お灸!

お灸にはまっています。 お灸や漢方などの勉強をまとめてみたいと思いました。 「個人的感想」ですけど...

おいしいワイン?

2009-02-28 09:31:21 | Weblog
芸能人にワインを飲ませ、それが高級品か
低級品か当てさせる番組があるそうですね。
その影響か、「とんでもないようなまずい味」
が高級品だと言われる方もおられるそうです
が、それは「半分」違います。

高級品は5-10年という熟成期間が必要
で、熟成までは渋みも苦みも強くて、とても
素直には飲めないものです。 そんなひどい
味が、熟成すると香りも味も柔らかで厚み
があり、華やかに感じられるものに変化する
のです。

ただワインに限らず、お酒は振動や熱に弱く
特に日本のような地震国では、熟成させる
ことはほぼ不可能に近いのです。 日本で
熟成したおいしい高級ワインを飲むことは、
奇蹟(きせき)と言っても良いくらいです。

お金が有り余っているのならともかく、日常に
楽しめる、おいしいテーブルワインを飲んでい
ただきたい。 買ってきたら最低一晩でも横
にして寝かせてやる、そうするだけで味がぐっ
と良くなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抜けてない?

2009-02-27 09:37:08 | Weblog
意を決して、泌尿器科にMRI検査の結果を
聞きに行きました。 私のMRI画像を見なが
ら、医師はブツブツ言っています。 「抜けて
ないやないか...」...

恐る恐るどうなってるんでしょうか、と聞くと、
MRI画像では前立腺ガンの場合、その部
分が抜け落ちた状態に映るとのこと。 私の
場合、抜け落ちが無いので、見る限りでは
ガンは無いということです。

それにしてはPSAがなぁ、とまだブツブツ...
来月またPSA検査をして、その結果で前
立腺の組織を取って検査する「生検(せい
けん)」に回そう、ということになりました。

なんだかスッキリしない結果になりましたが、
とにかく現時点では明白な前立腺ガンは無
い、と言うことですね。 将来はともかく、今
しばらくはこの結果を喜びましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりぼっち?

2009-02-26 08:06:06 | Weblog
女房が可哀想だな、と思いました。 このブ
ログに何度か登場し、酒飲みで意固地とい
うイメージだろうと思いますが、ま、それは誰
もが持っている欠点のひとつに過ぎません。

結婚して数年はよく喧嘩をしました。 とんで
もない時に、ずいぶんひどい言い方をします。
普通なら互いのしこりとして残るんでしょうが、
私は徹底的に追求する方ですから、何時間
も話し合いました。

それで分かりました。 女房は「要領が悪い」
ということなんです。 思いやりもあり、善意
にあふれているんですが、それを伝えるだけ
の表現力も単語力も無く、場違いな発言
をしてしまう...

これでは大半の人に、イヤなヤツだと誤解さ
れるでしょう。 もしかすると、女房の本当の
理解者は私だけかも知れません。 その私
がいなくなれば、女房は本当のひとりぼっち
ですねぇ...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結果?

2009-02-25 09:28:50 | Weblog
MRI検査は終わりましたが、なかなかその
結果を聞きに行けません。 PSAの数値は
高いまま。 右下腹の違和感は薄らぐことな
く、どう考えても前立腺ガンは避けられない
ように思えます。

前立腺ガンは進行がずいぶん遅いと聞いて
いますので、「近い将来」を予期する必要は
ないでしょうが、手遅れで転移していれば、
通常のガンと同じです。

小児病の百貨店と言われたくらい、生命に
関わる病気を子供時代からいくつもし、鍼
灸の吉田先生は「四十の坂が越えられるか
なぁ」と言われました。

60歳間近にまで生き続けている今は、私
にとっては「おまけ」と言っても良いものです。
どうなろうと悔いはありませんが、女房のこと
が気になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またお灸?

2009-02-24 09:08:02 | Weblog
睾丸炎(こうがんえん)としてはいくつもツボが
あるのですが、ここは一般的にはむしろ「つ
いで」というくらいのツボです。 それが曲泉
(きょくせん)です。

膝のお皿のうしろに当たるのですが、位置は
大体で良いのです。 私の場合、「経穴マッ
プ」の記述とはまったく違います。 もっと上に
なります。

実のところ少しくらい効いてくれれば、ぐらい
の気持ちだったのですが、このお灸も大変な
効き目で、座ることができないくらい痛かった
のに、15壮もすえると、まったく痛くない...

ただ一ヶ月以上も痛みがありましたので、3
-4時間後には、また痛み出しました。 翌
日またお灸する、痛みが消え、またぶり返す
の連続でしたが、少しずつ痛みが薄らいでい
きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読み返し?

2009-02-23 10:14:12 | Weblog
医者に、陰嚢辺りの痛みも前立腺炎が原
因だと言われました。 そうかも知れません
がこの痛みが... 長く座るなとも言われま
したが、座ってるのが仕事の一部ですから、
どうにも困りますねぇ...

この痛みに対して医者がどうにもできないの
なら、あと頼るのは沢田先生の「鍼灸真髄」
しかありません。

前立腺から離れ、睾丸に関係する部分を
徹底して読み返しました。 それでもなかな
か探り当てられません。

圧痛を感じるところもあるんですが、この痛
みに比例すると、どうも適合していないように
感じます。 何度も読み返し、これは、と思
うツボに気づきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハート?

2009-02-21 09:26:55 | Weblog
昨夜放映されたグスターボ・ドゥダメル指揮
シモン・ボリバル・ユースオーケストラ・オブ・
ベネズエラのコンサートを見逃された方は、
大変惜しいことをなさいました。

演奏技術が向上し、コンクールで最優秀を
取る日本人演奏家が増えているのに、その
割には日本で感動する演奏が聴けなくなっ
ています。

金に飽かせた演奏技術より、音楽はやはり
「ハート」だということでしょう。 ドゥダメルは
チャイコフスキーの交響曲第5番を、その叙
情性や物語性まで見事に表現していました。

あちこちにアラがあっても、そのアラを感じさせ
ない。 いや久々に感動、興奮しました。
音楽でも何でもそうです。 ハート、情熱を
大切にして行きたいものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かえって?

2009-02-20 08:32:07 | Weblog
次[骨膠]、三陰交、地機のお灸は、まず
次[骨膠]の圧痛が収まり、三陰交と地機
の圧痛が数週間残りました。

お灸は左から、という原則に従いお灸を続
けましたが、右下腹部の鈍痛が強いせいか
左の三陰交と地機の圧痛は1週間程度で
薄らいだのに、右はずっと残りました。

辛抱強く毎日お灸を続けたら、強い圧痛が
少しずつ薄らいでいきます。 次[骨膠]の
圧痛もほとんど感じないくらいです。

やれやれ、というところですが、ここで困った
ことが残りました。 ツボの圧痛が薄らいだ
のに、陰嚢辺りの痛みが和らがないのです。 
むしろ日によっては、かえって痛みが増して
いるようなのです...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明快?

2009-02-19 09:19:32 | Weblog
ところが、この前立腺炎に対応するお灸に
不思議な点がありました。 通常、前立腺
など生殖器に関わる病症は、尾てい骨の上
にある仙骨の次[骨膠](じりょう)に現れて
きます。

圧痛の現れたところにお灸をして圧痛が和
らげば、それで病症が改善されるわけです。
今回も次[骨膠]と三陰交、それに三陰交
からずっと上の地機(ちき)を中心にお灸を
始めました。

ただ、次[骨膠]より三陰交と地機に圧痛が
強く出ていました。 地機も脾経に属し、膝
などの痛みとともに、生殖器病、腹痛などに
効能のあるものです。

関節部など、目印になるところから離れると、
ツボを取るのは難しいものですが、この地機
の位置はすぐに分かりました。 それくらい
圧痛が明快でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こうなれば?

2009-02-18 07:43:53 | Weblog
いつも素人判断をせず、「まずお医者さんに
行きましょう」と書いております。 病症の判
断は素人には難しいので、重篤な事態に陥
らないよう、まず専門家の判断を仰ぐのがベ
ストです。

今回も泌尿器科の専門医に判断を仰ぎ、
その診断として前立腺炎、または前立腺の
ガンが疑わしい、ということです。

その治療薬も処方してもらい、毎日飲んで
います。 それで収まれば、お灸の出番はあ
りません。 薬の補助として、三陰交など、
生殖器系に効くお灸をするくらいです。

しかし今回は処方通りに服薬しているにもか
かわらず、痛みが強くなっています。 お医
者さんも、それをどうにもできないようです。
こうなれば、お灸しかないですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加