あわて者の足跡。

積水ハウスBeECORDでシンプルモダンな新築をたくらんだ夫婦の二人三脚どたばた建築日記とその後の日常のアレコレ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

階段のきしみ音の解決に向けて

2009-03-10 | 暮らしてから
モージンです。

先週の土曜日、やっと念願の・・・待ちに待った階段の修理が完了しました。
(階段の問題についてはコチラ


その結果・・・・・完璧!直りました〜!


見事に階段から何も音が出ておりません。
これでやっと普通に階段が使えます!(最後のほうはヤバイ音がしてましたからね・・・)

新居に引っ越してはや4ヶ月、
思い返せば引き渡し前から気になっていた階段の異音とようやくお別れですね〜


以前から、わが家の階段(特に2段目と3段目)は「柔らかい感じがする」と記事にしていましたが、それもそのはず。
今回改めて確認しましたが、他の階段と違ってあきらかに2段目と3段目だけ階段の「たわみ」がひどかったです。

今回はその「たわみを無くする」ために追加板で補強する作業となりました。


さて、それでは当日の様子を紹介したいと思います。



 ↓半年前に見納めと思っていた懐かしの保護シート

 



 ↓階段横はこんな感じ(分かりにくいですが和室側から撮影)

 



 ↓階段下は和室の収納スペースになっています

 



 ↓階段裏の部分

 


 今はキレイにボードで覆われていますが、ここに穴を開けて補強板を取り付けます。



 ↓階段裏に穴を開けたところ

 


 手前の鉄骨枠の奧に、木製の階段があります。



 ↓実際の階段裏はこんな感じ(木製階段)

 



 ↓補強版登場!

 



 ↓補強版を取り付けた後の階段

 


 非常に分かりにくいですが、階段の1〜3段目を裏から補強しています。



 ↓これは何をチェックしているのだろう・・・??

 



 ↓穴を塞いでひとまず階段修理は完了です

 



朝の9時からスタートして、ここで一旦お昼休憩です。。



 ↓クロス貼りスタート

 



 ↓そしてクロス貼り終了

 



以上で今回の階段修理の全行程が完了です。
今はまだこの収納部分からシックハウスになりそうな匂いがしていますが・・・


ところで、クロス貼りがスタートしてからカスタマーさんの姿が見えないな〜と思っていたら・・・


 


以前問題のあったブロックの白華を一生懸命ブラシで磨いていました。ご苦労様です。。
(白華問題についてはコチラ



さて今回の作業は工務店の人2名、カスタマーさん、クロス貼り業者さんと出入りが激しく、
部材搬入の関係もあり当日は玄関ドアをほぼ1日中解放していました。


 これは・・・・・私のように花粉症持ちには地獄です。。。


階段修理が完了した後、調子に乗って洗車もしましたので、その日の夜はとんでもないことになりました。
(花粉症持ちしかこのつらさは分からないかな??)


また今回は新たな問題点をカスタマーさんに相談していますので、その内容は次回記事にしたいと思います。

最後にもう一度・・・何も異音がしない階段って、やっぱりイイね〜



↓↓応援のクリックを頂けるとブログ更新の励みになります(^^)

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
シックハウス
コメント (8) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 我が家の車事情。 | トップ | 外回りの気になる問題 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝!修正^^ (たま)
2009-03-10 08:52:36
まずは完璧に階段が直ったそうで、おめでとうございます〜。
耳の良いモージンさんが全く無問題と判断されたので、本当に良かったなぁと思っています^^
これで気兼ねなく階段の上り下りが出来ますね(笑)

私も花粉症持ちです。・・もう、かれこれ18年くらいでしょうか。つきあい方が分かってきたのか、年々花粉症の症状が軽くなりつつあります。といっても、この時期目薬や錠剤は手放せませんが。
今は花粉だけでなく、大陸から飛んでくる物質に反応される方もあると聞きますしね〜。原因を突き止めて、お大事になさって下さいね^^
☆たまさん (モージン)
2009-03-10 13:55:38
ありがとうございます^^
まぁ冷静に考えればやっと普通の状態に戻っただけですけどね(笑)
でもやっぱり嬉しいかな。
まだちょっと階段の上り下りは意識してしまいますが。。

私は4年ほど前に急に花粉症になりました。
アレルギー調べてもらったらヒノキに反応するようです。
(他にも昆虫アレルギーでしたw)

