宮応ふみ子のいきいきブログ

神奈川県大和市議会議員の宮応ふみ子です。いろいろな情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。

共産党市会議員団の議会報告会に大勢ご参加いただきました。

2017年07月17日 | 議会

午前中は、高久事務所での議会報告会に17名の方々が、午後のイコーザでの議会報告会には、約30名の方々がご参加いただきました。ありがとうございました。 ほりぐち議員は保育・国保など、さとう議員は基地・爆音問題、高久議員は大和の農業・シリウス問題、私は教育勅語・道徳教育・生活保護問題など4名の市議が報告し、 岡崎ゆたか13区予定候補も参加され、基地問題や都議選の躍進、来るべき総選挙への思いなど熱く語りました。

いつもは、議員毎の報告会ですが、今回は議員団としての報告・意見交換会で、活発な質問・ご意見が寄せられ、有意義な報告会になり、後日の御相談の日程も決まりました。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議会報告会を行います、ぜひおいで下さい。

2017年07月14日 | 議会

6月議会が終わるのを待って、すぐに都議選の応援に行き、新党ブームの中ではいつも苦杯を舐めていましたが、結果はご承知のとおり、2議席増の結果となりました。 出口調査では約20%の方が共産党に支持をよせていただいたとのこと、嬉しい限りです。

そんなバタバタの中で、昨日、大和市議団の議会報「大和市民新聞」も出稿し、完成は8月4日の予定です。

お知らせです!

  議会報告会のお知らせ(共産党市議団主催)

日時   7月17日(月・海の日) 1時45分~15時20分

場所   イコーザ 305号室 (高座渋谷駅西口)

 ① 6月議会のご報告(市議4人が揃います)

 ②「大和市議会の議会運営」について、今までの「原則全会一致」が多数決で決めようとしています。
   今の国会を見てもわかるように「多数の横暴」がまかり通り、決して「多数決」は民主主義ではありません。
   議員は、一人一人、有権者の信託を受けて議員活動をしています。 通常の議案以外は、多数決ではなく、各議員の権利を守るために
   も「原則・全会一致」をまもるべきと考えますが、皆さんのご意見をお聞かせください。
 ③ 議会が国や関係機関に提出する「意見書」などについて、「大和市政」に関わるものに限定すべきだと言い出して来ました。6月議会で 共産党が提出した「加計学園問題の徹底的究明を求める意見書」についても、この理由で自民・公明の14人は反対し、その他の13人は賛成しましたが、1票差で不採択となりました。 皆さん、どう思われますか。 こんなの地方議会の自殺行為ではないかとさえ考えます。

 お誘い合わせの上、ぜひ、ご来場ください。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車小僧のさとう大地議員が、消防のファットバイク試乗。

2017年07月14日 | 折々のこと

先日、消防によったところ、玄関にこのファットバイクが並べられてありました。

 ファットバイクは機動力を生かし、大規模災害時に初動体制の強化を図ることを目的に導入されました。このバイクは3.8インチ(約9.6cm)幅の極太タイヤで、がれきが散乱した悪路や砂利道、雪道などでも走ることができ、市は平成29年3月に20台導入しました。

 大規模災害時に道路の寸断などで消防車両の通行が困難となった場合、2人1組のチームとなって現場に出動。投げて使うボール型の消火剤や救急セットなども持参し、情報収集や初期消火、応急手当などの任務に当たるとのこと、議会審議のときには、オートバイのほうが機動力があるのではないかとの質問に、バイクだと燃料の調達が必要であること、大和市は比較的平坦な地形であることを考慮して自転車である「ファットバイク」を導入したとのことでした。 以下さとう議員のブログより引用。

ファットバイク試乗 いざという時の活躍に期待

 
 5月2日に発足した大和市ファットバイク隊。災害発生時、車両の通行が困難なところに急行し、消火・救護活動を行う計画です。

 7月5日、消防署にてファットバイクの試乗をさせてもらいました。リアブレーキがなく、ペダルを反転させるとブレーキがかかるということで、普通の自転車のように運転しようとするとバランスを崩してしまいました。乗り慣れるには、日常的な訓練が必要だなと感じました。

