されて、

 近年は、ほんとよく出題される…

 とおもったら、またでない…

 で、H23ふたたび登場!

 多くの受験生が苦戦したH23-6の問題の正解の選択肢(肢1)

 みやざき塾で、ズバリヤマ的中! させることができて、ほんと良かったです。

 図を描いて、簡単に解いていただくことができました♪

 もちろん、ブログ上でもヤマ的中!です。

 

 平成24年に引き続き、今年平成25年の対策としては、

 相殺だけの大問が出題されることはたぶんないと思いますが、

 総合問題として出題された場合に選択肢に含まれる可能性がそこそこありますので、

 ポイントを絞って軽くやっておくべきテーマでしょうか。

 民法の総合問題の肢として作りやすいテーマの相殺。

 出題可能性があまり高くない年度であっても、最低限の準備だけはしておくべきでしょう。

 

 時間に余裕のあるうちに、攻略することをおススメします♪

 まぁ、今年の直前期は、捨ててもいいね!

 貴重な学習時間は、得点直結テーマにあてましょう( ..)φメモメモ

 

相殺は、ていねいに理解しながら学習するのが大切なテーマです。

  基本的な内容を、図を描きながら、

  しっかりと攻略していきましょう♪

  

  たとえばこんなとき、みなさんはどうしますか?

  みやざきくんが、Yさんに1,000円貸しました。

  2,3日たって、ふっと思い出しました。

  そういえば、半年くらい前に1,000円借りてたよね…と。

  こんなときに、わざわざ半年前に借りてた1000円を返して、

  2,3日前に貸した1000円を返してもらう…

  こんなことはしませんよね。

  そう、貸し借りチャラ!

  これがてっとりばやくていいことでしょう♪

  それでは、相殺の攻略開始!

 相殺について 

Q1.『相殺(そうさい)』とはなんですか?

Q2.『自働債権』、『受働債権』とはなんですか?

 まず、このへんてこな用語を正確に理解しましょう♪

ゆっくりと1つ1つ、図を描きながら、

  しっかりとイメージをもって、理解していきましょう♪

 

 相殺の要件について 

Q1.自働債権が時効消滅した場合でも、相殺をすることができますか?

Q2.①相殺をするために、「自働債権」は弁済期にある必要がありますか? 

 また、②相殺をするために、「受働債権」は弁済期にある必要がありますか? 

  ていねいに、正確に、図を描きながら、具体的なイメージで理解しましょう♪

   けっして難しくはない!

   図も書かずに、難しい用語のまま覚えようとするから、勝手に難しくしているだけ!

Q3.①不法行為による債権を自働債権として相殺をすることはできますか? 

 また、②不法行為による債権を受働債権として相殺をすることはできますか?

  ①は被害者から、②は加害者から、相殺をするケースになります。

   なぜ、扱いが違うのか? 理由を考えると、一発で覚えられます! 

Q4.①Aが、Bに対する債権を取得したのが、

   Cが、BのAに対する債権を、差し押さえたときよりも遅い場合、

   Aは相殺をして、差押え債権者Cに対抗することはできますか? 

   また、

   ②Aが、Bに対する債権を取得したのが、

   Cが、BのAに対する債権を、差し押さえたときよりも早い場合、

   Aは相殺をして、差押え債権者Cに対抗することはできますか?

  このテーマが出題されれば、間違いなく合否を分ける問題になります。

  ゆっくり、あせらず、①、②それぞれの図を別々に描いて、

  なぜ、①、②で異なるのか、

  丁寧に理解するようにしましょう♪

  絶対にできる!

相殺については、ここまでをしっかりとおさえておけば十分です。

   

   がんばっていきましょう♪

 

  

 

  

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part21

2013-05-14 08:47:09 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~ みやざきの権利関係攻略ポイント♪ ~

2007-02-25  ver.1 ~ 2013-05-14 ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 21

~債権譲渡~

 

 昨年に引き続き、今年もやるだけムダになる可能性が高いテーマです。

   『H23は大ヤマ的中!』 して、ライバルに差をつけたテーマでしたが、

   今年はたぶんでないので、余裕がなければ、やらなくてもいいかもしれません。

   まぁ、ヒマだったらやるくらいで今年は十分♪

   この次の出題は、H26~H27ですよ。きっとね!

