宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

汗は悪いのか。それとも・・・(その4)。

2017年07月12日 15時53分04秒 | アトピー性皮膚炎
今日の暑さは、厳しいですね

さて。

汗のまとめです。

まず。
湿疹やアトピー性皮膚炎がひどいときは、汗は敵になります
明らかに、悪化原因です。
ですから、この場合は、まずはさっさと適切な治療で治しましょう。
ひどいときは、プールもやめておきましょう。

軽快したら、薬をへらしつつ、保湿ケアを始めましょう。
この時期も、まだ汗かくと、かゆみを感じます
汗をかいたら、水拭きをするか、シャワーを浴びて、さっさと流してしまいましょう。

保湿クリームなどでコントロールが良好な方は、汗をかいた方が良いです
ただし。
かいた汗を長時間放っておくのは、禁物。
汗が古くなってネバネバしてくると、汗の成分はホコリや細菌やカビなどが繁殖し、汚い汗になります。
この汚い汗は、かゆみを引き起こすので、注意が必要ですね

当院で、治療経過が良くなって、コントロールの良好なアトピー性皮膚炎の患者さんの多くは、夏の方が調子が良いんですよ。

夏、いっぱい汗をかいて遊べると、うれしいですよね
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 汗は悪いのか。それとも・・... | トップ | 暑い時期ならではのトラブル »

アトピー性皮膚炎」カテゴリの最新記事