 比較的平坦な地形である大和。災害がないに越したことはありませんが、いざという時の活躍に期待したいと思います。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この1週間は、駅頭で朝のご挨拶。

2017年07月07日 | 選挙

7月2日投開票の東京都議選での2議席増の「快挙」を、大和駅南北・桜ヶ丘駅東西でご報告のご挨拶をしました。
投票前までは「よろしく、よろしく」って言って、「終われば知らん顔」ではなりません。 (私は自身の8回の選挙で、必ず翌日朝、駅頭に立ってご挨拶してきました。)

今週のいくつかの会議で出されたのは、駅利用者さんからの「声掛け」です。 桜ヶ丘駅では、お名前もわからない方が「共産党は今まで地道にやってきたことが、認められたんだね」と。 「大和駅でも、がんばってよかったね」と。

朝は、なかなか、ビラを受け取っていただけなくても、皆さん、見てらっしゃるのですねえ。 涙が出るほどうれしい。

なんたって、「都民ファーストの会」が圧倒的注目度のなか、多数の議席が奪われる事態のときに、都民ファ以外に共産党だけが議席を増やしたのですから。
数日まえのニュースで、都民ファの新人研修会のことが取り上げられていました。小池ゆり子都知事が「職員に挨拶」などなど初歩的なことから様々注意していましたが、その点、共産党は19人中現職12人、新人7人、そのうち、自治体議員は5人も区議会や市議会議員ですからすぐに働けます。 (隣の町田市から初の都議会議員になった池川友一さんは、ツイッターで「今まで中学校に学校給食をと言ってもいい返事をしなかった市幹部職員が、今度は、ぜひ、都の方でよろしくと言ってきた的なことを発信していました)

その他、地域の訪問では「よかったねえ」のお声を頂きました。

当選された都議の方々が、神奈川にお礼に見えました。



桜ヶ丘駅西口でご挨拶


同じ西口での宗田さん達の宣伝



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚木基地の引き込み線が返還されます!!

2017年07月04日 | 基地

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回かながわピースフェアやまと平和まつりイン大和駅東側プロムナード開催!!

2017年07月04日 | 平和、憲法,

7月23日に「第29回かながわピースフェア」を大和駅東側プロムナードで開催します。
以下、お隣の綾瀬市議上田博之さんのブログより転載させていただきます。
例年以上の力を込めて、さあ、お祭りだ、お祭りだあ。 みんな、よっといでえ。

以下転載

 

2017年05月30日 | 平和○・憲法○・米軍基地×

大和駅東側プロムナードの使用が不可に
 ピースフェアは毎年5月に駅脇のプロムナードで開催してきましたが、昨年大和市議会で一部の保守系議員が、ピースフェアに対し大和市が後援していることを問題視したことが発端となり、第29回ピースフェアに対し大和市は市の後援を認めませんでした。
 大和市の運用では、市の後援のない企画はプロムナードの使用ができないとされているため、ピースフェアが開催できない事態となっていました。

国交省から大和市の運用に対し改善の連絡が
 ピースフェア実行委員会は、はたの君枝衆院議員とともに国交省に交渉し、後援名義の有無で占有許可の可否を判断すべきではない、ことを確認しました。

海老名駅自由通路裁判の勝利判決も大きな力に
 駅近の公共空間が、行政サイドにたったイベントでしか利用できないのでは、市民の表現の自由、政治的意見表明の自由が失われてしまいます。
 実行委員会はこれを非常に重要な問題ととらえ、裁判に訴える準備を進めながら市と交渉を続けてきました。

 その結果、ピースフェアに限り、市長決済でプロムナードの使用許可が下りることになりました。
 大きな壁を突破し開催にこぎつけたことは大成果ですが、ピースフェアだけの「特例」では、この問題が解決したことにはなりません。
 ひきつづき、プロムナードを市民が自由にイベントを行なえる空間にとりもどすため、力をつくしていかなければなりません。みなさんのお力もお寄せください。


海老名駅自由通路裁判とは

 海老名駅の通路で行われたマネキンフラッシュモブという静止パフォーマンスに対し、自由通路での集会やデモなどを禁止する条例に違反しているとして海老名市が禁止命令を出したのは憲法違反などとして命令の取り消しを求めた訴訟で、横浜地裁は3月8日命令を取り消す判決を言い渡しました。海老名市は上告せず、この判決が確定しています。
 現在、条例の改善を求める運動がすすめられています。

以上転載

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共産党都議団は19名に!都議選前回に引き続き前進。

2017年07月03日 | 選挙

頑張った甲斐がありました!