   はずれたら、ゴメンちゃい~ ( ^^) _旦~~

 

~ 以下、H23のときのブログ記事です♪ ~

 H19,H15,H12,H9とほぼ3年おきに出題されている債権譲渡。

 宅建受験生にとってはやるべきかどうかちょっと悩ましいテーマの1つでしょう。

 こういうきわどいテーマは出題傾向を客観的に分析して、

 攻めるかどうか戦い方を決めたいところです。

 H19でおおヤマ的中し、H20、H21と学習対象からはずした債権譲渡。

 今年、H23については、

 債権譲渡がほぼ3年周期に出題されていることから、

 出題可能性が高い『ヤマ』のテーマ! と判断します。

 H23年の対策としては、ぜひ攻略しましょう!

 図を描きながら、表でまとめて、

 上手に学習すれば、なんてことはありません。

 あっというまに攻略できます。

~ ココまで、H23にヤマが当たったときのブログ記事の話(笑)。まぁ、出題予測がしやすいテーマなのです(^_^)/

 

 それでは、債権譲渡の学習を(ヒマっだったら)していきましょう♪

 債権譲渡について 

Q1.『債権』とはなんですか?

Q2.『債権譲渡』とはなんですか?

   契約時点では、まだ発生していない債権でも、譲渡することはできます。

    ふ~ん、そうなのね。

    まぁ、確実なものならいいのかぁ、くらいでおさえておきましょう。

    この考え方を知っておくと、ほかのテーマでもいいことがあるかもです。

Q3.『譲渡人』、『譲受人』とはなんですか?

Q4.『債権譲渡禁止の特約』がある場合、どのような扱いとなりますか?

   どのような第三者が保護されるか、おさえておきましょう。 

 

 債権譲渡の対抗要件について 

債権譲渡を学習する場合は、ココをしっかりおさえましょう♪

  債権を譲り受けた者が、その権利を行使するための条件はなんでしょうか?

 

Q1.A(債権者)のB(債務者)に対する債権が、
   A(譲渡人)からC(譲受人)に譲渡された場合、
   債権を譲り受けたCが、
   債務者Bに対して債権を行使するための条件はなんですか?

 『通知』と『承諾』とで扱いが異なるのは、なぜですか?

   理由を考えて、しっかり納得して、表でまとめると一発で覚えられます♪

 ちゃんと理解して整理した知識は忘れにくいものなんだ、ぶぅ~。

 

Q2.A(債権者)のB(債務者)に対する債権が、
   A(譲渡人)からC(第1譲受人)、D(第2譲受人)に二重に譲渡された場合、
   債権を譲り受けたCとDの優劣はどのように扱われますか?

 Hint:① 確定日付のある通知 vs 確定日付のない通知 のケース     

       ② 確定日付のある通知 vs 確定日付のある通知 のケース     

       ③ ②のケースで、同時に到達した場合 

 ①~③の3つのケースをしっかりとわけて、整理しておきましょう♪

 

 債権譲渡の異議なき承諾について 

Q.債務者が、異議をとどめないで、債権譲渡の承諾をした場合、

  どのような扱いとなりますか?

 

 債権譲渡については、図を描きながら、イメージで理解しておきましょう。

   質権など他のテーマでも、

   考え方を知っていれば解ける問題が出題されます。    

   がんばっていきましょう♪

 

 

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪ Part20

2013-05-09 15:26:22 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~ みやざきの権利関係攻略ポイント♪ ~

2007-02-21 ver.1 ~ 2013-05-9 ver.7

必ず覚えるべきPoint!

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 20

~物権変動~

☆出題される可能性の高いテーマ!☆  


 

YouTube宅建みやざき塾もぜひ合格にお役立てください♪

 

宅建みやざき塾 不動産物権変動1 HD版 

https://www.youtube.com/watch?v=gmj_5lHRcOA

宅建みやざき塾 不動産物権変動2 HD版 

https://www.youtube.com/watch?v=7Mj71DYjKSQ

宅建みやざき塾 不動産物権変動3 HD版 

https://www.youtube.com/watch?v=PfPnos3sIzI


 物権変動は、出題されると、そのほとんどの場合で、

  合格者正解率と不合格者正解率との差が20%以上つく、

  絶対に攻略すべき!、必ず攻略すべき!、なにがなんでも攻略すべき!

