(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然

姫路市 宮本住建 木造住宅の新築・リフォーム施工事例・現場進捗、日々の日記を綴ります。

ありがとう そしてまた来年!

2017年04月18日 | 雑文の箱
いつもご覧いただきありがとうございます。


ありがたいことに毎日さまざまなご依頼を頂いて昼間は走り回り、夜はプランニングとバタバタしておりますが、

あーでもない、こーでもないとパソコン上とはいいながら消しては書き、消しては書きを何時間もしているときに

急にひらめいてバチーンと自分の感覚とお客様のご希望がハマったときがとても楽しい。

でも気づけばもう23時やんか!

そんな毎日。

平日は夜遅くまで毎日ですが、日曜だけはできるだけリフレッシュに心がけています。


特に冬はスキーがあるので3倍増しでがんばれるのですが(笑)、ついに桜の季節の訪れとともにスキーシーズンも終盤となってきました。 涙

先週末に県内スキー場の最終営業を迎えてしまったのです、、、滝涙



この季節なのに雪ばっちり!滑走可能コースには地面が見えてるところなんかほとんどありませんでした。

いまだに道路横に雪がありましたし、今年いかに降ったかということですね


しっかし、この日はスキー場に感動しました!!!

何に感動したかというと「心意気」にです。


スキー人口が減って、十分すぎるほど雪があるのにクローズしてしまうスキー場がほとんどになってしまった昨今。

採算のこともあると思うのでなんとも言いにくいですが、昔に比べてなんだか「情緒」が減ってきたように思います。

そんな中でこのスキー場は男前でした。

リフト料金2000円、駐車場も無料。

昼食もオール500円均一でした!


安いのがいいのではなくてね、なんていったらいいのでしょう、、、、


入場者数で言っても県内随一の人気スキー場なのに、

最終日もレストラン一杯になるぐらい人が来てたのでそこまでサービスする必要もないような気がするのに

商売っ気なしの大サービスだったと思います。


そんなところに「お客さん、来てくれてありがとう」という気持ちみたいなものがなんとなく感じられて

スキーは楽しむものという原点にズキューンとくる心意気だったんですよね。


この時期になるとほんとに好きな人しか来ないわけで比較的上級者が多い気がしますが、

ポロシャツにジーパン姿のおじさんや、

グループで楽しんでる人、

家族連れも、上級者も、色んな人がスキーを楽しんでいました。

そんなスキーが大好きな人たちへ「来てくれたお客さんに感謝、また来年来てね」そんなスキー場の心意気が見えた日でした。

それに相まって「本日をもって本年度の営業を終了いたします、ありがとうございました」というリフト終了時刻のアナウンスにも

グッと来るわけで 笑


楽しいスキーをありがとう!そしてまた来年!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 29年度ネット・ゼロ・エネル... | トップ | 技術を磨く鍛錬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。