見てください!壮観です、 7月3日、当選者19人と志位委員長、小池書記局長、東京の国会議員などが新宿に勢ぞろい。 その他僅差で涙をのんだ方もいらっしゃいます。  現有17議席に2議席増えて19議席。 得票は773,722票、(19万3839票増加)  

都民ファースト 49、 自民 23、 公明 23、 共産 19、 民進 5、 ネット 1、 維新 1、無所属 6 合計 127

特徴は①都民ファの大量議席、しかし7月3には党首を小池知事から和田 数氏に変更(これでいいのかとの声多数  ②自民党の惨敗(政治の私物化に怒り心頭)  ③共産党の議席、得票、得票率も増。 各新聞社の出口調査では、無党派層の支持は都民ファに次いで共産が第2位と報道。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 都議選挙、築地を守れ、アベ政権への怒りの1票は日本共産党へ!

2017年07月02日 | 選挙

いよいよ、東京都議会選挙投票日が近づいてきました。
7月2日、あと4日、投票箱の蓋が閉まるまで勝負です。
前回の都議選で、8議席から17議席へと共産党は大きく躍進し、その後の国政選挙での大躍進に繋がりました。
共謀罪の強行採決、加計学園問題疑惑、それに加えて、稲田防衛大臣のとんでも発言で、アベ内閣支持率はがた減り。

最後まで正面から政策を訴え、議席獲得へ。 共産党の議席は、生活守る確かな議席です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わあ、すごい!葉山町議会が共謀罪廃止を求める意見書を提出へ。

2017年07月01日 | 議会

6月27日、大和市議会では、自民・公明などの反対で不採択でした。 その反対理由も「地方自治法99条による意見書は、もっと直接地方自治体の公益に関するものとすべきで、このような国政に関するものは馴染まない」という地方自治体議会が自らの権利を弱める陳腐な理由を掲げての反対討論をしたのですよ。 勿論、共産党議員団は、それらを批判・論破して賛成・採択すべき討論を行いました。

以下 葉山町議会共産党議員団ニュースより引用。

葉山町議会第2回定例会は6月29日最終日に、議員提案で、共謀罪法の廃止を求める意見書を提出。採決の結果賛成9人、反対3人の圧倒的多数で可決しました。反対したのは鈴木道子議員(公明党)、笠原俊一議員(尚政会)、土佐洋子議員(みんな)でした。

意見書は国の関係機関に送付されます。

Epson_0010_1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都議選はこれからの日本の政治を決める最重要な選挙。

2017年07月01日 | 選挙

7月2日、投開票の東京都議会議員選挙。 
アベ首相は、街頭応援演説に出て来られず、イナダ防衛大臣は、公職選挙法・自衛隊法違反のトンデモ発言、下村自民都連会長代理のパーティ券加計学園関連、二階さん「落とせるものなら落としてみろ!」発言で、NSNでは「さあ、自民党候補を落とそう!」と炎上。

今日は、東京北多摩3区いびまさとし候補の応援に行って「もう、自民・公明のやり方、許せない。今度ばかりは、共産党に入れてきたからね。」と、いう女性と直接お話をしました。 確実に地殻変動が起こっていることを実感しました。

7月1日(土)11時から狛江駅前にて、日本共産党志位委員長来る!

