宮古市生活復興支援センター ブログ

宮古市社会福祉協議会内に設置されている宮古市生活復興支援センターの活動の様子をお伝えしていきます。

盛岡視覚支援学校中等部の皆さん、ありがとうございます!

2017年06月20日 13時21分46秒 | ボランティアセンターニュース

皆さんこんにちは

 

今日も宮古は熱くなっております

さて、昨日、以前東日本大震災・平成28年台風10号 災害ボランティアセンターでも大活躍していた

「ボランティア休憩所」

を掃除しました

とてもきれいになっていますね

なんだか物も少なくなって淋しい感じもします(皆さんからいただいたメッセージなどはきちんと保管しています)

また、皆さん是非時々遊びに来てください

コーヒーを準備してこちらでゆっくりとお話をしましょう

 

さて、先日、

盛岡視覚支援学校中等部

の皆さんが宮古まで来宮いただき、

仮設住宅の皆さんと

ふれあい交流会

を開催いただきました

盛岡視覚支援学校の皆さんは毎年宮古に来ていただいていまして

「震災を忘れない」

という想いを大切にしながら、生徒さんの学びの機会として、

また、交流支援も含めて、活動を行っております

今回は仮設住宅にお邪魔し、一生懸命準備した内容を存分に発揮してくれました

少し紹介していきたいと思います

 

まずは簡単な自己紹介のあと、学校紹介VTRをみんなで鑑賞

あまり、学校の中の活動を見ることは少ないので、私自身にも気づきや発見が多かったです

 

 

その後はみんなで

「黒ひげ危機一髪」

を実施

誰でも楽しめるパーティゲームなので、皆で大盛り上がり

なぜか住民さんばかりが黒ひげを飛ばす

生徒には全くあたりませんでした

当たった人は、質問タイム

生徒さん→地域の皆さんへ楽しい質問タイムが行われました

 

さて、その後は皆で合唱

集会所内が大合唱で包まれていました

 

その他にも、みんなで懇談の時間も設けられ、

津波当時のお話なども、住民さんから色々とお話をしてくれました


つらい経験をされた中で、一生懸命にその時の様子や状況、その後の地域のコミュニティの再生なども

説明していただき、

その想いを生徒の皆さんは一生懸命に聞いている様子が

大きな学びにつながっていることを私も実感しました。

こうやって住民の皆さんと「楽しく過ごした」という経験が

これからの生徒さんたちにとっての大きな経験にもなり、震災=「淋しい、つらい」ではなく、

この復興に向けた皆さんの前向きな気持ちが生徒さんに伝わっていくことができれば、生徒さん自身も震災と向き合って、色々感じてくれることにもつながっていくものだと思います。

 

さて、最後は記念撮影

といいながら、完全にシャッターチャンスを逃してしまいました…

大変失礼しました…

盛岡視覚支援学校の皆さん、本当にありがとうございました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田老に塩崎大臣とわたりジョ... | トップ | 佐原公営住宅♪アモーレの会♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL