ひとり歩きのハイカラ味来人

北海道は日本海側の田舎マチ<増毛>
人生の折り返しポイントを大きく過ぎてしまった太っちょ男が綴る食べ歩き日記。

どうしたらいいものか

2017-05-12 17:40:00 | たてもの
冬期間閉鎖されていた山小屋暑寒荘までの道。
何キロも手前で閉じられたゲートから歩いて…、いやもっと機動力のあるものを持ち込んでいる人もいるのかも。
なので冬期間の利用が増えているようです。



ここ数年、薪の減り方が凄くて…。
山岳会の皆さんも少々心配気味。
小屋の使い方も時代とともに変化しているってことなのでしょうね。



山を楽しまれる分には全然OKなんだけど。
誰がどう使っているのかってのがわからない。



以前は薪しか入れないストーブにゴミを燃やされて…。
真冬に快適な使い方ってのを想定していませんからね。
緊急避難的に立ち入った人が暖を取れるくらいだから。
何日もガンガン焚かれては、あっと言う間に無くなってしまうのです。
山荘の中に積んだ分は既にカラ。



周辺のも随分と減ってしまいました。



そもそも利用することを申し込まれないケースが目立ってきましたから。
自由で大らかな場所ってのが魅力ではありますけどね。



残念ですが何らかの規制をすることになりそうです。
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 格別なもの | トップ | 具合の悪い時は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。