宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

虫たちのパラダイスは嫌われ者? セイタカアワダチソウ 宮代町の散歩道

2015年10月11日 08時03分46秒 | 宮代ニュース


この時期、散歩道を明るく彩る花・セイタカアワダチソウ。
もともと観賞用に持ち込まれたとされるだけに、美しさも群を抜いている。
先日紹介したアキノキリンソウの仲間で、秋の野を華やかにする。



この花をよく見ると、多種多様の虫たちが集まってきている。
中媒花なので、虫たちの好きなものを取り揃えているのだろう。



だが、この花、花粉症の因として誤解されたことや、すすきの原と競合となることもあって「侵略的外来種ワースト100」や「外来生物法で要注意外来生物」に指定されるなど嫌われ者でもある。



だからというわけでもないだろうが、アレロパシーを有しあまりはびこりすぎないよう自制(?)する遠慮者でもあるようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮代の川で育つ 小魚の群れ... | トップ | 「何しているの?」 あかま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む