宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雑草対策の切り札となりえたか ヒメイワダレソウ 宮代町の散歩道

2015年06月21日 20時40分06秒 | 宮代ニュース


雑草対策の切り札的存在として、ヒメイワダレソウ(あるいはイワダレソウ)の存在を知ったのは6,7年前。
現在、ネットなどで検索すると通販で盛んに販売されている。
宮代町でも、あちこちでその花が見られるようになってきた。



では、ヒメイワダレソウが雑草対策の切り札となったのかあるいは、なりうるのか。



改めて、見直してみると、成功しているところはほとんどない。
スギナなど従来の雑草に負けて、あえなく、その雑草の周りに生きる道を探すのに汲々としているのが大部分。
「ぽっと出の若造に、俺の縄張りを取られてたまるか」という旧来の、その地に適して生き延びてきた雑草に反撃をくらっているのが実情。



新人(イワダレソウ)がいかに能力を持っていたとしても、その能力を発揮させるには、目をかけて育ててやることが大切。



しかし、能力を過信して、育てるのを怠っているか、1,2年は面倒見たが、こんなに手入れをしなければならないのと辟易してあきらめてしまったというのが現状のようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日もまたトンボとにらめっ... | トップ | モジズリ(綟摺)っていった... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む