  合否を分けるテーマです( ..)φメモメモ

 

  う~ん…、とりあえず覚えておこう…

  という暗記に頼った学習ではなく、

  丁寧に、『図』を描きながら、

  しっかりと『理解』して、

  重要POINTを正確におさえましょう♪

 

☆宅建みやざき塾の塾生の皆様に、自宅学習用として提供させていただいている動画講義をYouTubeで公開しています♪

『宅建 みやざき塾 不動産物権変動』  で検索してご覧ください。

宅建みやざき塾 不動産物権変動1 HD版

https://www.youtube.com/watch?v=gmj_5lHRcOA

宅建みやざき塾 不動産物権変動2 HD版

https://www.youtube.com/watch?v=7Mj71DYjKSQ

宅建みやざき塾 不動産物権変動3 HD版

https://www.youtube.com/watch?v=PfPnos3sIzI

☆HD版がおススメです♪

★みやざきのエンジン全開!生講義とはちょっと違いパワーダウンしていますが(笑)
 有料の大手スクールの講義と比べても、まぁまぁの水準の講義です♪ 

 

 

まずは、ウォーミングアップ。

  かるく、ふ~んそうなんだぁ、くらいでOK♪       

 所有権の移転時期について 

Q1.『所有権』とはなんですか?

Q2.所有権はどのような場合に移転しますか?

Q3.売買契約において、買主は、登記を備えていなくても、売主に対して所有権の移転を主張できますか?

Q4.Aが土地をBに譲渡し、その土地をBがCに譲渡した場合、Cは、登記を備えていなくても、所有権の登記を有するAに対して、その土地の所有権を主張することができますか?

コレ!あんまり出ないけど、けっこう盲点になっていたりするんだよね(@_@) 

 

必ず図を描きながら、攻略しましょう♪

  あせらず、確実に1つ1つ『理解』していくことが『合格への道』!

 対抗問題について 

Q1.『対抗問題』、『対抗力』とはなんですか?

Q2.Aが、同一の土地を、まずはBに、つづいてCに二重に譲渡した場合、第一買受人のBは、登記を備えていなくても、Cにその土地の所有権を主張することができますか?

Q3.Aが、同一の土地を、まずはBに、つづいてCに二重に譲渡した場合、第二買受人のCは、二重売買であることにつき悪意であったとしても、登記を備えればBにその土地の所有権を主張することができますか?

Q4.『背信的悪意者』とはなんですか?

Q5.登記を備えた『背信的悪意者』に対抗力は認められますか?

Q6.登記を備えた『背信的悪意者からの転得者』に対抗力は認められますか?

  H24-問6 過去問なし。宅建試験初登場をズバリドンピシャ的中!

   『背信的悪意者からの転得者』のテーマは、
   判決文問題で出題される可能性も高いので、
   必ず確認しておきましょう♪

Q7.Aが土地をBに譲渡した場合、Bは、登記を備えていなくても、土地を不法占拠しているCに対して、その土地の所有権を主張することができますか?

Q8.Aが土地をBに譲渡した場合、Bは、登記を備えていなくても、Aから仮装売買で登記を受けたCに対して、その土地の所有権を主張することができますか?


 

 

 起こった出来事の順番に注意して、図を描いて考えましょう♪   

  図を描くときには、

  『起こった出来事の順番』と『どのように勝ち負けを決めるか』

  しっかりとメモをいれるようにしましょう!    

 詐欺・強迫による取消しのケースについて 

Q1.詐欺による取消しがなされた場合、
  取消した者 と 詐欺による取消がなされる前に登場した第三者 
  との関係はどのように扱われますか?

Q2.詐欺による取消しがなされた場合、
  取消した者 と 詐欺による取消がなされた後に登場した第三者 
  との関係はどのように扱われますか?

Q3.強迫による取消しがなされた場合、
  強迫した者 と 強迫による取消がなされる前に登場した第三者 
  との関係はどのように扱われますか?

Q4.強迫による取消しがなされた場合、
  強迫した者 と 強迫による取消がなされた後に登場した第三者 
  との関係はどのように扱われますか?

 

 

 

 解除のケースでは、第三者が勝つための条件は…?

  まずは、これを覚えましょう♪

 解除のケースについて

Q1.解除がなされた場合、
  解除した者 と 解除がなされる前に登場した第三者 
  との関係はどのように扱われますか?

Q2.解除がなされた場合、
  解除した者 と 解除がなされた後に登場した第三者 
  との関係はどのように扱われますか?

