ひとり歩きのハイカラ味来人

北海道は日本海側の田舎マチ<増毛>
人生の折り返しポイントを大きく過ぎてしまった太っちょ男が綴る食べ歩き日記。

よろしくお願いしたいです

2017-06-14 20:40:00 | 考えたら
いつも車に乗ってしまうワタクシ。
たまに歩いたって職場までの10分ちょっとですから。
コツコツと山道を歩くなんて…、普段は想像もつきません。



確かにそう思われる方も多いと思います。
途中にトイレやカフェがあるワケでも無し。
流れ出る汗を拭きふきひたすら歩くんだから。

でもね、歩いた人じゃ無いと気付かない魅力があるんです。



マルチ画面には開通の時に撮られた画像も紹介されました。
あら、ワタクシもちょっとだけ写っていますもの。
この時だけお邪魔しただけの“ちゃっかり者”ですけどね。

どうぞ長い付き合いをよろしくお願いしたいと思います。



フォーラムの中では水準点のお話もありました。
人しか歩かない道ではありますが、しっかりと刻まれた重い石柱が埋められているのだとか。
一基140キロ。
それを人の力で運び埋め込むんだから。



昔の人たちの偉業にただただ驚いてしまいます。
大学の先生にはこの山道を活かしてどうしたらいいのか、ってお話をいただきました。



聞いてすぐに変化出来るワケではありませんが、自分なりに噛み砕いて何かしらの形に出来たらいいと思います。
原寸大とはいきませんが全線を見渡せる資料も展示されていました。



歩けは結構大変な部分も多いでしょうけどね。
楽しいこともありますから。



切り開かれた時代。
山越えしながら双方の交流が進められた時代。
当時の暮らしに想いをはせて今を感じて歩きましょうか。



まだまだ整備途中の山道。
自由に立ち入ることはご遠慮願っておりますので、山道の会の企画イベントにご参加ください。
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きなもの | トップ | 1日目終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。