”くびきの”から情報発信! 上越市のサラリーマンブログ「みやっち」のひとりごと

NHK大河ドラマ「天地人」ゆかりの地、
上越市から地元の情報を発信します!

えちご・くびき野100キロマラソン完走記(60キロの部)~後編~

2016年10月13日 | スポーツ
えちご・くびき野100キロマラソン完走記(60キロの部)~後編~です。

前島記念館のエイドで寒さの耐えながらの休憩。
雨が小降りにならないかな~と期待するが
全くその気配はない。

高田公園を過ぎてからの大雨と強風で体は冷え切っていた。
そして鴨島を過ぎてからの急激なペースダウン。
前回と同じ場所で大幅にペースが落ちてしまった。

それでも今回は歩かずに すり足状態ではあるが
なんとか前島記念館まで走り切った(歩くより早い程度だが)

しかし冷え切った体は体力が回復しない。
このまま残りの距離を走りきることがききるのだろうか。
不安でいっぱい。

しばし、エイドで用意されたパイプ椅子に座って休んでいた。
しかし、ここで前回マリオさんに言われたことをふと思い出した。
「とにかく歩こう。座っているだけでは距離が進まない」

そうである。
座っていても距離は全く進まない。
歩いていれば少しづつでも距離は進む。

ようやく歩き出した。(走り出した)

<41キロ 22分18秒>
たぶんエイドでは15分くらい休憩したかな(笑)


やっぱり足は重い。
そして体はやっぱり冷え切っていて寒い。

それでもすこしづつ走れるように回復してきたが
すり足状態。
せめてもの救いは雨が小降りになってきたことか。

<42キロ 8分38秒>

<43キロ 9分19秒>
我慢の走りが続く。
「いつかどこかで 走れるようになる」
この思いだけですり足状態で走っている。

辛い走りだが、前回、大きく歩いてしまったことが
2回あったがその後また走れるようになったので
そのことだけを信じて前に進む。




<44キロ 12分43秒>
<45キロ 14分47秒>

つらい走りからなかなか脱しない。
お腹は減ってないがエイドでドリンクはもちろん、バナナや梅干しなど補給。
食べ物を補給するとトイレにも行きたくなる。
特に今日は寒いのでなおさらか。
トイレ大なので かなり時間を要してしまう(笑)
ちなにトイレはゴールするまでに4~5回は行ったかな。

<46キロ 7分26秒>
トイレに行ったので? 体が軽くなり ようやく体力復活。
足の痛みが重みもなくなり
快調に走れるようになる。

S水さん、何度も応援有難うございました。

<47キロ 8分18秒>
ペースは順調。




<48キロ 7分21秒>
足取りは軽い。
快調に飛ばしていく。

ここでW夫妻が応援に。
軽快な足取りの時で良かった~

<49キロ 7分17秒>
これが”ランナーズハイ”というものか。
前のランナーを 次々と越していく快感。
もう止まらない、やめられない。

<50キロ 14分15秒>
丸山酒造前の関門地点。
前回はついてじきに閉鎖されました。
が、今回は時間的な余裕もあり
「甘酒」のサービスもありました。

Y岸さん、応援と写真を有難うございます!



<51キロ 9分5秒>
丸山酒造に到着するまので ランナーズハイで
飛ばしすぎて体力がなくなってしまったのか
ペースダウンです。
前回は 2度目に歩き始めってしまった場所。
また同じところでペースダウン。
しかしここでも、「絶対に歩かない」という気持ちで
すり足状態ではありますが
走り続けます(走っているとは言えないけれど)


<52キロ 8分59秒>

残り8キロ。
前回はここで1時間しか残り時間はなかった。

前回はここで一大奮起し
一気に走り始めたのだが今回は加速できません。
我慢の走りが続きます
いやぁ、辛い。


<53キロ 8分29秒>
あ、つらい。
足が動かない。

<54キロ 13分34秒>

エイドでまたもやトイレに(大)

<55キロ 10分52秒>
いやー、残りの距離も少なくなってきたが足が動かない。
つらい~。

あれっ、前方でマリオさん発見。
応援に来てくれたのだ。

以前100キロを完走しているマリオさんに
脚のストレッチなど教えてもらい実践してみた。

また、「高田公園で1時間待っていた」というS藤さんも応援に。
みやっちが予想以上に高田公園を通過するのが早かったので逢えずにいた。
(ただその後失速)


<56キロ 10分17秒>
そして少しづつではあるが足が軽くなってきた。


<57キロ 6分40秒>
そして一気に急加速!
前回より30分制限時間が延長されたおかげで
制限時間内でのゴールは確実だが
それでは意味がない。
前回の記録を上回る、8時間30分の壁を切りたい(前回は8時間30分05秒)
その思いで一気にスパートをかける。
残り時間では微妙な感じ。
ハイスピードで走らないと達成しない。

<58キロ 6分40秒>
うぉぉぉぉ~、ランナーズハイが復活!
歩いているランナーも多いのでどんどん越していく快感。

ランナーズハイ、これは経験したものだけが味わえる特権でしょう。

<59キロ 7分26秒>
飛ばしすぎて疲れてきた(笑)
少しスピードダウンするが残りの距離はわずか。
ここまでくるとあとはもう勢いしかない。
脚はもう棒になっているし息も苦しい。

「苦しいけど楽しい」
これは他のランナーが以前話していた言葉だが
まさにこの通り。


<60キロ 7分18秒>
最後の1キロ。
残る力を振り絞って走る。
あ、でも意外と最後の1キロは長い長い。

ラストの直線のレッドカーペット。
テレビ(JCV)も意識し かっこよくゴールしたい。

倒れてもいいくらいの全力疾走。
ラスト1メートルで一人越してゴールイン!


結果は8時間31分26秒。
あれれっ~、前回より1分遅れてしまった。
(前回は8時間30分05秒)

制限時間の9時間内の完走ではあったが
前回より悪い結果に。

前回は5秒に泣きましたが
今年も1分に泣きました(笑)

それにしても 走り終わった後は
極度の筋肉痛で歩けず。

今年から 荷物の受け取りが
B&Gに変更されたのでちょっと歩く。

これがかなりつらかった。
更衣室(テント)で着替える時も
体が動かず30分以上かかりました。

いやー辛かった。
「先行逃げ切り」で最初は良かったものの
やはり後半ペースダウン。
前回同様、2回の大きなペースダウンをしてしまいました。

しかしながら
辛ければ辛いほど記憶に残る、
マラソンにはそんな不思議さがあります。

「苦しいけど楽しい」

2年に一度のくびき野マラソンが終わってしまいました。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (再告知)写真コンテストの... | トップ | 安塚のヤナギバヒマワリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。