軽井沢のいろいろ~♪ 軽井沢で静かに暮らす 深山のイノシシ があれこれ見たこと聞いたこと

軽井沢に静かに暮らす深山のイノシシが
軽井沢の春夏秋冬 今昔、あれこれ・・ 見たまま聞いたまま書いてるよ

 軽井沢のいろいろ 軽井沢でかき氷・・

2017-07-11 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

  このところ 軽井沢も 日中は 暑い !      



                       


   みなさ~ん 今年 もうどこかで食べましたか~? 

 冬の寒さがきびしい軽井沢では「氷造り」は   明治末から盛んだったんだって
 
  軽井沢の真冬の気候を利用して 地場産業に、天然氷を製造していたんだよ

 大正時代頃には  多くの製氷業者もあり、電気冷蔵庫が普及するまで、冷蔵用としても 天然氷が沢山必要だったんだ

 軽井沢では特に、  外国人別荘の冷蔵庫に使うため、天然氷を氷室(ひむろ)と呼ばれる日陰の涼しい場所に貯蔵して真夏まで保存して

 別荘の冷蔵庫の大きさに合わせて切断した大きな氷を  定期的に配達する商売が盛んだった時期もあるんだよ

 それに おがくずなんかで大事に夏まで保管された氷は   食用にも使われた

 透明度が高く   口当たりの柔らかい天然氷は  かき氷やウィスキーのロックに使っても美味しいと評判で

 手回しのかき氷の機械に合わせて のこぎりでガリガリ切り取ってシャキシャキ削った  「 天然氷 」のかき氷

 現代では 池の氷を口に入れるなんて 夢物語だけれど・・  昭和の中頃まではあったようだと聞いたことがあるよ 

 あ~ ! 今日は かき氷・・ 食べたいな・・ みなさん なに味が好きですか ?     
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  軽井沢のいろいろ 軽井沢... | トップ |  軽井沢のいろいろ 軽井沢... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (風の盆)
2017-07-11 19:15:21
今日は床屋に行ってきた

混んでいるんだな
夏の方が込むと
夏になると、軽井沢は人が集まる
うるさくなるな
ウルサイとは漢字で書くと、五月蝿いか

ハエが集るようだな

込んでいたから、床屋の本を見ていた

古い地図とか写真があるんだな

明治の時代、旧軽井沢も川が溢れて、道の両側で見物している
洪水とは言っても、どこか長閑なんだな

氷室もあったな
氷貯水場、南軽井沢だったかな

近くにはゴルフ場
アングロサクソン系であるので、明治かな、大正かなゴルフ場があるんだな

無駄話をしていて、雲場池が昔は白鳥湖だったとかな

雲場池は石橋家が所有していると
町が借りていると

どうりで、池の周りは石橋姓が群がっていた

鳩ポッポ
昔の政治家は、女にも金を使ったが、政治に銭を使って無くなったな
藤山愛一郎
銀髪の政治家だったな

今の政治家は、政治活動に銭を使うんじゃなくて、銭を使っても使っても無くならない

経済もそうだな
銭が銭を産むんだな、膿むんだな

昔は、国家が官僚が及ばない地域も田舎にはあったな
今じゃ、国家の管理体制が津々浦々

私は貝に成りたいと言ったが
フランキ-堺が演じたな

私は猪になりたいとか


コメントを投稿

避暑地 軽井沢のあれやこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。