軽井沢のいろいろ~♪ 軽井沢で静かに暮らす 深山のイノシシ があれこれ見たこと聞いたこと

軽井沢に静かに暮らす深山のイノシシが
軽井沢の春夏秋冬 今昔、あれこれ・・ 見たまま聞いたまま書いてるよ

 軽井沢のいろいろ 

2017-06-20 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

 明日、6月21日は「 夏至 」   

  1年のうちで  昼間が一番長いと言われている日

 前にもここで  ボクがその日が大好きで 北極に近い白夜のある地域の方では  お祭騒ぎ  のお話もしたけれど

 特別なにか無くても ボク なんとなくワクワク・・   ちょっぴり お得 な気分なのかも ~  

 だけど  天気予報は・・ もしかすると・・ 雨?

 このところ  梅雨というのにほとんど雨が降らなくて・・ 軽井沢周辺の 米どころ と言われる地域では

 「 ため池 」 と呼ばれる 農業用水池が  底をつき始めているところも少なくないらしい 

 稲作ばかりでなく  畑の作物にも恵みの雨となりそうだから・・  夏至の日でも仕方がないか・・
 
  外で 夏至の一日が楽しめないようだったら

 サカリアス・トペリウス という人の書いた   「星のひとみ」という本の中にある 

 「 夏至の夜の話 」という童話を読んでみてよ 

 岩波書店の本で  軽井沢図書館にも蔵書があるよ

  太陽を待ちわびる地域の人たちの 気持ちが少しは判ってもらえると思うよ

 軽井沢の厳しい真冬を過ごしているボクたちには  太陽が暖かく降りそそいで草花が咲き乱れ 

  鳥や蝶が舞い遊ぶこの季節がちょっぴりでも長いなんて 「 イーじゃないか  」 そのものなんだよ  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  軽井沢のいろいろ 軽井沢... | トップ |  軽井沢のいろいろ 軽井沢... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夏至 (風の盆)
2017-06-20 20:26:26
夏に至るか

北半球の寒冷地では、夏至
太陽の恵みは、お祭り騒ぎだろうな

イスラム教徒が新月を祭るように、太陽熱は恵みだな

灼熱の太陽でなく、暖かな豊かな太陽熱だな

南半球では、南極に近いとことはどうだろうな
当然白夜はあるだろうな

地球は丸いから

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。