宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

最近の肌荒れ

2017年08月06日 10時14分47秒 | 診断と治療
ここ数日、ちょっと暑さが和らいでいますね

日陰を歩くと、いきなり温度が下がる感覚があります。
夏の終わりを思わせるような気温で、なんとなく、夏休みがもう終わるような錯覚を楽しんでもいます

さて。

今年の夏の気になる皮膚病と言えば・・・。
ジタバタ肌。
混乱肌。
いろいろまぜこぜトラブル肌・・・です

もちろん、これらは診断名ではありませんよ。
この時期に特に多くなる、パニック肌ですね。

汗をたくさんかく。
脂も多くなり、べたつく。
ホコリがついて、不潔になる。
   ↓
   ↓
   ↓
とにかく洗う。
ゴシゴシ摩擦して、ヨゴレを取る。
ざらつくので、角質ケアをする。
時には、パックもしてみる。
   ↓ 
   ↓
   ↓
なんか、かさつく。
クーラーで、いっそうかさつく。
むしろ、ざらついたり、ブツブツがでる。
   ↓
   ↓
   ↓
気になり、何か薬を塗る。
または、オイルを塗ってみる。
または、何も塗らない。
   ↓
   ↓
   ↓
全然、治らなくて焦る!
または、むしろ悪化する。
   ↓
   ↓
   ↓
困り果てて、お化粧で隠す。
ひどい場合は、コンシーラーで塗りつぶしてしまう。
   ↓ 
   ↓
   ↓
いっそう悪化して、気持ちが萎える

そうです。
これが、私のクリニックにこの時期増加する、ジタバタ肌です。

汗やホコリが多くなり、肌トラブルは増える時期なのに、ウォータープルーフの日焼止めや毛穴レスのファンデーションなどで毛穴や汗腺をつまらせてしまうのも真夏の今の時期の特徴なんです

まずは、落ち着こう!!。

治療は、ここから始まるのですよ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休み休診のお知らせ | トップ | 日焼けの正しい理解 »

診断と治療」カテゴリの最新記事