いぐいぐの娘の海のにっこにこ日記。

にっこにこの子供たちの様子を残しておきたくて作ったブログですが、娘の海が引き継いでくれる事になりました。よろしくね☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

修学旅行行って来ました

2009-11-21 19:12:30 | 日記
11月18~20日まで静岡の清水という所で泊まってきました
でも最初から行けなかった子が3人と清水に行ってからお迎えにきてもらった子が
7人いて結局10人いないまま3日間過ごしました
でもそれ以外の人は無事帰ってこられて良かったですっっ
その中で特に楽しかったのは2日目の夜のナイトレクです
ジンギスカンやジェンガ、運動会で踊った「歩み」、体育大会で踊った「somedey」を
歌ったりして皆で盛り上りました

皆と良い思い出ができてよかったです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルタ大会で、2位になったよーー。

2008-01-19 10:41:35 | 思い出
こんにちはー   海です。

今日、子供会のカルタ大会で何と・・・。2位になりましたー
賞品で、カレーの材料と色鉛筆とペンと消しゴムをもらいました。

すごく、たのしかったでーす
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

2008-01-15 19:18:57 | 思い出
こんばんは 海です。

このあいだの1月12日(土)は、私の誕生日でした。
焼肉屋にいったり、ケーキを食べたり、ローラーシューズを買ってもらったりして楽しかったです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

はじめまして♪

2008-01-14 11:16:03 | 日記
はじめまして。海です。
特技は、ダンスです。

よろしくお願いします   海


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰です♪

2008-01-14 10:57:43 | 日記
mixiではほぼ毎日現れているいぐすけなんですが、気がつけば、こちらは1年間も
放置状態・・。
ごめんなさい。<(_ _)>ペコッ♪

しかーーーし!!そんないぐいぐ日記を引き継ぎたいと言い出した人が・・。


それは、娘の海でございます♪
これからは、こちらは、娘の海がぼちぼちと日記を書いていく予定です。
乞うご期待(^。^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪あがき、しちゃいます

2006-12-12 21:11:22 | 私の事
ご無沙汰しておりました。
mixiどっぷりの私なのに、それでもこちらに来てくださる皆様、
本当にありがとうございます!!

私は元気にぶくぶくと太り、だらだらとした生活を適当に頑張って
おります!!(^▼^)v
でもね、いい加減太りすぎだろう・・ってぐらいに太ってしまいまして。
こりゃいかん!とは思っていたのです。

そんな折に、mixiのお仲間の太助さんという女性がダイエットを
するかも?と聞きつけまして、一緒に頑張ることにしたのです。

えーっと、ついさっきそう決めました。笑


以前にもダイエットには何度かチャレンジしたのですが、見事にというか
ちゃーんとリバウンドしてきた私。

はてさて、今回はどうなることでしょうか?
私の悪あがき、しばらくこちらでお伝えしていこうと思います。

乞う、ご期待♪
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

忙しいんじゃないんです~

2006-09-07 21:01:49 | 私の事
以前は、それなりに更新していたこの「いぐいぐのにっこにこ日記。」
ですが、最近は本当に、あれ?もうやってないの?くらいにしか
更新できておりません。

でもね、それは、私が以前より忙しいとかではなく・・。
完全にメインの活動をmixiに移行しちゃっているからなんです~。

mixiについてはこちら

mixiの中では、毎日のように子供たちの様子をアップしていますし、
たくさんの方々と交流させて頂いています。

もし、mixiに登録して様子を見てみたいという方がおられましたら、
miyamiya1113@goo.jp にメール下さい。
(携帯のメルアドでもOKになりました。)

初めての方はご招待しかねますが、身元のはっきりされている方は
すぐにご招待致しますので・・。

mixi、本当に楽しいですよ~!!
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰省してきました!

2006-08-14 15:17:42 | 思い出


お久しぶりぶりでございます!
ここを忘れずに覗いてくださる皆さん、本当にありがとうございます!
ちゃんと生きていますよーん。笑

先日、我が家は岡山の私の実家に帰省して参りました。
ということで、久びさ更新は、帰省中の子ども達の写真三昧とさせて
いただきます。
最近、難しい事考えるのが苦手になってきちゃって・・。(^_^;)

 じんじんの手作りブランコがお出迎え

 じんじんは最近、炭焼きに凝っています

 花火大会でヨーヨーつり

 お化け屋敷には怖くて入れませんでした

  間近で見た花火

 沙美海岸にて

 パパも一緒

 暑い日だったよ

 森は海に入れません

 破けたホース楽しい♪

 大きいばあちゃんと日光

 ご機嫌の森

 実家の庭で花火

 じんじんの炭のお店で

 温泉プール

 こわがりな森です

 海は何度も滑り台したね

  パパは大活躍中

 温泉にも入ったよ

 移動はじんじんの軽トラで

 いとこ達とも遊びました

 帰る前日「天の川祭」へ

 たあちゃんと

 じんじんのいるやぐらの周りで

 ついつい踊りだす日光

 浮かび上がる天の川の文字

 そして、最後の花火

いつもながら、ふるさとは本当に良いものだと、感謝感謝の8日間でした。
皆さんの夏はどんななつでしたか?