昨年はたいしたことなかったのですが、今年はひどいです。
未だに花粉症持ちという自覚が薄いのか?薬は飲んでいません。。
(目薬は先日買いました)
黄砂にも反応してしまう体質のようです。。
おめでとうございます〜 (イスタンブール)
2009-03-10 20:40:45
よかったですね(^^)

思い起こせばこの階段問題は、私にとりまして家造りのシンボル的存在でした。

現場監督さんにくどいほど、階段はしっかり造ってください!!と何度もお願いしました。

その分、他の部分に目が行き届かず、ニッチ問題が発生したのかもしれませんが(^^;)

積水さんもやればできるじゃないですか(爆
Unknown (まーくん)
2009-03-11 00:10:54
花粉症もちではないので、辛さがわからずゴメンナサイ。。

こういうアフターケアの、しっかり具合を見ると
積水ハウスにして良かったな。と思いますね・・・
外構も、気を使って掃除までしてくださって。
我が家は、積水ハウスにお願いするかは
未定なのですが、こういうのを見るとグッときますね〜

それにしても、階段が無事に直ってよかったです^^
100人乗っても大丈夫ですかね(笑)
こんばんは (ゆーぽん)
2009-03-11 01:38:25
階段、きちんと直って良かったですね〜^^
これで生まれてくる赤ちゃんを抱いていても、安心して上り下り出来る階段になりましたね♪

外構もきちんと気にかけてくださっているようなので、こちらも一安心(?)ですね。

我が家にも花粉症がおらず、お辛さが分かりません。
すいません^^;

新たな問題点・・・なんでしょう・・・?
ちょっと怖いです・・・^^;
コメントありがとうございます^^ (モージン)
2009-03-11 12:43:47
☆イスタンブールさん

やっと階段が普通に使えるようになりました^^

家造りのシンボル的存在ですか。。
わが家の場合は当時階段はノータッチでしたからね〜
普通に仕上がるモノと思っていましたので・・

私の場合は着工中に色々と目を届かせて、標準と思われた階段を重視することが
抜けていたかもしれませんね。
やはり後付で対応した設備や自分が拘った部分にどうしても注意が注がれてしまいましたね。。


☆まーくんさん

花粉症は縁が無いほうが幸せですよ。

アフターケアの対応は早いし大満足です。
先日、ちょっと確認したいことがあったのでカスタマーセンターに電話すると
担当のカスタマーさんが自宅に帰っていたのですが、、
その後自宅に帰ったカスタマーさんからすぐに電話が入りました。
(受付の人が取り次いでくれたようです)
そこまで急ぎの要件では無かったのですが、この対応にはビックリしましたね〜

カスタマーセンターに電話すると担当者さんがいつも不在なので
どれだけ飛び回っていることやら・・・
それだけアフター体制はバッチリのようですね。

階段は・・・実質3人ぐらいでしょうか(笑)


☆ゆーぽんさん

家の中ではあまりやらない「一段飛ばしで階段を上がる」という
クセが付いてしまいましたからね〜
早めに軌道修正しなければ。
今回解決したおかげで、やっと普通に階段が使えるようになり一安心です^^

私も4年前までは花粉症に縁がなかったのですが、
ある日突然発症しました。
それからは毎年症状が出ています・・・

新たな問題点・・・と言いますか、まぁ気になる箇所ってところですね〜
階段に比べたら問題でもなんでもないですよ^^

こんにちは〜 (たーちゃん)
2009-03-11 14:13:51
 私も花粉症もちなので、つらさはよくわかります。小学生の頃から花粉症がひどかったのですが、最近は症状がやや治まっています。
 それでも、くしゃみと鼻水がひどくて、仕事にならないときもあるので、あまり春はすきではありません。

 それにしても、積水ハウスのアフターは本当に満足できると思いますね〜
 もちろん、トラブルは無いに越したことはないのですが、それでもキチンと対応してくれることは安心ですよね。

それでは更新がんばってくださいね☆ポチッ
☆たーちゃんさん (モージン)
2009-03-11 15:28:38
花粉症持ちですか〜
私は数年前に突然発症したのですが、小学生の頃からだと付き合い方が慣れてますね。
私は未だに薬を飲む習慣がなく苦しんでおります(笑)

積水ハウスのアフターは改めて感心しました。
とにかく対策が早いし問題の内容も分かりやすいです。

今回の階段の件も、あと数ヶ月経てば「家作りのいい思い出」の一つとなるでしょうね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む