  H21年の問題では、上記Q1が合格の鍵となりました(H21-8-1)

   丁寧な学習を心がけていた、私の身近な受験生は全員正解できたのですが、

   一般受験生の正解率は、なんと! 42%…

   どのような学習を心がければ合格できるか、

   よく考えてほしい素材となりました。

   

 続いて、取得時効です。

  まず、起こった出来事の順番に注意して図を描きながら考えましょう♪

  そして、

  H22に出題され、予想通り、多くの受験生が苦戦し、ライバルに差をつける鍵となった

  時効完成前の第三者のケースについて、

  時効が完成した瞬間、

  権利を奪うのは誰か?

  権利を奪われるのは誰か?

  時効によって権利を奪うもの と 権利を奪われるもの 

  との関係(当事者の関係)で、登記は関係あるのかないのか?

  しっかりと理解しましょう♪

 取得時効のケースについて

Q1.取得時効が完成した場合、
  時効取得した者 と 時効が完成する前に登場した第三者 
  との関係はどのように扱われますか?

  時効完成前の第三者は、ほとんど出題されないのですが、

   出題されると危険なテーマです。

   キチンと理解しておけば、バッチリ点をとれるので、

   しっかりと理解しておきましょう。 

Q2.取得時効が完成した場合、
  時効取得した者 と 時効が完成した後に登場した第三者 
  との関係はどのように扱われますか?  

 

 ○○後の第三者 ⇒ 『登記を先に備えたほうの勝ち!』

  勝負を決めるルールがおんなじですね。

  スッキリ整理しておくといいでしょう♪

 

相続するということは、どういうことなのか?
  (被相続人と相続人との権利関係は?)

  相続を放棄するとは、どういうことなのか?

  しっかりと理解して、物権変動の問題を攻略しましょう♪ 

 相続のケースについて

Q1.売主が死亡した場合、土地の買主は、登記を備えていなくても、売主の相続人に対して所有権の移転を主張できますか?

Q2.売主が死亡した場合、土地の買主は、登記を備えていなくても、売主の相続人から当該土地を二重に買い受けた第三者に対して所有権の移転を主張できますか?

Q3.Aが死亡し、A所有地をBとCが2分の1ずつ共同で相続した場合, Cがこの土地のすべてをDに売却したとすると、BとDとの関係はどのように扱われますか?

  なぜ、そのようになるのか、しっかりと理解しましょう♪

   しっかり理解すれば、覚えることはなくなることでしょう。

Q4.Aが死亡し、BとCが2分の1ずつAの所有地を共同で相続するはずだったが、Cが相続を放棄した。
  この場合、その土地をめぐるBとCとの関係はどのように扱われますか?

Q5.Aが死亡し、BとCが2分の1ずつAの所有地を共同で相続するはずだったが、Cが相続を放棄した。
  その後、BはDに当該土地をDに売却した。
  この場合、CとDとの関係はどのように扱われますか?

 

相続については、まずここまでをしっかりと理解してください。 

 遺産分割のケースについては、余裕があったら軽く押さえるくらいで十分です。
 ちなみに、遺産分割協議後の第三者も
 ○○後の第三者 ⇒ 『登記を先に備えたほうの勝ち!』
 
と考えることができます。

  相続の放棄については、物権変動の出題がなかなかなく、
 最初は軽く流してOKですが、
 総合問題の1肢として出題されることも十分ありうるので、
 Q4.Q5の内容は、余力に応じて、理解しておきましょう。 

 

~余談~

  「動産(Ex.宝石)の物権変動」、「即時取得」 など、

  動産だけに関するテーマは宅建の合格には不要です。

  まともな出題者が作問する限り、なぜ、宅建試験では出題されないのか?

  宅建試験で試そうとしている出題範囲の射程を

  しっかりとわかっている教材や講義を利用していただきたいところです。

  ※過去問でごくごくまれにでたこともありますが、
   『動産については知らなくても解ける』ように上手につくってあります。
  

  ムダなことを学習しなければ、宅建合格はそれほど難しくありません!  

  ムダなことに貴重な学習時間を割かれ、自爆しませんように!

 

  『宅建合格』のための学習をしていきましょう♪

 

  

   ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。

許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます。
リンクをはることは、原則として自由といたします。

 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

みやざきの権利関係攻略ポイント♪  Part16

2013-04-05 15:24:31 | みやざきの権利関係攻略ポイント♪

 ~ みやざきの権利関係攻略ポイント♪ ~

2007-02-05 ver.1 ~ 2013-04-05 ver.7

必ず覚えるべきPoint♪

みやざきの権利関係攻略ポイント♪

Part 16

~ 相続 ~

 

 しっかりとイメージで理解して、その年の重要ポイントをおさえれば、

  ほぼ確実に得点できるような問題がほとんどの相続です♪

  今年も出題される可能性が高く、

  余裕のある時期に『丁寧に理解して整理する』学習をしましょう!