北多摩3区(調布・狛江)は定数が2から3に増えた選挙区で、大接戦です。 いびまさとしさん、調布市議5期務めた方です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月議会終了、生活相談お待たせしました。

2017年06月28日 | 議会

昨日、6月議会が終了しました。

共産党議員団としては、意見書4件を提出しましたが、ともに自民・公明(その他)の反対で賛成少数の不採択となりました。
①加計学園の疑惑解明を求める意見書
②保育所入所待機児童の定義の見直しを求める意見書
③内部告発者が不利益を受けることなく正当に保護されることを求める意見書
④高等、大学の教育費無償化を求める意見書

「虹の会」提出の2件も、ほぼ同様で賛成少数で不採択
①改正組織的犯罪処罰法の廃止を求める意見書
②マイナンバー制度の廃止を求める意見書

採択されたのは以下の2件です。
①神奈川県最低賃金改正等についての意見書
②乳児用液体ミルクの国内製造・販売に向けた成分規格及び製造基準等の制定を求める意見書

さて、早速生活相談2件に対応しました。
5年程前に他の件でご相談のあったAさんが「困っている」と、私の名刺を握りしめて御相談にみえました。
脳梗塞の後遺症でしょうか、会話と歩行が多少困難。
時間をかけて、事情をお聞きしましたが、住民票がある相模原市の福祉課でのご相談がよいと判断し、
あちらに行って、迷わないように、担当者を探し、私がお聞きした内容をメモにして持たせました。
小雨が降り、足も悪いので、南林間まで車でお送りしました。 私も相模原市役所まで行ければよかったのですが・・・。

午後からは前から継続しての、私も学びながらの御相談です。 各所に電話し、なんとか方向性が見えたかなという所です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒涛の一週間!!共謀罪、可決。この怒りを都議選勝利へ。

2017年06月17日 | 平和、憲法,

実はこの一週間は、議会は休会です。 来週の6月20~22日の一般質問の答弁書を市側が作成する期間なのです。
骨子はすでに通告し、担当者との打ち合わせを済ませ、議員は、一般質問の原稿を書き上げるのです。

週が明けてみたら大忙し。
18日の国会の会期末を睨んでの「共謀罪」審議の行方に備えて、連日朝の駅頭宣伝を行い、「内心の自由を脅かし、スマホやメールを盗聴する社会、戦前の治安維持法の再来を許してはならない」と訴えました。 また、「国会では自公が絶対多数、皆さんの世論が決め手です」と。

14日から15日未明にかけて、国会は参院の法務委員会の採決は実行されず、本会議で「中間報告」をし、記名投票となりました。
午前1時からNHKが放映するとの事でしたが、結局なし! 自公維新の絶対多数に対して、民・共・社・自の野党4党は、結束して、衆参で内閣不信任案など、あらゆる対策を行いましたが、最終、朝7時半すぎに共謀罪は可決されました。

いても立ってもいられず、15日は桜ヶ丘駅東口で、市民の皆さんに、ビラを配り、「公明党委員長の元で、委員会採決もやらず、異常な禁じ手の中間報告での可決は許されない」訴えました。

昨夜来の余りの異常な国会運営に、駅利用者の皆さんも、「思うところあり。」とビラを受け取って行かれたり、目礼されて行かれました。 いつもと違う雰囲気でした。 「さすがにあれは異常だよ」と。

この怒りを都議選勝利で跳ね返そう、この怒りを皆さんと共有しようと訪問や会議、都議選応援と頑張りすぎて、議会準備に追われている週末ですが、新しい出会いもあり、ルンルンでもあります。

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪を廃案に!国会に駆けつけました!

2017年06月11日 | 平和、憲法,

6月18日の国会会期末が迫る中、いても立ってもいられず、「やまと共同行動の会」のメンバーと「私の自由を侵すな 共謀罪no」の国会前集会に参加しました。 12時半中央林間駅集合、国会正門前エリアで2時の開会を待ちました。総勢15人でしたが、「桜が丘駅で、杖をついた男性からビラを受け取り、こんな共謀罪許せない!」と素敵な女性も初参加。 うれしいことです。なんでみんな黙っているのかと怒り爆発とのこと。

会場は、国会議事堂を挟んで4エリアで、最終参加者は1万8千人と発表されました。
同時刻沖縄でも「辺野古新基地建設反対」の集会が持たれていましたが、国会前にはオール沖縄共闘会議の共同代表の赤嶺名護市長はじめ各政党代表が連帯の挨拶をしました。「あきらめないことが、私達群衆の力、国民の力だ」と述べましたが、本当にそうです。 共産党からは笠井亮衆院議員が挨拶し、各野党、市民団体からの連帯の挨拶が続き、3時半に終了、今日はデモはありません。 明日は、澁谷行動があります。なかなか国会に行けず、 議会も始まりと気持ちばかり、焦っていたので思い切っての「参加」でしたが、これでまた力が沸いてきました。 皆さんと一緒に諦めない!! さあ、気持ちを切り替えて、一般質問に全力投球です。

