宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カラスよどこに行った スズメノエンドウ 宮代町の散歩道

2016年03月25日 20時40分58秒 | 宮代ニュース


昨日紹介したコバナキジムシロは、花びらが萼片より小さいというなんとも省エネな小さな花であった。
本日紹介するスズメノエンドウは花全体としては非常に小さく、野のどこにでもある草という割には花をじっくりと見たことがないという人も多いんではないだろうか。
花は小さいが、コバナキジムシロのように手抜き(?)はしておらず、エンドウ豆の花を小さく小さくした精巧なミニ版の花である。



花全体が小さいのだから、ここまで精巧に作らなくてもと思うほど、念入りに作られている。脱帽である。



だが、こんなに正道を歩いているのに、人間、いや植物学者らのなんとも冷たいこと。
スズメノエンドウという名は、カラスノエンドウに対して小さな花であるところからつけられたもの。
カラスとスズメほどに大きさが違うといった意味であろう。余談だが、カラスとスズメの中間というものも存在して(カ)ラスと(ス)ズメの間(マ)といことでカスマグサという



ところが最近、植物学者の間ではカラスノエンドウという名前ではなくヤハズエンドウという名前を使うのが主流らしいのだ。
カラスノエンドウの名がなければスズメノエンドウの名はどうなる。カスマグサは???



どういった理由があるのかはわからないが、なんとも不思議な世界である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しいだけが花じゃない コ... | トップ | 「桜には負けられません」?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む