 

  分量がほんのちょっぴり多いテーマなので、

  途中でへこたれないよう、一緒にがんばっていきましょう!

 

  丸暗記に頼らず、
  (よくわからないから覚えちゃえ…というのは、時間がなくてやむをえない直前期以外は絶対にしないように!)

  あせらず、一つ一つゆっくりと身近なイメージをもって、具体的なイメージを作りながら、

  確実に重要事項をおさえましょう♪

 

 さて、こんな場面をかんがえてみましょう!

 

  たいへんなことがおこりました…

  財産をたくさん残して、おやじさんが死んじゃった…

  そんなとき、財産を受け継ぐのは誰でしょうか?

  奥さん? こどもたち? 

  えっ!? 誰! この人、こんな親戚いたっけ…親戚のおばちゃん?…

  なんとびっくり…愛人だ、隠し子だ、

  というひとまで、『財産よこせ!』といってきている…(@_@;)

  相続するのは誰なのか?

  ルールを決めておかないと、大変なことになりそうですね。

 

  さらに、相続する人が決まったとして、

  いくらずつ? どのくらい?

  相続するのでしょうか?

  これもルールがないと、ちょっとたいへんそうです。

 

 そこで、

  ①誰が相続するのか、『相続人』

  ②どのくらい相続するのか『相続分』 のルールがあります。

  図を描きながら、丁寧におさえましょう♪

 

 

  相続・相続人・相続分について

 このテーマは、一般的に重要な基本ルールであり、

  ほとんどの宅建受験生が準備をしてくるので、

  一通り学習しておくべきテーマであることは間違いありませんが、

  あんまり時間をかけすぎて、細かなところまで学習しても

  合格へは結びつかない可能性が高いことでしょう。

  (合格という観点からは、学習した時間が無駄に終わる可能性が高いです(>_<))

 

  本試験でよく狙われる『代襲相続』を中心に基本だけしっかりとおさえるようにして、

  軽く学習をきりあげてしまいましょう。

 ※ 他のテーマとの優先順位付けとの関係で、
  限られた学習時間をもっと優先順位の高いテーマに配分しましょう、ということです。
  誤解のありませんように。

 

 

それでは、学習スタート!

Q1.『相続』とはなんですか?

Q2.『相続人』、『被相続人』とはなんですか?

Q3.相続人となることができるのはどういう人でしょうか?   

   .誰が?   

   .どういう順位で?

Q3-〔誰が相続人となるか?〕について、重要Pointの確認♪ 

   ①『養子』とはなんですか? 

     また、『養子』は何人まで相続することができますか?

   ②『胎児』とはなんですか? 

     また、『胎児』は相続することができますか?

   ③『代襲相続』とはなんですか?

  ④相続放棄の場合、代襲相続は認められますか?

 どういう場合に代襲相続できるか、をすべて覚えるより、
  相続放棄のときだけダメ! それ以外はOK! と覚えたほうがラクですよ~♪ 

 

Q4.相続人は具体的にどのくらいの割合で財産を相続できますか? 
  (相続分はどのくらいですか?)

 重要Pointの確認♪

  『養子』の相続分の扱いはどのようなものですか?

 

非嫡出子については、もう出題されないと思いますので、攻略レジュメの項目からはずしました。 

   

 

なくなったおやじさんには、借金がいっぱいあった…

  そんなとき、

  借金しょって人生めちゃくちゃになるのはいやだ!

  とおもったら、どうすればいいのでしょうか?

 

こちらのテーマは、出題可能性が高いと思いますので、

 しっかりと準備しておきましょう!

 

 相続の承認・放棄について

Q1.『相続の承認』、『相続の放棄』とはなんですか?

   また、相続の放棄はどのような手続きによっておこなわれるものですか?

Q2.『単純承認』とはなんですか?

Q3.『限定承認』とはなんですか? 

   相続人が数人いる場合、限定承認を一人ひとりの相続人がすることはできますか?

Q4.相続の承認・放棄はいつまでにしなければなりませんか?

    もし、その期間内にしないと、どのような扱いとなりますか?

    相続開始から、3ヶ月 … × (ヒッカケ注意!)

