宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

行水いろいろ ヒヨドリ 宮代町の散歩道

2015年10月19日 08時01分42秒 | 宮代ニュース




「カラスの行水」という言葉がある。短時間であるという意で使われているようだが、本当のカラスの行水は念入りで、他の鳥に比べてそんなに短いとは思われない。





黒い羽で、行水をしても垢が落ちたかどうかわからないカラス、そんな行水をやったのかどうかわからないほどの行水という意味で使われたのではないだろうか。






で、短時間という意味で本当の「カラスの行水」は、ツバメなど飛んだまま行水や水のみを行う鳥だろう。





その一つが、ヒヨドリ。





木の枝の上から水面にダイブして、着水瞬間に行水をして再び木の枝に戻る。一羽がやり始めると、多くのヒヨドリたちが集まってきて、競争となる。





夏、子どもたちが、崖や大きな石の上から川にダイブして水遊びする姿に似ている。



行水というより、行水ごっこといった感じ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にらみ合い? カワセミ 宮... | トップ | 本家の意地? ソメイヨシノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む