MIYANO「KOTOBA」

美弥乃静のポエムブログ

美弥乃静作詞ブログもあるよ♪
http://miyanosizu.jugem.jp/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瞳 涙

2008-02-22 21:19:17 | Weblog
今日の涙の色は何色だろう?

君が流した涙は透明ではなくて

今まで見てきたものたちが たくさん零れ落ちていた

その瞳に焼き付いた記憶は
一緒にこぼれ落ちてはくれない

どんなに、さまざまな色の涙を流しても
溶けるくらい流しても

忘れたいことも
忘れたと思ったことも
なくなってしまいはしないのだ

君との出会いも
歴史も

この瞳と
この記憶という色がある限り

永遠に続く

この記事をはてなブックマークに追加

こころ?

2008-02-21 13:18:37 | Weblog
君のココロが見えないって
君は言うけど

見えるものなんてほんのひとかけら
それを全てにするなんて

苦しくなるよ?

くるくる回る渦

飲み込まれても
引き裂かれても

信じる強さをもとう
嘘でもまやかしでも大切な何かをもとう
嘘でも

わからなくても
見えなくても

一生…

この記事をはてなブックマークに追加

2008-02-13 02:30:50

2008-02-13 02:30:50 | Weblog
あなたが見せたあの顔が
私の最後の風景だった

雪の降りしきる冬
一緒に足跡を残したね

跡は4つあったのに
少し走って思い切り振り返ると
足跡は
4つじゃなくて2つだった

それがあなたを感じた最後の風景

思うんだ
出会ったことも、存在さえも
夢や幻だったんじゃないかって…

どんなリアルな毎日よりも

鮮明で永遠


あなたとの風景は

リアルではないから
永遠なのかもしれないね

冬…冬

振り返る

何度も何度も

この風景のどこかにあなたがいることを
一生信じて

この記事をはてなブックマークに追加

眠り

2008-01-16 23:59:49 | Weblog
さらさらと流れる血液が固まる時

すいすいと流れる時間が止まる時

ワタシは何を考えるでしょう?

わからないけれど

真っ白で
真っ黒かもしれないけれど

ワタシはあなたのことを考えたいと願います

そして
どこまでも
あなたの夢と一緒に流れていきたいと
願います

一方的でいいんです
あなたは気づかないで生きてくれていいんです

ワタシの中のあなたの笑顔はもう止まっているから

抱きしめて眠るだけ
ただそれだけ

この記事をはてなブックマークに追加

心と体

2008-01-09 20:17:02 | Weblog
ガタンゴトン
揺られる体
傾く心

体と心は比例しているって思っていたけど
本当は
心と体は反比例しているのかもしれない
いつもと同じ日常に君がいる
それは当たり前のことだった

当たり前を崩すつもりもなくて
毎日を受け入れていた体

なのに、毎日を受け入れなかった心

ガタンゴトン
電車が揺れるたび
心が傾く
ガタンゴトン
その時だけは心と体が比例する

ガタンゴトン


この記事をはてなブックマークに追加

ダレ?

2008-01-04 03:57:21 | Weblog
ドキドキする胸の意味がわからなくて
いつも右手でぎゅっと掴む心臓は
まるで自分とか違う生き物のよう…

脳と心臓と
一つの体の中なのに、分裂しそうな不安に襲われる

わかっている
わかっているの

頭ではよくわかってる

なのに脈打つ心臓は、まるで自分を笑っているよう

「自分に嘘はつけないよ」
「素直になりなさい」

頭ではわかりたくないのに

疼いて仕方がない

アナタハダレデスカ?

この記事をはてなブックマークに追加

香り

2008-01-04 03:56:41 | Weblog
甘い香りに誘われて
疲れて動けないはずの足を上げ
ついた場所は
行きたいところとは全く違う場所でした
どろどろしたそこは
目を瞑れば天国で
開ければ地獄

疲れはてた足は
目を瞑ったまま崩れおちそうになるけれど
開けてしまった目は
現実をしっかり見ていました

あれは元めていたものでした
どろどろしたあれは
少しの形を残していました

あれは僕の思っていたものと違ったんです

もしくは
もう
違ってしまったんです
開けてしまったのが失敗でした
瞑ってこの香りに酔ってしまえば

気付いたことにも
気付かなかっただろうに…

どろどろしたあれは
どろどろしたあれで

もう
忘れようか

この記事をはてなブックマークに追加

赤い糸

2008-01-04 03:56:05 | Weblog
君と繋がっていたい
運命の赤い糸のように
君と抱き合っていたい…
運命の糸に縛られるように

赤い糸を見つけたのはつい最近で
それをくるくる巻くのが最近の私の楽しみ
不思議と誰にも見えないようで
くるくる巻いた糸は、もうだいぶん大きくて、鞠くらいになってしまった

鮮やかな赤

運命の人と巡り合うんだと思って
ワクワクしていた時間を過ぎて
どのくらいたっただろうか

最初は鳥の首が巻き付いていた

それは赤い血にそまり
糸は輝きを増したかのように思えた

それから糸は色々なものを巻き付けた
それはどんどん大きくなり

とうとう
生きていない
手首が絡まっていた

手首




糸は増える

もう癖になってしまった糸を巻く手は止まってはくれない

私はこの先にあるものを、愛することができるのだろうか?

この手
この足

ちゃんと並べてみる

いつしかそれが
私の楽しみになった

この赤い糸に繋がっているあなた

繋がっていたい
抱き合っていたい

あぁ…もう、あと少しだね


この記事をはてなブックマークに追加

2008-01-04 03:55:32 | Weblog
ツキツキ痛むおでこが
思考回路に霧をかけていく

自分が何を考えていたのか
何を言おうとしていたのかすら分からないくらいに
魅力的な膜のような霧が広がって

伝えようとした君は
時間がたてばたつほどその奥の奥へと
見えなくなってしまう
それがとても幻想的で言葉もなく見とれてしまったけれど

おでこの痛みがそれを許してくれない
唯一現実を教えてくれる痛み


見えない
君は薄い影

そこにいるのは
本当に君ですか?

この記事をはてなブックマークに追加

2008-01-04 03:55:02 | Weblog
浮き出る印をなぞってみては
確信する
君はここにいたんだと
ちゃんと証拠を残しては
追いかけろと言わんばかりに愛のこもった印を
残してくれる

その印を引き裂いて
君の元にむかうのが
私の楽しみなのです
少しでも多くの印を残して
私に見せて
絶対見つけてみせるから

この記事をはてなブックマークに追加