軽井沢のいろいろ~♪ 軽井沢で静かに暮らす 深山のイノシシ があれこれ見たこと聞いたこと

軽井沢に静かに暮らす深山のイノシシが
軽井沢の春夏秋冬 今昔、あれこれ・・ 見たまま聞いたまま書いてるよ

 軽井沢のいろいろ 文学の町軽井沢・・ 追分のオブジェ

2017-06-09 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

  梅雨入りしたらしいからと お出掛けするとき 雲行きにちょっと戸惑う時間帯もあるけれど・・ 今日は暑い~ 

 軽井沢の追分・・  中山道の追分宿があった   歴史の香りもする地域  結構広い 

 国有林沿いのほぼほぼ 標高1000m地域を走ることで  その名称も1000m林道と呼ばれる道路

 その道路沿いにも  林の奥まった木の間隠れのあたりまで 別荘やカフェが点在している 

 信濃追分駅から     道幅の割に 交通量が多い線路と並走する道を西に歩くと変な形の交差点に行き当たる

  左折して線路にかかる橋に向かう車が多い所だけれど 右方向へ進むと二手に分かれ  左手のやや細い方に入ると

 それが 追分宿で昔言われていた 「 停車場道 」  歩いて行って 突き当ったら左右に走る通りが「中山道追分宿」だよ

  毎月7日の 「 骨董市 」や ギャラリーで賑わう 油やさんも 昭和になってから 

 堀辰雄・立原道造・加藤周一に代表される   文士たちが執筆に逗留した時代があるらしい 

 西へ通り過ぎた 右側にある雑貨屋さんの前に  昔ながらの郵便ポストがある 

 これも  その立原道造の作品にまつわるエピソードがあるらしい 

 そこまでに 通る道向かい側には  堀辰雄記念館も建っていて 文学ファンには他にも興味あるものがいっぱいらしい 

 残念なのは 「個人情報・・」  とかで 地元の人にもなかなか だれの どこに・・が  わからなくなって来ているらしい

 意外なところで 意外な人に巡り合うかもしれない   いつかの軽井沢に なっているのかもしれなくて

 それはそれで・・ なんだか ワクワクするかもね・・   
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  軽井沢のいろいろ 軽井沢... | トップ |  軽井沢のいろいろ 軽井沢... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文士 (kazenobon)
2017-06-09 20:05:13
文士か
久方ぶりに聞く言葉

いいな

加藤周一
羊の歌

意外と精力かだったとか

郵便ポスト ?
郵便ポストは赤いかな

しかし、郵便ポストは小さいな
A4版が入らない

コメントを投稿

避暑地 軽井沢のあれやこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。