    ⇒相続開始を『知ったときから』、3ヶ月

     というPointを知っていても、

     いざ試験で出題されると、うっかり間違えてしまうので要注意!

Q5.相続の承認・放棄は撤回できますか?   

   詐欺や強迫により、相続の承認・放棄をした場合、取り消すことはできますか?

Q6.相続開始を知って、相続財産を売却すると、どのように扱われますか?

Q7.共同相続人が単純承認をすると、被相続人の債務はどのように承継されますか?

 

  

 遺産分割について

遺産分割は盲点になりやすいのですが、

  今年はちょっと注意をしておきたいテーマです。

Q1.『遺産分割』とはなんですか?

   『金銭』の扱いと『金銭債権』の扱いの違いに注意しましょう!

     滅多に出題されませんが、知らないと間違える可能性が高いところです。

Q2.遺産分割はどのように実行できますか?

Q3.遺言で、遺産分割を禁止することはできますか?

Q4.遺産分割協議をやり直すことはできますか?

 

民法のルールでは、自分が死んだとき、

  奥さんに半分、こどもたちに半分、財産が相続されるんだけど…

  とってもおせわになったあのひとに財産を残してあげたい!

  自分の意思で、 だれに? いくら? 

  財産を残してあげるか、決めたい。

  そんなときにつくるのが遺言です。

  遺言は、未成年者であっても、15歳以上であれば、有効にすることができるので、

  ちょっと注意しておきましょう。

 

 遺言について

 遺言は、近年よく狙われていますので、しっかりと学習しておきましょう!

  ★(宅建試験を離れて)遺言の書き方等のご相談も大歓迎です(^^)/

   

Q1.『遺言』、『遺贈』とはなんですか?

Q2.遺言は何歳からできますか? 

Q3.遺言は撤回できますか? 

Q4.同じ人の遺言が2つある場合、「(より古い)前の遺言」と「(より新しい)後の遺言」とで内容が抵触すると、どのような扱いとなりますか?

Q5.『検認』とはなんですか?

    検認をしていないと、遺言は無効となりますか?

Q6.同一の証書で、2名以上のものが有効に遺言をすることはできますか?

Q7.自筆証書遺言とはどのようなものですか?

   公正証書遺言とはどのようなものですか?

Q8.特定の者に特定の財産を相続させる旨の遺言があった場合、どのように扱われますか?

 

いっけん、ちょっと難しく感じるテーマの遺留分。

  しっかりとイメージをもって理解すれば、実はたいしたことはありません。

  上手に攻略しましょう♪

  たとえば、こんなケース。

  うん億の財産を残しておやじさんがしんじゃった…

  奥さんとこどもたちは、その財産をあてにしていたのですが…

  …なっ、なんと!

  おバカなおやじさんは、よく通ってドンペリをあけていた

  あのお店のお気に入りのおんなのこに、

  『○○ちゃんに、全財産あげる

  なんていうとんでもない遺言をつくっていた

  あの世にいってまで…家族を困らせるとは…

  と、かなり頭にきている残された家族の者は、

  どんなことができるのか?

  少しだけでも返してくれといえるのか?

  今年のヤマのひとつ!

  『遺留分』を学習していきましょう♪ 

 

 遺留分について

Q1.『遺留分』とはなんですか?

Q2.遺留分があるのはどんなひとですか? (遺留分権利者は?)   

   兄弟姉妹に遺留分はありますか?

  H24ズバリ的中!

Q3.遺留分は、被相続人の財産の〔  分の  〕である。
    
   覚えるのは、「直系尊属のみ」以外の場合です。

   ※「直系尊属のみ」のケースについては、とりあえずほっときましょう。
    (いまの社会的背景を考えると、たぶん出題はなく、合格とは関係ないです。)

Q4.遺留分を侵害する遺言は有効ですか?

Q5.『遺留分減殺請求権』とはなんですか?

Q6.遺留分の放棄はできますか?

   相続分と遺留分とで扱いが違うところには、注意しましょう!

Q7.遺留分減殺請求の場面における、(目的物の価額に相当する)金銭による弁償とはなんですか?

 

     がんばって、絶対に合格するぞ!

 

  

 ブログの記事の著作権は宮嵜晋矢(みやざきしんや)にあります。
許可なく、無断で転載することなどを禁止させていただきます
リンクをはることは、原則として自由といたします。
 ブログにおける記事は、あくまでみやざき個人としてのものです。
日建学院、LECと関わりのあるものではありません。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加