宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

究極の保湿ケア

2017年10月08日 08時13分21秒 | スキンケア
すっかり秋が深まってきましたね

湿度が下がってきたので風はさわやかです

でも。
そのせいで、お肌は急速に潤いを失ってきました
女性はこの点に敏感で、このところつっぱるなと感じていますが。
実は、赤ちゃんやお子様の全身もかなり乾燥肌になってきました

皆さまもよくご存じのように、私はかなりの保湿オタクです。

私は10代の若い頃から、乾燥肌です。
思春期も顔が脂っぽくなることはあまりなく、むしろ乾燥が気になっていたのです。

皮膚科医になって、さまざまな疾患を勉強しながら、同時に、乾燥肌の疾患の影響には興味を持っていました。
ですから、角質層の水分量の研究の論文などにはずっと目を通していました。
私の保湿へのこだわりには、かなり歴史があるのですよ

現在、アトピー性皮膚炎をはじめとしてさまざまなアレルギー性皮膚炎だけでなく、そのほかの皮膚疾患にも角質水分量との関連に注目が集まっています。

ここにきて、あらためて、皮膚の水分量の重要性が注目されているのですね

私も、開業の前から、大学病院やそのほかの病院での勤務の中で、保湿の研究は続けてきました。
開業してからは、患者さんにしつこく保湿のことをお話ししているので、皆さま十分ご存じでしょうが

そこで、今のところの私の結論は。

あらゆる肌質の方すべてに、丈夫な健康な肌を導くために、皮膚の角質層の水分量は必要であるということです

当院では、その方の肌質や年齢や疾患に合わせて、さまざまな保湿クリームやローションを処方しています。
皮膚病によっては、必要な量や回数は異なるので、その辺もアドバイスいたします。

一方、顔のお肌の保湿ケアにもかなり研究しています。
その結果、私が開発したのがオールインワンジェルですが。
このジェルは、一般に市販されている化粧品とは真逆の発想です。

市販の化粧品は、無数に販売されており、そのすべてを捉えることは不可能ですが。
多くの化粧品は、いかに多くの種類の美容成分を盛り込んだかを強くアピールしていますね。
やれ、あれを入れました、これを含んでいます・・・と、多くの美容成分を入れたことを宣伝します。
でも。
これって、まず、そんなに入れたことで、そんなに効果があるのかをどうやって証明するのか。
その成分を入れたことで、入れなかったものと厳密に効果を比較したデータがしっかりあるのか。
ここが、すごく疑問です

さらに。
ここからがもっと問題ですが。
多くの美容成分を入れたことで、その成分にかぶれるというリスクは増加するし、合わなくなってもどの成分にかぶれたのかを調べるのはほぼ不可能ですね。
使わなくするしかないのです。
あれこれ、さまざまな化粧品を使い回すうちに、さまざまな成分がくり返し皮膚に浸透し、その成分に合わなくなると、別の化粧品に替えても同じ成分を含んでいればまたかぶれますね。

問題は、それでもなんとなく使い続けてしまい、肌が荒れているので、皮膚科を受診して塗り薬をもらってそれも塗ってしまう。
なんとなく、塗り薬を連用してしまう。
これは、健康な皮膚とは言えないと思います

私の開発したオールインワンジェルは。
精製をくり返した高品質のさらさらのワセリンと。
これまた6回精製をくりかえしきれいさにとことんこだわった水。
これを両者合体させて作ったジェルです。
添加物もこだわった、究極のシンプル成分なんです。

あれもこれも、美容成分は何にも入れません・・・というこだわり。

何にも入れていないのに・・・・なんで、こんなにしっとり潤うのか!!。
しかも、しっとりもちもち感が、半日以上ず~~っと長く持続することに、驚かれると思います

美容成分なんていらないじゃん。
これが、私の本音ですね

私は、1年7ヶ月このオールインワンジェル1本だけのスキンケアですが、まったく乾燥しないどころか、キメが整い化粧乗りもとても良いですよ。
通販でお試しセットの販売もしているので、私の長年の研究成果を一度お試しくださいね
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニキビのスキンケア | トップ | 疲れによる皮膚病 »

スキンケア」カテゴリの最新記事