(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然

姫路市 宮本住建 木造住宅の新築・リフォーム施工事例・現場進捗、日々の日記を綴ります。

夏に最適リフォーム  LIXILスタイルシェード

2017年08月09日 | リフォームのツボ
いつもご覧いただきありがとうございます。


毎日暑いですねえ、、、

今日は暑い日差し対策のリフォームを紹介

二階に大きなベランダのあるお客さまから「窓からの日差しを何とかしたい」とご相談を受けましたのでこんな商品をご紹介

LIXILスタイルシェード

今までベランダ床と屋根とのあいだに突っ張りのようなものをつけて布状の日よけをされていましたが、

風が強い日にいちいち片付けなければならないし、日よけの効果も低いし、、、ということでした。

この商品ならロールカーテンのようになっていますので簡単に片付けることもでき、

太陽の熱を83%カットできるのでご提案をし、すぐにご契約いただきました。


さっそく取付



窓が大きいので二つに分ける形でご提案しました。


なぜなら、、、


室内のロールカーテンも同じことですが、大きな窓の場合には「風」に注意が必要です。

風が吹くとロールカーテン全体がバサ~~~~っと風にあおられます。

そうすると普通のカーテンと違ってロールカーテンは最下部にバー状の部品がありますよね?

それごとバサ~~~~っと風にあおられるのでどこかにぶつからないか心配にもなります。


また、普通のカーテンなら半分締めて、風が通るようにすることもできますが、

窓全体にロールカーテンを施工すると風の通り道を塞ぎがちになります。

日差しは避けたいけど風も通したいときにはロールカーテン系は注意が必要なのです。


そこで、二つに分けることで普通のカーテンと同じような使い方が可能になるのです。


半分収納するとこんな感じ




カーテンは上手に設置することで日差しのみをカットして、風を通すことができます。

ご参考まで
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祭・技 語り部の会 | トップ | 中間検査と窓を設置する時の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。