宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

過去最多の1340名余が駈ける 「第26回杉戸町新春マラソン大会」

2010年01月17日 17時18分20秒 | 宮代ニュース
第26回杉戸町新春マラソン大会は17日、高野台小学校をスタート・ゴールとして行われ、過去最多の1340名余が健脚を競った。



競技は、一般 男子の部(18~39歳)・男子の部(40歳以上)・高校生 男子の部の10km



一般 男子の部(18~49歳)・男子の部(50歳以上)・中学生 男子の部の1/10マラソン(4.2195km)



一般 女子の部(18~49歳)・女子の部(50歳以上)・高校生 女子の部・中学生 女子の部の1/10マラソン(4.2195km)



小学5・6年生 男子の部・女子の部の2.0km




親子の部(子どもは小学2年生以下)の1.0km



小学3・4年生 男子の部・女子の部の1.0km



の各部門で行われた。



一般の10kmには、招待選手の気象予報士・平井信行さんや



武蔵野学院大学陸上部監督の神屋伸行さんらも参加



冬晴れの杉戸路の10kmを駆け抜け心地よい汗を流した。



中には、このまま風呂に直行するのか、風呂桶と石鹸を持ってバスタオルをまとい、肩にタオルといういでたちで走りぬけた人も



優勝は神屋さんの教え子・古荘さんに輝いた。



親子の部には、埼玉県のマスコット、ゆる玉の団長・コバトンがゼッケンナンバー「5810」で加



途中で何回も休憩



応援に回ったりしながら愛嬌を振りまいていた。



また、補助具を使って参加したり



競技後、平井さんも沿道で声援を送るなど



皆が、走り・走れる喜びを感じながら「杉戸町新春マラソン大会」を楽しんでいた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学入試センター試験始まる... | トップ | 埼玉県小中学校児童生徒美術... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宮代ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事