みゃーきんぐ・ぷあ 2

ちまちまつづる、猫貧乏な暮らし

義父行方不明?の濡れ衣

2016-12-30 09:25:25 | 日常
快晴。

いつもの家事や、一通りの動物のお世話をし、
午後からデパートに出来た眼鏡を取りに行く。

きーじ君、家具で頭を押さえて、今日も安定の食べっぷり。

よっしゃー!!

新しい眼鏡は(以前のもスーパーライトで軽いが)今回は羽のように軽い、
年々技術が工夫されて進化している感じ。ここの眼鏡屋は非常に混んでいた。
クリスマスの後、デパートは正月気分を盛り上げている。




人混みが凄くて、カメラで面白い品を撮る隙間がない。
デパ地下もお正月用品を買い求める人で非常に混み合っていて、レジも長い行列、
旦那の行きたがるアメ横など勘弁だ、デパ地下程度の段階の人込みで、もうお腹いっぱい。


年越し蕎麦の種類が沢山、選びきれないのを一つ選ぶ。
でも、蕎麦より興味深いのが晩白柚。


子供の頭くらいある。
お味はどうなんだろうか、レモン、スダチ、伊予かんが成功したので、ぜひ育ててみたい植物だ。(基本、柑橘類と違いリンゴ、バラは難しい)
これが庭にぶら下がったら嬉しい。(来年こそガーデニングやり直しの誓いを立てる。多分、温州ミカンが無難だろうが。)


さて、人込みを見ただけで疲れて帰ってきたのが2時過ぎ、
それでも多動な旦那は、人工海岸にバイクでツーリングしに行くという、その旦那の携帯に義兄嫁から電話。
「義父が2時間は行方不明だ、旦那が義父を連れ出していないか???」と言うのだ?
(まず気楽に行ける距離でない、県の端と端に位置している。一回の訪問には片道が半日、小旅行並みの覚悟、そして実家であろうと挨拶しないで人の家に入らない。)
義父はco-pdだし、心臓の主要な血管三本のうち2本がダメだし(一本はステント)、糖尿のインシュリン注射あるしで、
こりゃもうどこかで行き倒れでダメかとかなり思ったら、、、
4時頃、普通にデイサービスの送迎車で帰ってきたという。へ?

嫁いできて自分の旦那、産んだ子供のご飯作らない、昼過ぎまで寝ている、
息子の旦那が自分でアイロンかけていると、
23年間6人分の食事を一日三回おさんどんし、用済みで精神科に入れた義母が言っていたが、
別に夫婦で納得して共稼ぎやってきた、夫婦で家事分担ならいいと思う、
でも、実際は家事全般の重荷を全部老人弱者に押し付けている。
近頃は、義父のご飯を世間には作っているふりをして、サボって作らないでいた(それは親戚にはばれている)
自分が決めてきた自分の病院のディサービスの曜日すら忘れていた。
昼過ぎ起きたら、今日も朝昼食べさせていないわ~、お義父さんごめーん、テヘベロなら可愛いが、
居ないのでいきなり我々が何かしたか?ときたもんだ。

居ないなら居ないでいいじゃんか、そんなにはみれないでいいじゃん、(私など自分がダメ娘なのを認めて父を施設に入れている)
居ないから親戚に気が付いた時点で慌てて相談で(自分の勘違いでも)いいじゃんか、
それをわざわざ自分は抜かりなく見ていた、その隙に、あんた何かしたか?というポーズで自分の寝坊を誤魔化さんでも。
狂っているようで、一部は精神科のお義母さんの方が正しい。
そして、その義母は正月、家に帰りたくないと言っている、
今の病院が地獄ならさっさと出れば良かろうが、家も地獄なのだと察し。
見かねた我々の「病院から老人向けの施設に入れたい、お金はお義母さんの年金+こちらも出す」という話も、「私ケアマネ持っているんです」の一喝で立ち消え。
義父のインシュリン注射も、「あなたたちと違い、私達は血管に打つんです、」と言って打っていない、
実は皮下注射なのだが、それすら(別に、毎日やっている、やりますと言わねばいいのに、)必ずやっている、面倒見ているといい、
放置で新興宗教施設に泊まりに行く。
大体、自分の新興宗教に使う法衣のゼッケン、
数か所、玉結び程度の縫物、小学生レベルすら出来ず、入院前の鬱の義母にさせたり、癌の末期の義兄に死ぬ一月前までご飯を作らせたり、草取りさせたり、飼い犬がうんpまみれで病死したのを何も手当てせず拝んだり、
すげーな、ヲイ。

しらん、来年は本当に義実家に餓死者が出る悪寒、私は実父が無事ならそれでヨシ、
救いたいのはやまやまだがこの爺婆、年金も家もとられている、お気の毒だがこれも自業自得だろう、しらん。
旦那は私より、義兄嫁寄りに思えたが、ここ数ヶ月で兄嫁を毛嫌いし始めた、故郷の初めは協力的だった従弟夫婦もしかり。
何年もこれって?と、もやもやしてきたのが解消しつつある。
要は嫌われてもへーき、かまわん人だわ、気を使って、親戚づきあいを無理してでも、などをしないでも私は良いと決める。
向こうが向こうのペースなら、私も私のペースを崩さなければいいのだと学ぶ。義父母はお気の毒だが。
(それを旦那が出来ないで、いちいち翻弄されるからいかんのだ。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一度でいい、メジロ押しが見... | トップ | 来る酉年に今日も張り切るメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む