(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然

姫路市 宮本住建 木造住宅の新築・リフォーム施工事例・現場進捗、日々の日記を綴ります。

通人の酒席 ふくべ

2017年07月14日 | ふらっと食べ歩き
いつもご覧いただきありがとうございます。

昨日、仕事で東京に日帰りに行っていました。

夕方に終わりましたので、新幹線の時間まではお楽しみタイム。

久しぶりの食べ歩きでございます(╹◡╹)


行ったお店は東京八重洲北口からすぐ近くの居酒屋さん。

昭和13年から続く超人気店「通人の酒席 ふくべ」

今までいろんな居酒屋さんに行きましたが、

酒、肴、雰囲気、活気、全てにおいて私の中でナンバーワンです。


ここはお通しと一緒におちょこが運ばれてくるぐらい日本酒のためにあるようなお店。

最初の一杯を除いてビール飲んでる人はまずいません!

いません!と言い切るぐらい日本酒の種類が多くて、お客さんの前にはとっくりが乱舞してるのです 笑



日本酒と聞いて「日本酒のあのクーッとくる感じが苦手、、」なんて人もいるかもしれませんが、

その概念をぶっ壊してくれる日本酒がここにはあります(╹◡╹)


それは樽酒

よく瓶詰めの樽酒が売ってますが、杉でできた本物の樽酒とは香りも味も全然別物。

本物の樽酒は杉の香りがすごく心地よく、味もものすごくマイルド。

そして、樽の上の方と、杉の香りがうつって日本酒の角がとれたマイルドな

感じになる底のほうの味まで行くたびに毎回味が違うのです。

それから、冷や、常温、お燗で香りがまた変わります。


酒の肴はとてもシンプル



アジの干物



らっきょはものすごくお酒に合います!



玉子焼きもお酒にはサイコー


なにか珍しい細工がしてあるわけでもないシンプルなものばかり。

でも、そこに居酒屋巡りの楽しみがある。

旨いものは旨い!

酒を飲む理由なんてそれだけ

多種多様な東京でこれだけシンプルなもので勝負できることが

どれだけファンがいるかがうかがえるというもの。

僕も虜になってしまった1人です 笑


ただ、創業が古いのを売りにしてるわけじゃない

シンプルだけど、シンプルだからこそお酒と合うように塩加減とかゼツミョーに味付け してる。

樽酒の他にも日本酒の数はわからないぐらいあります。

ちなみに菊正宗の樽酒は東京にここを合わせて2件しかないそうです。


お酒、肴、お店の活気、雰囲気、すべてのバランスが素晴らしいから居心地がいいし、また行きたくなる。

東京に行った時のとっておきのお楽しみタイムですね(╹◡╹)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真や映像からではわからな... | トップ | 本物のフルオーダー手作りの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。