宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いぶし銀の演奏に600名超が聞きほれる 宮代町市民楽団・「グリーンフルトネーズ」30周年記念コンサート

2012年10月14日 20時45分06秒 | 宮代ニュース
1983(昭和58)年11月6日に宮代町最大規模の住宅団地・宮代台で誕生した市民楽団「グリーンフルトネーズ」が魅惑の三十路に突入、14日、宮代町コミュニティセンター進修館で30周年記念コンサートを開催した。会場は立ち見も出る600名余で超満員、観客はそのすばらしい演奏に酔いしれた。


「グリーンフルトネーズ」は、「音と人の和と輪」を求めて、演奏活動を続けて30年。宮代町の各種イベントや音楽を通じたボランティア活動等、宮代町の音楽界をリードする活動を行なっている。


こうしたことから、そのファンも多く、14日は30周年記念コンサートということで、そうしたファンが友達を誘って鑑賞。会場を一杯にした。


舞台では、フルトネーズと活動を共にすることも多い、宮代町の女性コーラスグループ「コールブーケ」が、コーラスのブーケで30周年に華を添えた。


なお、コンサートの模様は当HP(宮代NOW)のフォトアルバムにアップしましたので、関心のある方はこちらもごらんいただけると幸甚です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防災・減災に向けて1000名超... | トップ | 「第21回埼葛人権を考えるつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宮代ニュース」カテゴリの最新記事