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月1日 中村哲医師講演会「武器でなく命の水を」に参加

2017年06月06日 | 折々のこと

6月1日(木)午後6時半会場で、大和市シリウスメインホールで「ペシャワール会」医師中村哲さんの講演会が開かれ参加しました。
主催は憲法9条の会&戦争法廃止4市共同市民の会。 

憲法9条やまとの会は、2006年の創立以来、毎年毎年講演会を行い、中村医師の講演は3回目となります。今までは中央文化会館や保健福祉センターでしたが、今年はシリウスメインホールの1000人の会場で,運営委員会は、参加費1000円で大変気をもんだそうですが、当日は大勢の参加者で溢れ、当日券を求める長蛇の列、前売り券を購入しても、遅く会場に到着された方々は入れず、返金された額も相当な額に上ったとのこと。

ホール内は、ビッシリと埋め尽くされ、一つの空席もありません。 1~3階のホール外ではテレビによる放映がなされました。

中村医師の専門は神経内科ですが、現地では内科・外科も。アフガンのハンセン病・感染症の治療に従事、ペシャワール会は、師の医療活動を支援する組織で全てカンパで賄われていて、当日も会場から多額のカンパが寄せられ、総意でペシャワール会に送られました。

さて、お話は「武器ではなく命の水を」
住民の医療活動の傍ら、原住民と共に大干ばつ対策のために水源確保の井戸掘り、さらに長期復興計画「緑の大地計画」の実施。 映し出された青々とした森に会場からは感嘆の声が沸き上がりました。

いま、あまりにも「金・金・追いかけられるような技術革新」の風潮の中で、一幅の清涼材のようなさわやかさ、このような生き方もあるんだ・・」そんな思いが溢れるばかりの参加者・関心を呼んだのではないでしょうか。

主催者・スタッフの皆さん、お疲れ様でした、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりマイナンバー漏えい問題が起きましたよ。

2017年06月05日 | 折々のこと
3月議会で、佐藤大地議員が一般質問で取り上げたマイナンバー問題、また神奈川県保険医協会からの陳情「市民税の特別徴収税額決定通知書へのマイナンバー記載は止めよ」について、大和市は「問題ない」と突っぱねた答弁をし、陳情は共産・虹の会・神奈川ネットの賛成少数で不採択となりました。

しかし、 5月初旬、大和市から各事業所宛に従業員の特別徴収税額決定通知書が発送され、4事業所4名分の内容に誤りがあり、懸念していたマイナンバーの漏洩が発生したとの情報が担当から各議員に情報提供があり、6月6日各マスコミが報道しました。

 以下さとう議員のブログより転載します。

 3月議会の一般質問で取り上げた「特別徴収へのマイナンバー記載問題」。誤送付があれば、重大情報であるマイナンバーの漏洩がありえ、責任問題になりえると指摘しました。市は「不記載によって、事業所へ不利益を与えるようなことにならないよう、記載していく」としていましたが、記載していたが故に、マイナンバーが漏洩することになりました。その方には、マイナンバーの変更を案内し、変更手続きを行うとのことです。
 特別な理由が無ければ変更手続きはできませんが、変更となれば、市民がこれまで通知した機関すべてに改めて通知を行う必要があります。結局、市民に対して負担を強いることになってしまいました。
 マイナンバー制度をこのまま妄信的に使うことを選択するのか。今回の議会の議案にも、マイナンバー関連事務の関係で個人情報保護条例の改正が上程されています。マイナンバーからの離脱も検討する必要があります。
個人市民税・県民税特別徴収税額決定通知書の誤送付について(PDFが開きます)

この件については、藤沢市などが市民のマイナンバーは通知書に記載しないとのことです。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログランキングに登録しています。よろしかったら、↓のボタンをクリックしてください

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村