宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

顔が赤い!

2017年05月19日 18時40分34秒 | アレルギー
急に夏がやってきましたね
明日は、さらに暑くなるそうです。

そんな今の時期、顔の皮膚炎の方がかなりたくさん受診されました。

毎年のことですが、この時期、顔が赤くなる方がたくさん来院します。

「日に焼けました。」
とか
「紫外線アレルギーになりました。」
とおっしゃる方が、少なくありません。

でも。

実際、紫外線による皮膚炎は、あまり多くはありません。
私は、大学病院勤務時代は、紫外線による皮膚疾患を専門にしていましたので、かなり多くの患者さんを診察させていただきました。
なので、その経験の結果、紫外線によるものとそうでないものを見分ける目を持つことができました。

そういった目で見ると・・・。

紫外線による皮膚疾患の患者さんは、まだほとんどみられません。
むしろ、それ以外の方がとても多いです。

その原因は・・・。

イネ科の雑草の花粉アレルギーです。
さらに、黄砂やP.M2.5などもアレルギーの原因と考えられます。

つまり、晴れた日に風に乗って飛散している花粉や黄砂が、皮膚病をひきおこすと思われます。

草むしりや公園遊びなどのあとに悪化した方がとても多いです

洗濯物や布団の屋外干しはやめましょう。
外出から帰宅したら、まずはシャワーを浴びましょう。
気持ちよいからと、窓を全開にし、室内に風を取り込むと、たくさんの花粉も室内に侵入します。
換気は、風のない日の夜がオススメです。

なお。

顔が真っ赤になると、治療しても良くなるのには五日くらいかかります。
一日塗って、まだ真っ赤にほてっていると心配になって治療をやめてしまう方がいます。
でも。
すぐには治らない方が少なくありません。
焦らずに、正しい治療を続けましょうね

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肌をいじりすぎはトラブルの元 | トップ | ひとりごと »

あわせて読む