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

七海ちゃんの移植手術が無事成功したそうです!

2006-07-06 18:57:33 | 子供を守る
今朝、mixi上で、アメリカで内臓移植の待機をしていた中山七海ちゃん
の手術が始まったという書き込みを見つけました。
急な事に、大変驚き、ドキドキしていた私でしたが、
日本時間で今朝4:50に始まった手術が、先ほど、日本時間18:11に
無事終わったという書き込みを、ホームページ上に見つけました!
13時間以上に渡る大手術を乗り越えた、七海ちゃんの生命力には、
本当に感動をおぼえました。

今年2月末時点での生存率1%以下、との宣告を乗り越え、数々の
奇跡を起こし続けてくれた七海ちゃん。

近いうちに、元気な笑顔を見ることができるのかもしれませんね・・。


ドナーとなられた幼い命、そして、移植に同意されたそのご両親に、
心からの祈りをささげたいと思います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

親孝行

2006-06-20 09:58:12 | 家族・ふるさと
昨日、ネット上でうろうろしていたら、ある大学生の女の子の書き込みを
見つけました。

社会人の彼氏と同棲していたのだけれど、彼氏が仕事からのストレスなどで
自分に対して日常的に「ばか」「死ね」を繰り返し言い、しまいには首を
絞めたりするとの事。
そして、やり過ぎたと思う次の日には一応謝るのだけれど、また同じ事を
繰り返すので、辛くて同棲を解消した。
けれど、本当は彼が大好きで、彼に変わってもらって、また一緒に暮らし
たい、というような書き込みでした。

私は以前から、モラル・ハラスメント(=精神的虐待、家庭内いじめ)を
勉強していたのですが、彼女はそのモラハラ関係のコミュニティの中に
その書き込みをされていました。
(モラル・ハラスメントについてはこちら をご覧になってみて下さいね。)

今は同棲は解消しているし、彼は遠く離れたところで暮らしていて、婚約
しているわけでもない。
でも、なぜか彼女の心が彼を欲しているのです。
たくさんの人たちが、そんな人とはきっぱり別れるように勧めていましたが、
彼女にはピンと来ないみたいでした。

自力では動き出せない様子の彼女を思って、経験者の方が、ご両親に助けて
もらえないですか?という提案をされました。
大学生の彼女のご両親は、まだ40代前半。私と変わらない年だそうです。
もし、その40過ぎのお父さんが、自分が彼からされてきた事を知ったら、
何をするかわからないので怖い、とその女の子は書かれていました。




そのやりとりを見ていて、私はたまらない気持ちになりました。
もし、もし、これが大きくなった海だったら・・・。
「ばか」「死ね」と首を絞められ、泣き、苦しみ、誰かに助けを求めている
のが、私の大事な海だったとしたら・・。

本当は海じゃないのに、知らない誰かの事なのに、私は真夜中に涙が
止まらなくなってしまいました。

そして、思ったのです。


親は産まれた我が子を抱いた瞬間から、いろいろ上手下手はあるにしても、
子どもの幸せを願い続けている生き物なのだな、と。

(不幸にして、子どもの幸せを願えないままの親もいるのは十分存じて
 おります。でも、ここでは、良心的な親について書かせて下さい。)


だから、彼女に、もしご両親があなたがされてきた事を知ったら、身を
引き裂かれるほど辛いと思う、と伝えました。

自分の命に代えても守りたいと本気で願う、そんな我が子の首を絞める
人間がいたとしたら、私は絶対その人を許せないし、代わりに首だって
しめるかもしれません。


この学生さんには、早くそんな人とは別れて幸せになって欲しいし、
どんな形でも、自分が心から幸せだと感じながら生活する事が、
ご両親への本当の親孝行なんじゃないかな?って思いました。


子ども達には、しょっちゅうつまんない事で怒ってしまうし、ちゃんと
相手をしてあげられない時だってあるけれど、実は私は、この子達に
本当に幸せになって欲しいと、心から願っている事を今回実感しました。

そして、自分も両親の子である以上、幸せでいられるように頑張って
ささやかでも親孝行し続けていきたいなぁって、思った1日でした。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加